イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    カカア天下

    お正月休みに「超」がつくほど久しぶりの親戚の家に行きました。

    初孫のAクンも遊びに来ていて、私は会うのが初めてなので楽しみにしていました。
    (2歳後半)

    州 ̄ 台  ̄州 初めまして~あけましておめでとう~

    と言うと、

    ( ̄▽ ̄*) はじめまちた!あけましておめでとうございまちた!

    と、いきなり対話を打ち切られました。
    嫌われたのでしょうか?(笑)

    ワイワイと会話も弾み、飽きた子どもたちもめいめいに遊び始めた頃。

    ( ̄▽ ̄*) あ、おじいちゃんが来たよ~

    と、Aクンが隣の部屋を指さしました。

    和やかな場は一瞬にして静まりました。

    Aクンのおじいちゃんは、もう亡くなっていますから。^^;

    おばさん
    「この子のことを可愛がっていたからさ、なんか遊びにくるたびに出てきちゃうみたいなのよね」

    親戚
    「へええ・・そうなんだ」
    「子どもは視えるって言うしねぇ」

    おばさん
    「私は何も見えないし、普段は変なことないんだけどね」

    Aクンは、今度はベランダの外に向かって手を振ってニコニコしています。

    おばさんは苦笑いしながら立ち上がり、窓を開けて言いました。

    「ちょっとお父さん!出てきちゃだめだって言ったでしょ!!!」
    「ここはね、もうお父さんのいるところじゃないの」
    「さっさと帰りなさい!」

    唖然としている親戚一同の前で、おばさんは強い調子で続けます。

    「ほら、みんな怖がっちゃうでしょ!」
    「もう出てきちゃダメだからね!!!」

    :゙;`;:゙;`;:゙;:゙;`;:゙;`;:゙;`ヽ州 ̄ε  ̄ゞ州ブッ!!

    何だかもう、笑っちゃいましたよ。

    だっておばちゃんの言い方はまるでおじちゃんの生きている時のそのままだったし、
    死んだ後までカカア天下でおじちゃんも慣れっこのようだったし。

    何よりおばちゃん。

    窓の遠くに向かって大声で言っていたけど、
    その時おじちゃんは、おばちゃんの真ん前に立ってたよ。

    ・・・何もそんな大声で叱らんでも。

    :゙;`;:゙;`;:゙;:゙;`;:゙;`;:゙;`ヽ州 ̄ε  ̄ゞ州ブッ!!

    Aクンはそんな大人の事情(?)には全く動ぜずに、あどけない笑顔で
    「バイバ~イ」猫 バイバイ ばいばい デコ
    してました。

    ええ。
    きっとまた出てくるでしょう。(爆)

    何だか小さい頃の子ども3を思い出しました。
    血筋って、やっぱりあるのかな。



    無料blog




    スポンサーサイト
    [ 2012/01/13 14:20 ] 心霊系   ソフト系 | TB(-) | CM(-)

    悲しすぎる別れ

    今年もお盆の時期がやってきました。

    最近はアンテナ具合が変化したのか、あちらの世界の方々と接する機会がすっかり減りました。
    それでもこの時期は、どうしてもそう言う機会は増えるんでしょうね。^^;

    今年は特に震災後の初盆と言うこともあり、例年以上に思いを巡らせて丁寧に迎えたいと考えております。


    あちらに逝ってしまった方々と
    こちらに残っている私たちと

    これはドラマか?と思うほど、あり得ないくらい悲しい別れってありますね。

    親子・夫婦・恋人同士・・・。
    人よりも多少「別れ」を微細に知る機会の多い私にとって、思わず感じ入ってもらい泣きしてしまうことがあります。

    ──数年前に参列した、ある葬儀でのこと。

    バイクで事故死した青年は、彼女が心配でなりませんでした。
    毅然と送ってくれようとする両親に、先に逝った親不孝を詫びていました。

    絵に描いたような好青年。

    弔問客ひとりひとりが最後の別れをするために、長い列ができました。

    桶の中には、たくさんの写真が添えられていました。
    どれも笑顔で、ここに写っている人が棺桶に眠る本人だとは、にわかには信じられません。

    何枚かの、彼女と思われる女性との笑顔の写真。

    列の最後に並んでいた女性だと、すぐに分かりました。
    沈んだ表情ではありましたが、泣いてはいませんでした。
    ボーっと現実感のない、うつろな目をしていました。

