イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    2012.5.1の地震体感メモ

    初めての方は 「地震予測記事について」 を参照ください。

    こちらの情報は、私の個人的な感覚の報告であり、予測される地震が起こらなかったり不正確な場合があります。
    現在は震度5以上の大きめの地震に焦点を合わせて記録しています。
    休日の更新は基本的にありません。
    コメント欄は閉じさせていただいております。
    あくまでも防災の参考程度にしていただきますよう、お願い申しあげます。

    体感速報は ツイッター で公開しています。
    携帯の方は、「リンク」からどうぞ。

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    本日の要点

    *体感と発振の整合性をもう少し注視中

    *危機感のある感知なし

    検証等(お時間のある方)

    休み明けでお仕事が立て込み、更新が遅くなりました。
    あんまりお腹がすいて、お弁当(カニかまぼこのなんちゃって天津丼)を5分くらいで完食してしまいました。

    あ~忙しかった。(;´д`)ノ
    でも、今日のお仕事はもう片付いたので、後はのんびり電話番で済みそう。

    - - - - -

    2012.4.27の地震体感メモより
    *28日(土)辺り
    *首都圏から見ておおよそ「北」の震源で、関東も揺れる
    *震度5クラス
     ↓
    4/29 19:28 千葉県北東部 M5.8 震度5弱
    ※4/30 00:02 岩手県沖   M5.6 震度4

    なかなかドンピシャリと予測することは難しい・・。
    私はたまたま出先のお店に居ましたが、実際の揺れよりもそばにいた人たちの携帯が(緊急地震速報で)一斉に大合唱したことのほうが異様で怖かったです。

    もうちょっと柔らかいお知らせ方法は無いもんですかね。^^;
    例えばもし、緊急地震速報音が「ピーヒャラピーヒャラ♪パッパパラパッ♪」だったら。
    ・・避難どころか、皆で一斉に緊張感を失いそうで、やっぱダメだわ。(笑)

    ツイート速報した通り、体感と発振の整合性がとれてきたようなので、危惧していた胎動地震への移行の可能性は少なくなりました。
    その後の大きめ体感は今のところありません。

    気になると言えば、スマトラM8以降溜め感がずっと不安定であることです。
    注意深く体感を拾いつつ、なるべく正確に予測としてお知らせできたらと思っています。


    日本近辺は昨年以来、人間の体で言えば「大手術の後」のような状態。
    あ、普通「大手術」自体あまり経験がないから例えにならないか。^^;

    大手術の後って、見た目や気持ち的には今までと変わらないようでいて、実際には臓器をいくつか取っていたりするわけですから、疲れやすかったり熱を出しやすかったりするわけですよ。
    元気そうに回復していたのが、翌日に腸閉そくの疑いで治療が3スパンくらい逆戻り、なんてこともしばしば。
    とても不安定なのです。

    少しずつ体力をつけていかなければ、今までと同じようにできません。(経験者は語る)

    体力をつけようと、食べすぎで太ってかえって動きが鈍くなってしまうこともあります。(経験者は・・)

    だんだん内臓の痛みが取れてきて、最後に手術痕の痛みに気付くくらいになったらあと少し。
    傷口を忘れて大笑いして、「痛っっっ!!」とやるようになったらもう安心です。

    ・・・何だか話の方向が明後日に向かっています。(笑)

    とにかく、歪みを少しずつ解消して、大地が早く全回復できますように。

    - - - - -

    硫黄島沖合で海水変色 海底噴火か 4月29日 21時41分 NHK
    29日午後、小笠原諸島の南にある硫黄島の沖合で海水が変色しているのが確認され、気象庁は「海底噴火が発生した可能性がある」として、周辺の海域などでは火山活動に警戒するよう呼びかけています。
    硫黄島海底噴火
    気象庁によりますと、29日午後3時40分ごろ、硫黄島の北東1.5キロの沖合で、海水が青く変色しているのを海上自衛隊が上空から確認しました。
    このため気象庁は、29日午後7時すぎ、「硫黄島の北東沖で海底噴火が発生した可能性がある」と発表し、周辺海域を航行する船舶などに今後の火山活動に警戒するよう呼びかけています。