    番が回ってきて、彼を覗きこむ彼女。
    長い長い沈黙が流れました。
    誰も声をかけられない「無」の時間。

    ふいに彼女が、彼の胸に手を置きました。
    まるで鼓動がないことを確かめるかのように、何度も位置をずらしていました。

    彼の胸に、涙のしずくが

    ぽた・・ぽた・・・
    ぽたぽたぽたぽた・・・・

    物を言わない彼女の静かな悲しみが、そこに居合わせた全員に突き刺さります。

    どれほど悲しかったことでしょう。


    彼女も

    彼女の横でこぶしを握り締めて泣いていた彼の魂も。


     私に何ができようか。
     まったくの無力ではないか。
     
    ただただ、二人の悲しみを受け止めて一緒に泣くしかできませんでした。
    これほどの悲しみを知って初めて、今ある幸せの輝きを知るなんて、この世は何と不条理なのでしょう。
    せめて今、目の前にある幸せに気付いて大切にできる人でありたい・・・。


    あの震災でも、たくさんの悲しすぎる別れがありました。

    あれから、五ヶ月。
    今はまだ癒えないであろう悲しみに寄り添いつつ、
    一万五千を超える犠牲者の方々のご冥福を、心から祈ります。

    いつかきっと、皆が笑顔に戻れることを信じて。




    無料blog




    [ 2011/08/11 13:07 ] 心霊系   ソフト系 | TB(-) | CM(-)

    約束~もう一つの天使のウィンク~(最終回)

    月日は流れ、Aさんとのメールのやり取りから10ヶ月は経ったでしょうか・・。

    今年の2月、立ち寄ったわくわくさんサイトで、わくわくさんの側にいる「キラキラちゃん」からメッセージを受け取り、思わずコメントを残しました。(2011.2.7のわくわくさん家) 

    コメントに書ききれなかったので、それまでのわくわく家のキラキラちゃんとの詳細を記事にしようと、家のPCで下書きをしている時でした。
     ちなみに書いた記事はこちら→「天使のウィンク(わくわくさん編)

    キラキラ天使ちゃんにちなんで松田聖子の“天使のウィンク”をBGMにセレクト。

    ♪州 ̄ 台  ̄州♪ フンフンフーン♪

    BGMのはずが、気がついたら聞き入って、思わず熱唱していました。(笑)

    すると、見覚えのある女の子が覗きこんできたのです。
    (連載「」に書いた通りの展開です)

    何度もリピート再生していくうちに、
    州 ̄ 台  ̄州 この曲を選んだのは、もしかしたら私ではなかったのかもしれない・・・
    と思い始めていました。

    歌を通して、女の子の“思い”がそのままストレートに入ってきました。

     お父さんと、約束したの。
     誰かを悲しませちゃいけないって。
     
     お父さんに言われたんだよ。
     笑ってる方が可愛いって。

     あのね。
     お父さんも、もうすぐ大丈夫になるよ。


    そう言うと、女の子はとーっても幸せそうに微笑みました。

    歌を何度も聞いて歌詞を耳で拾っていくうちに、
    この曲って・・・この曲って・・・

    ・゜゜・州┯ 台 ┯州・゜゜・.そう言う曲だったの~!!??

    私の中で、歌詞と女の子の気持ちが重なりあって、涙が止まらなくなってしまいました。


    ♪約束を 守れたなら 願いを叶えてあげる♪
    ♪春の国 飛びたてる羽 つけてあげるよ♪


    女の子は、あちらにいってもお父さんとの約束を守っていたのか・・・

    ♪天使がウィンク 勇気を出して♪
     ♪笑ってごらん それが君との約束だから♪


    お父さんにも笑って欲しい、そう願っているに違いありません。

    ♪大事なプロミス 涙をふいて♪
     ♪笑ってごらん それが僕との約束だから♪


    大事なプロミス(約束)は、この世とあの世をもつないで続いていたのです。


    誰かが誰かを思いやる。
    そのつながりは、この世とこの世のものだけではなく──。
    例え住む世界が変わっても、そんなことに左右されない強さを持っているのかもしれません。

    そして「生きる」と言うことは、そのつながりを一つでも多く、また強くしていくための修行なのかもしれません。

    気がつけば号泣していた私でしたが、胸の奥から「強くて暖かい心」がわいてきて、全身を満たしていくのを感じました。
    少しだけ、強くなれたような気がしました。
    Aさんにも、女の子にも、心から感謝しました。

    この流れのきっかけとなってくれたワクワクさんにも。
    天使のウィンクを選んでくれた存在にも。
    黙って聞いて(読んで)くださる皆さまにも。

    「ありがとう」って言わせてね。


    今「見えるつながり」を持っている人は、今まで以上にそれを大事に強くしていって欲しい。

    つながりが「見えなくなってしまった」と思っている人がもし居たら──。
    大きな声で伝えたい。

    「大丈夫、つながってるよ」

    世の中には悲しいことはたくさんあります。
    でも、その先には暖かくて嬉しいこともきっとある!と信じています。

    ♪勇気をだして 笑ってごらん それが君との 約束だから♪

    ネコ お願い
    たくさんの人が、笑顔でいられますように。


    シリーズを最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

    いやーそれにしても。
    「天使のウィンク」を聞いてこんなに泣く人って、ほかにいるのかな。^^;

    一緒に泣いてください。
    松田聖子「天使のウィンク



    無料blog




    [ 2011/06/24 13:02 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(-)

    約束~もう一つの天使のウィンク~(5)

    女の子が夢中になって遊んでいたのは、両親にほめてもらいたいから。
    笑ってもらいたいからでした。

    女の子の言葉を聞いてよくよく考えてみれば、
    確かにお人形遊びって、あまり“ほめる”機会は無いのかもしれませんね。

    積み木は高く積めれば「すごい!」と拍手するし
    お絵かきだって、見せてくれれば「上手!」と笑顔になるし

    州 ̄ 台  ̄州 そっかー・・・

    お人形遊びを我慢していた女の子の一途な思いが胸に刺さります。

    どうしてこんなに良い子が・・・。・゜゜・州┯ 台 ┯州・゜゜・.

    もうね、私も仮にも人の親ですから、女の子の心に触れたら平常心ではいられませんでしたよ。

    「最適修行セットなんて、クソくらえ!!」
    と心底思いましたよ。

    突き上げてくる思いのままに書いた記事が
    最適修行セットが辛すぎる人へ

    この世での寿命こそ短かったものの、女の子の魂のレベルは相当高かったのかもしれません。
    純然たる存在と言いますか・・・。
    常識とか損得とかに縛られがちな私たち大人から見たら、混じり気のない思いがもう<崇高>とすら思えるのです。

    メールをくださったAさんとて、最初から答えは分かっていたはずです。
    ただそのきっかけが上手くつかめなかっただけで。

    さまざまな思いを包含しつつ、私は意を決してAさんに返信させてもらいました。

    (抜粋)
    面識の無い私が言うのは、大変おこがましいことと承知して書かせていただきます。

    どうか前に進んでください。

    お子さんは苦しんでいません。
    淋しそうでもありません。
    ただひとつ心を曇らせるのは、大好きなご両親が悲しそうな顔をしていること。

    だからお人形遊びを我慢して、一生懸命積み木やお絵かきをして「笑顔になってもらいたい」と望んでいます。

    娘さんの寿命は、絶対にご両親のせいじゃありませんよ。
    少なくとも娘さんは、うらんでなんか居ません。
    今でも大好きなパパとママなのです。

    だから、しっかりと日常生活に足を下ろして、あなたの修行を全うしてください。
    修行を終えたとき、胸を張って娘さんに会えるためにも。
    娘さんの分まで徳を積んで、たくさんお土産を持っていってあげてください。


    Aさんからは、

    (抜粋)
    メールを読んで妻がお人形を仏壇にいれました。

    自分達が元気になることが一番の供養になる。
    何度も言われてきました。
    でも、娘をなくしてどう元気になれというのか?
    「供養」という言葉自体を受け入れないでいました。
    「供養」というと娘が自分の子どもとは別のものになってしまうような感覚があり、
    どうしても抵抗があります。

    でも、「娘が喜んでくれること」ならできるような気がします。
    娘が、大好きな人形遊びを我慢してまで私たちを喜ばそうとしている。
    私たちが元気になれば、娘は自分の好きな人形遊びをおもいっきり楽しめる。
    いつまでも、子どもに心配はかけられません。

    時間はかかるかもしれませんが、娘が安心できるお父さん、お母さんになります。


    と言う、誠実なお返事をいただきました。


    それから、一年近くが経過しました。


    すみません、まだ続きます。



    無料blog




    [ 2011/06/22 13:00 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(-)

    約束~もう一つの天使のウィンク~(4)

    チラチラとお人形を見ていた女の子。

    州 ̄ 台  ̄?州 どうして遊ばないのだろう?