    マグマ感は4/25には抜けていました。(通常抜けて数日してからの動き)

    長く続いていたマグマ感知は、結局メキシコの噴火と、硫黄島の海底噴火であった可能性が強いです。
    どちらも人的被害が無いようでホッとしています。

    その後も断続的にマグマ放射が感じられますが、新たな動き(噴火)と言うよりは継続的な動きではないかと。
    硫黄島、まだ噴火活動があるかもしれません。

    - - - - -

    本日は通常体感が少しだけ高いかな~と言う程度。
    通り雨でいったん引いた後、再びジリジリ上がってきています。

    - - - - -

    通常防災モード中

     巨大地震の感知はありません。

    体感の急変等はツイートします。

    *-*-*-*-*

    アンテナ 日々の体感変動等

     通常体感 ※関東周辺(レベル説明→震源地の震度)
     4/25深夜 おおよそ「北」から無音の耳鳴り2回 → 4/29千葉県北東部M5.8震度5弱・4/30岩手県沖M5.6震度4
     
     5/1 朝はレベル2以上
     
     大きめ体感※国内M6震度5・海外M7以上
     4/13深夜 けっこうハッキリとした感知
     4/17   再発
     4/21   ハッキリした感知

     4/25 千葉東方沖M5.5震度4
     4/29 千葉北東部M5.8震度5弱

     ksk 地龍さん情報
     交信なし。

     炎 マグマ君情報(レベル説明→0:感知なし、1:やや活動的、2:小規模噴火の可能性、3:中規模噴火の可能性、4:大規模噴火の可能性)
     4/25現在 ほぼおさまりました。
     (やや注意)
       ↓
     4/29 硫黄島海底噴火の可能性

     5/1 断続的にレベル3 

      風さん情報
     お便りなし。

    <暫定的に追っている注意情報>
    ☆溜め感
     不安定

    ☆気になる地域
     千葉~茨城県沖

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    (アフィリエイト)
    10枚セット特価!使い捨てポンチョ型・レインコート(緊急時・災害時の備えに) 2,380円



    無料blog




    スポンサーサイト
    [ 2012/05/01 15:08 ] 地震予測メモ | TB(-) | CM(-)

    心が重いから・・・2

    あまり休憩を取らずに走り続けましたが、現地で知り合いと落ち合えたのは、既に午前10時を回っていました。

    知り合いと言っても初めて会ったわけですが(笑)。
    一言二言会話をするだけで、旧知の仲のように打ち解けられたのは、温かみのある東北弁の力によるものなのかもしれません。

    私が頼まれたのは、知り合いの知り合いのおばあさんの引越のお手伝い。
    いや、引越自体は既に終わっているのですが、どうにも荷物を片づけられないでいるらしい。

    「その前に・・」
    連れていってあげたい場所があるからついてきて、と知り合いは車を走らせました。

    土地勘のない場所ですから有無を言わさずで(笑)、私は必死についていくしかありません。

    着いたのは、仮設の商店街でした。

    「どっから?」
    一目でよそ者と分かるらしく、店の外に出ている人が私に人懐こく声をかけてきます。
    あいさつを交わすだけで分かる、間違いなく良い人たち。

    知り合いが商店街の人たちとのんびりを話し込む風だったので、私は時間を気にしながらもブラブラとお店をのぞいて回りました。

    元の商店街は津波で流されてしまったそうで、元写真屋さんのお店には、店主が撮影した地元の津波画像がたくさん飾られていました。

    テレビや雑誌等で、嫌と言うほど見てきたはずの写真の数々。

    ただ一つ違うのは、流されている屋根や車に、小さな紙で「○○さん家」「○○美容院」「○○さんの車」等々、親しみと悲しみのこめられた字が書き込まれていたことでした。

    津波は商店街を火事ごと飲み込み、多くの人が亡くなりました。

    話し終わったのか、知り合いはポツリと「ここここ、この屋根が私のうち」と指さし、何度も見たはずであろうその写真の上を指でなぞっていました。
    その顔は、悲しそうと言うよりも懐かしそうで、そのことがかえって私の胸をグッと詰まらせるのでした。