    女の子が多分、初めての大人にはあまり心を開かないタイプであることを察知し、数日かけて様子を見ていた私。
    が、どうしても遊び方が気になる。

    そろそろいいかな~・・と、思い切って女の子の心に触れてみることにしました。

    州 ̄ 台  ̄州 どうしてお人形で遊ばないの?

     ・・・

     ブロックや積み木はね。
     上手にできると、お父さんとお母さんが喜んでくれるの。

     お絵かきすると、お父さんがほめてくれるの。


    そう言うと、女の子は嬉しそうに再び遊び始めました。

    。・゚・(ノд`)・゚・。

    。・゚・(ノд`)・゚・。

    。・゚・(ノд`)・゚・。

    何て優しい子でしょう。
    きっとお人形遊びより、積み木やお絵かきのほうが、パパとママが喜んでくれる!と信じているのです。


    亡くなった経緯は詳しく聞きませんでしたが、女の子はまったく苦しんでいませんでした。
    だから、大好きな両親がどうしてそんなに悲しんでいるのかが分からない。

    謝られることにも、まったく慣れていない。
    どうして「ごめんね」なのか??
    理解できない。

    生きている時と同じで、子どもってのはほめられたいんですよ。
    何よりも、両親に笑ってもらいたいのです。

    (どうしたら笑ってくれるか)をこの子なりに一生懸命考えて、お人形遊びを我慢してまでも、女の子はけなげに頑張っていたのでした。

    ・゜゜・州┯ 台 ┯州・゜゜・.  そうだったのか~~~

    私の方が泣けてしまって、困りました。

    両親の深い悲しみも、女の子の気持ちも、両方理解できる。
    だからこそ。

    意を決して、Aさんに思いを込めて返信をしました。


    続く。




    無料blog




    [ 2011/06/20 12:58 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(-)

    約束~もう一つの天使のウィンク~(3)

    女の子は黙々と遊んでいました。

    積み木にお絵かきにブロック。
    下を向いている時のほっぺの形がとても愛くるしく、どれほどご両親に愛されていたか偲ばれます。

    目線には斜めに入った日差しが見えました。

    小さい子って、本当に「夢中」で遊びますよね。

    州 ̄ 台  ̄州 うちの子どもたちも、このくらいの時はよくこんな風に遊んでたな・・・。

     時間がどのくらい過ぎているだとか、
     自分が他人にどう見られてるだとか、
     まったく眼中にも無くて。

    そんなことを考えながらしばらく様子を見ていると、私はあることに気が付きました。

    夢中で遊んでいるようでいて、女の子がチラリチラリとどこかに視線を向けるのです。

    州 ̄ 台  ̄州 何を気にしているのかな?

    さらに意識を集中させていくと、


    女の子は、お人形をチラチラと見ていました。
    おそらく遊びたいのでしょう。

    しかしどうしたわけか、女の子は一向にお人形には手を出しません。

    州 ̄ 台  ̄?州 どうして?

    それまで黙って様子を見ていた私でしたが、思い切って女の子の心に触れてみることにしました。


    ごめんなさい、また続くです。



    無料blog




    [ 2011/06/17 13:01 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(-)

    約束~もう一つの天使のウィンク~(2)

    最愛の我が子を亡くしたばかりのAさん(仮称)。

    いただいたメールには、悲しみと、現実を受け止めることのできない戸惑いが誠実な文面で綴られていました。

    メールを開く前から、涙目になっていた私でしたが、読んで改めて泣きぬれました。
    同じく人の親、私自身も何度か覚悟した経験があることからとても他人事には思えませんでした。

    読み進めているうちに、ひとりの女の子が私の脳内スクリーンに現れました。

    幼い女の子ははにかみ屋のようで、私の方を決して見ようとはせず、斜めに薄く陽が入る部屋で一人黙々と遊んでいました。

    州 ̄ 台  ̄州 ひょっとして、この子かしら・・・?

    メール相談は受け付けていなかったのですが、相手が子どもとなるとどうしても黙って見過ごすこともできません。

    「これこれこんな女の子が視えますが、Aさんのお子さんでしょうか?」

    返信は間もなくきました。

    髪形をのぞいて、遊んでいる部屋や体格など、ほぼその子と特定できました。

    髪形は・・・。
    長かった髪を、お棺にいれる前にAさんと奥さんが一緒に切っていらっしゃったのでした。


    すみません、時間切れで続く。



    無料blog




    [ 2011/06/16 13:10 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(-)

    約束~もう一つの天使のウィンク~(1)

    *ちょっとつぶやき*

    昨夜、「大事な話があるから」と言って、子ども1と子ども3を呼び、目の前に座らせました。
    そしておもむろに

    州 ̄ 台  ̄州ノ 「真っ赤な秋」歌います♪

    と言って、コメント欄でF氏に教えていただいた

     まっぱだか~ まっぱだか~♪
     TUTAYAの中でまっぱだか~♪
     ジャスコの中でもまっぱだか~♪
     客と目が合い~ こんにちは~♪
     まっかなほっぺたの~ 君と僕~♪
     まっかなサイレン~ 近づいている~♪

    を大きな声で歌いあげると、二人はあまりの感動で呼吸が停止し、涙も止まらない様子でした。棒人間 大笑い2 デコ

    **********

    全ての出来事に意味がある。
    いつだってその“意味”は後からしか分からないのだけれども。


    わくわくさんのことを記事にしようと、いろいろと準備している時のことでした。
    私の中で「天使」と言ったら「天使のウィンク」。
    (世代がばれようと言うもの。笑)

    州 ̄ 台  ̄州 どんな曲だったっけな~

    とさっそく検索して聞き入っていると、ある女の子(生きていません)が覗きこみ、静かに一緒に聞いていました。
    何回もリピート再生していくうちに、その子が言いました。

     この曲、パパにも聞かせてあげて♪

    州 ̄ 台  ̄州 うん、任せてね~

    私は即答しました。
    だって女の子も、その子のお父さんも、知っていましたから。



    事の起こりは、一通のメールから。
    いつものようにメールBOXをチェックをしていると、開ける前から内容が伝わってくるようなタイトルのメールがありました。

    相談メールだろう、とは分かりますが、タイトルだけでは普通内容まで分からないじゃないですか。
    でもこのメールだけは・・・。
    いや、内容は分からないのですが、タイトルを見るだけで涙があふれてきました。
    それもチョロチョロではなく、一気にダーッとくる感じに。
    (ちなみにタイトルは「はじめまして」だけです)

    ちょっと深呼吸だけして、意を決して開いて読ませてもらいました。

    ***
    こんな記事を書くと、「私も相談したい!」と期待を持たせてしまうかもしれませんが・・。
    現在、一切のメール相談を休止させていただいております。

    勤務体制が大きく変わり、以前と違って昼休みもままならないことも増えました。
    また、おじーチャマとの同居や子ども2の治療など、自宅のPCもあまり開けない状態です。
    “自分のことが全うできぬ分際で、人さまの相談を受けられるはずはない”とのポリシーで、日常生活第一主義を貫いています。

    いただいたメールは全て目を通させていただくのですが、
    「お返事はいつでも良いので」と送っていただいても、返信はないものと考えてください。ノ州_  _ ノ州 ゴメンナサイ...
    ***


    内容を読み、改めて涙があふれてきました。

    それは、最愛の我が子を亡くしたばかりの、悲しみに満ちた父親からのメールだったのです。


    あの世とこの世をつなぐ「約束」。
    見えないつながりに私までが泣きぬれた、その暖かさを皆さまとシェアしたいと思います。

    ていねいに辿りたいので、久しぶりの連載です。
    どうか応援を。

    ← タイミングを与えてくれた、わくさんにも感謝


    無料blog




    [ 2011/03/09 12:57 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(8)

    面目ない・・・5

    たくさんの予想コメントをありが㌧ございます。
    「丸呑み」とか「兵糧攻め」とかって、こらこらこらこら・・・。

    (。・_・。)ポッ してみたい。←コラコラコラコラ・・・

    *-*-*-*

    州 ̄ 台  ̄州 それならば。

    立ち上がった私を、武士は期待に満ちた表情に見上げました。

    州 ̄ 台  ̄州 本懐を遂げてこそ武士、あなたはそうおっしゃった。

     いかにも。部下が命賭けて遂げようとした本懐を、果たすのが自分の責任です。

    州 ̄ 台  ̄州 それならば、彼らは立派に果たしているではないですか。

    きょとんとした武士を目でしっかりととらえて、私は続けました。

    州 ̄ 台  ̄州 彼らの本懐を何と心得る?