    店内には、全国から送られてきた千羽鶴や色紙・寄せ書き等が所狭しと飾られていていました。

    もう一年なのか、まだたった一年なのか。
    その店だけで、抱えきれないほどの“思い”がものすごい密度で迫ってきてきました。

    圧倒されている私とは対照的に、知り合いは淡々と「さあ行くよ」と私を外に促しました。


    なかなか筆が進まなくてごめんなさい。
    続きます。




    無料blog




    [ 2012/05/02 12:56 ] 動物・植物・妖精など | TB(-) | CM(-)

    2012.5.2の地震体感メモ

    初めての方は 「地震予測記事について」 を参照ください。

    こちらの情報は、私の個人的な感覚の報告であり、予測される地震が起こらなかったり不正確な場合があります。
    現在は震度5以上の大きめの地震に焦点を合わせて記録しています。
    休日の更新は基本的にありません。
    コメント欄は閉じさせていただいております。
    あくまでも防災の参考程度にしていただきますよう、お願い申しあげます。

    体感速報は ツイッター で公開しています。
    携帯の方は、「リンク」からどうぞ。

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    本日の要点

    *危機感のある感知なし

    検証等(お時間のある方)

    春休みから延々と続いている子ども2の睡眠障害ですが、今年はなかなか手強い。
    でも今日は久々に普通に眠れました!

    朝起きて眠くない。
    これ当たり前じゃなくて嬉しいことなんですよ~。

    - - - - -

    今日の関東地方は、昨日とうってかわった肌寒い雨。
    (寒いのはでっかいアイスクリームを食べたせいですが。笑)

    天候に抑制されているのか、ほとんど気になる感知はありません。
    地震を気にすることなく、連休を楽しめたら良いですね♪

    気になる感知があった場合は、なるべく迅速にツイートします。

    - - - - -

    硫黄島 新たな噴気を確認 5月1日 20時23分 NHK
    火山活動が活発になっている小笠原諸島の南の硫黄島で、先月30日、新たな噴気が出ているのが確認され、気象庁は、島内や周辺の海域では今後の火山活動に警戒するよう呼びかけています。

    気象庁によりますと、先月30日午後1時すぎ、小笠原諸島の南の硫黄島の北部で、これまで噴気がなかった場所から新たな噴気が出ているのを現地の海上自衛隊が確認しました。
    硫黄島では、6年前の平成18年以降、島全体が膨らむ傾向の地殻変動が観測され、ことしの3月上旬には島の西部にある火口で泥や小さな噴石が噴き出るごく小規模な水蒸気爆発が発生しました。
    さらに、先月下旬から小規模な地震活動が活発化して、これまでより大きな地殻変動が観測されるようになり、先月29日の午後には、硫黄島の北東1.5キロの沖合で海水が青く変色しているのが確認され、気象庁は「海底噴火が発生した可能性がある」と発表していました。
    その後、地震活動は低化し、地殻変動も沈降に転じていますが、島の北東沖の海水の変色は、先月30日の午後も確認されたということです。
    気象庁は、硫黄島や周辺の海域では、今回変化が見られた場所やこれまで小規模な噴火が起きていた場所で噴火が発生する可能性があり、付近を通る船舶などに今後の火山活動に警戒するよう呼びかけています。


    昨日に比べると、断続的なマグマ放射はかなりレベルダウンしています。
    あまり心配はしていません。*^^*

    - - - - -

    通常防災モード中

     巨大地震の感知はありません。

    体感の急変等はツイートします。

    *-*-*-*-*

    アンテナ 日々の体感変動等

     通常体感 ※関東周辺(レベル説明→震源地の震度)
     低レベル
     
     大きめ体感※国内M6震度5・海外M7以上
     感知なし。

     ksk 地龍さん情報
     交信なし。

     炎 マグマ君情報(レベル説明→0:感知なし、1:やや活動的、2:小規模噴火の可能性、3:中規模噴火の可能性、4:大規模噴火の可能性)
     5/1 断続的にレベル3
     5/2 レベルダウン中

      風さん情報
     お便りなし。

    <暫定的に追っている注意情報>
    ☆溜め感
     不安定

    ☆気になる地域
     千葉~茨城県沖

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    (アフィリエイト)
    防災と言うより、防犯対策に良いかも?
      ↓
    LEDライト付き傘 青 LLK-01アオ 2,100円