     我らはただ、敵方の大将の首を取ることをもって本分とし・・・

    州 ̄ 台  ̄州 いいえ。彼らの本分はそこではありません。

    腑に落ちぬ、と言う顔をした武士に対し、私はたしなめるように言い渡しました。
    (完全なる上から目線です。笑)

    州 ̄ 台  ̄州 彼らは「主人に仕える」ことをもって本分としたのです。

    武士が明らかに何かを察したような表情に変化したのを、私は見逃しませんでした。

    州 ̄ 台  ̄州 彼らは「忠義」に生きたのですよ。

    州 ̄ 台  ̄州 だから、既に立派に本懐を遂げているのです。

     私に仕えるをもって、本懐を遂げたということですか・・・?

    州 ̄ 台  ̄州 そう。
     彼らは自ら、あなたへの忠義に命をささげたのですから、
     悔いなんて無いのです。
     だからご覧なさい。
     ここには誰一人残ってはいませんよ?

    イメージ映像の戦場は、もはやただの草むらで、血まみれの部下たちの姿はそこにありません。
    満ち足りた部下たちの心情を象徴するかのように、草は穏やかな風に吹かれています。
    さっきまでの、呼吸するのも苦しくなるほどのヌルッとした空気が嘘のよう。

     こんな卑怯者の主人(自分のこと)に・・忠義を・・・

    うなだれた武士を見下ろし、私は「うまく言えるだろうか」と少しためらいつつも、「どうしても言いたい!」のほうが上回り、緊張で狭くなったのどを振り絞りました。

    州 ̄ 台  ̄州 あなたに言いたいことがあります。

    武士はまるで裁かれる罪人のようにがっくりと肩を落としていました。

























    ダイジョブ。
    最後まで書くから。(笑)

    うなだれる武士に対し、今度は私が下座に回って座りました。
    やっと顔を上げた武士。

    州 ̄ 台  ̄州
     およそ武士たる者、その名を上げることをもって本懐となすもの。

    州 ̄ 台  ̄州
     兵力と言い、立地条件と言い、とうてい勝算があったとは思えないにも関わらず、
     正義のため、民のため、兵をあげた意気地はまことに立派でございました。
     勇気ある忠義の家臣に恵まれたのも、人徳でございましょう。
     
     ・・・。

    私はさらに姿勢を正し直し、

    州 ̄ 台  ̄州
     息のあるまで戦い抜いたあなた方の勇気は、武士としての面目を大いに上げました。

    最後に大きく深呼吸をした後、

    州 ̄ 台  ̄州
     この度のいくさはまことに見事、あっばれな最後でございました。

    そうねぎらうと、心からの敬意をもって深々と頭を下げました。
    うまく言えたかどうかは分かりませんが、言いたいことは全て伝えることができました。
    何だかすごく、気持ちが良かった・・・。

    先ほどから、もう光が届いていることは分かっていました。
    大きな暖かい光です。

    頭を下げたままなので、武士の最後の表情は見ることができませんでしたが、それで良かったと思っています。
    本当に心から、敬意を表したい気持ちでいっぱいでしたから。



    今回のお話、本来なら
    「首のない落ち武者が~~ヒュードロドロドロ
    ((((((州;;; ̄ 台  ̄;;;州)))))))ガクガクブルブル
    「敵討ちの怨念がぁぁああああピューピュードロンドロン
    ((((((州;;; ̄ 台  ̄;;;州)))))))ガクガクブルブル
    などと、夏の定番怪談のように面白おかしく書かれてもおかしくないのでしょうけど・・・

    私としては、最後本当にすがすがしかったんですよ。
    武士の頑固さ、潔さ。
    (私は自分の責任をきちんと果たしているだろうか・・・)とかえりみて、むしろ恥ずかしささえ感じたくらい。

    だからやっぱり、今回も私のための修行だったのだろうと思っております。

    大和魂とか侍魂とか、まるで死語になってしまったようだけど、やはり日本の美徳精神は多くの方に根付いているものではないでしょうかね。
    美しい日本の伝統精神、いつまでも伝え続けていけると良いですねぃ♪


    さあ、今回のお話。
    皆さまはどうでした?
    予想通りのケツマクリンだったかな?(←こういう部分には恥ずかしさを感じないのか?自問)

    実は時間切れで(仕事中にコソコソ。笑)もう少し書き足りない部分があるので、シリーズ最後のエピローグとして次回まとめますね。
    こんなつたない私のブログに、今日も訪れてくださって本当にありが㌧。

    ← これからも応援してやってくださいーアンパンマン ぺこ デコ


    無料blog




    [ 2010/09/02 13:49 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(31)

    面目ない・・・4

    暑い!
    防災の日の今日は、子ども3の学校の災害引渡し訓練。
    子どもたちも保護者も、顔を真っ赤にしての引渡しは「何の我慢大会か!?」と思うほどあ゛づがっだ~~~。夏バテ1
    遅刻しての出勤なので、お弁当を食べたらすぐ仕事。
    ってなわけで、昨夜遅くに書き溜めておいた記事をちゃちゃいとアップ♪
    (書いといて良かったー


    武士の無念は、ただ単に「首を落とされたこと」ではなく、
    「勇敢な部下たちの命を犠牲にしながら、自らが卑怯にも逃げようとしてしまったこと」。

    そしてその責任として、自らの負け戦と数百年にわたって向き合ってきた───。

    とても不器用ではあるけれど、不器用であればあるほど、この武士の「侍魂」が私には痛いくらいに胸に迫ってきました。

    州 ̄ 台  ̄州 今どきこんな魂が存在するとは・・・。←“今”じゃないけどね。

    それにしても、このむごたらしい情景を数百年も目の当たりにし続けることは、決して武士のためにはならないと考えました。
    どれほど自分をいじめても、部下も帰ってこなければ自分の首も戻らない。

    州 ̄ 台  ̄州 ・・もう止めましょう。いくさは終わったのです。

    そんなことを語りかけようとしたとき、武士は驚くべきことを申し出てきました。

     そこで、お願いがあります。

     どなたかは存じませぬが、大きな兵を動かせるお方とお見受けいたしました。

    州 ̄ 台  ̄?州 ???

     どうか我々に代わって敵を討っていただきたく・・・

    ヽ州 ̄ 台  ̄;;州ノ ええええええええええ!!!

    何とこの武士、イオンに敵討ちを懇願してきたのです。

    ヽ州 ̄ 台  ̄;;州ノ どひゃ~~~~~ん♪

    よりによって、気弱できゃしゃで、かげろうにもいじめられちゃいそうなこの私にっ!
    刀どころか、フォークもお皿も 食べちゃいそう 持てなさそうなこの私にっ!
    ゴングの音にびっくりして、転んだ拍子にリングを破壊しちゃいそうな、清純無垢なこの私にーっ!?

    ・・・まだ続けて良いですか? あはは・・パンダ汗1


     なにとぞ我々の望みを叶えていただきたいのです。

    州 ̄ 台  ̄州 望みですか・・・

    武士の意思の固い(頑固な!)ことは、それまで話していて十分に分かっていました。
    いったいどうしたら良いのでしょう。

     本懐を遂げられなければ、武士ではありません。

    州 ̄ 台  ̄州 ・・・それはその通り。

    私の中で心が決まりました。

    ひざまずく武士に向かって立ち上がり、

    州 ̄ 台  ̄州 それならば。










    ・・・それならば?((((o゚▽゚)o))) ドキドキ


    さあ♪♪♪
    連載はいよいよ佳境です。

    イオンはこの後、どうする!?
    武士の願いは叶うのか?!
    破壊されたリングの修理費は、いったい誰が持つのか~!?
    (予想コメント、じゃんじゃん募集します)

    えっへっへ。パンダ汗2
    クライマックスの次回、是非お楽しみに!!
     
    ← もうちょっとだから怒らないでぇ~アンパンマンドラえもん お願い デコ


    無料blog




    [ 2010/09/01 13:02 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(25)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。