    無料blog




    [ 2012/05/02 13:13 ] 地震予測メモ | TB(-) | CM(-)

    2012.5.7の地震体感メモ

    初めての方は 「地震予測記事について」 を参照ください。

    こちらの情報は、私の個人的な感覚の報告であり、予測される地震が起こらなかったり不正確な場合があります。
    現在は震度5以上の大きめの地震に焦点を合わせて記録しています。
    休日の更新は基本的にありません。
    コメント欄は閉じさせていただいております。
    あくまでも防災の参考程度にしていただきますよう、お願い申しあげます。

    体感速報は ツイッター で公開しています。
    携帯の方は、「リンク」からどうぞ。

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    本日の要点

    *2012.5.2予測
    【震源】関東も揺れる
    【大きさ】震度5クラス
    【注視日】9日(水)前後


    検証等(お時間のある方)

    ツイッター速報した通り、5/2の夜21時頃ハッキリとした大きめ体感が通常体感と連動しました。
    5/3の昼には、通常の耳圧とは違うものの、耳からの強い感知もありました。
    2日とも大きめの地震エネルギーを感じさせるものでした。

    その後連日の報道のごとく、暴風雨・雷・竜巻被害等々、大きな気象変動が続きました。
    GW中だと言うのに避難勧告の出た地域の方々、被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

    エネルギーがかく乱されたかのように、地震のほうはなりを潜めた印象です。
    雨は発振を遅らせることが多いです。
    (必ずしも雨で発振しないと言うことはありませんが)

    今までの経験上、いったん感知した大きめ体感は発振するものと心しておくことが安全かと。
    大きめ予測のプレッシャーから解放されたくて、早めに解除した途端に揺れた経験が何度かありましたから。

    最後の注視日は感知より7日後の9日(水)前後。

    睡眠不足と連休疲れの筋肉痛で不正確ですが、新たな大きな感知は無さそうです。

    - - - - -

    通常防災モード中

     巨大地震の感知はありません。

    体感の急変等はツイートします。

    *-*-*-*-*

    アンテナ 日々の体感変動等

     通常体感 ※関東周辺(レベル説明→震源地の震度)
     5/2夜 大きめ体感と連動
     5/3  耳から強い感知 

     その後レベル1程度。
     再上昇してからかなぁ。 

     大きめ体感※国内M6震度5・海外M7以上
     5/2夜 通常体感と連動

     ksk 地龍さん情報
     交信なし。

     炎 マグマ君情報(レベル説明→0:感知なし、1:やや活動的、2:小規模噴火の可能性、3:中規模噴火の可能性、4:大規模噴火の可能性)
     低レベル。
     ときどき強い波がありますが、おおむね静穏化傾向。ホッ。

      風さん情報
     お便りなし。

    <暫定的に追っている注意情報>
    ☆溜め感
     不安定

    ☆気になる地域
     千葉~茨城県沖

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    (アフィリエイト)
    紙皿や紙コップはもちろんだけど、どんぶりタイプも用意しておきたい
      ↓
    エコペーパー ボウル400ml30枚 865円



    無料blog




    [ 2012/05/07 12:58 ] 地震予測メモ | TB(-) | CM(-)

    心が重いから・・・3

    てっきり、すぐにおばあさん宅へ向こうものと思っていた私の目の前に、信じられない光景が飛び込んできました。

    全くの日常を取り戻した町並みから、海が見えたと思ったと同時に一瞬わけのわからない異様さが迫ります。

     ・・・家が無い。

    そう、そこはまさにさっきまで写真で見ていた津波被害エリア。
    海岸から数キロの場所まで、地上の景色がすっからかんに抜けおちていました。

    少し走って、大きな交差点で知り合いは車を停めました。

    「歩いてみる?」

    促されて車から降りました。

    衝撃でした。
    何度もテレビや写真では見てきたものの、2次元と3次元とではあまりにも実感が違います。
    360°見回しても、心の逃げ場はありません。

    がれきはすっかり片づけられていましたが、土台だけを残した家並がずっと海岸まで続いています。
    門構えだけが残されていた家、
    かろうじて流されなかったものの中身はからっぽになった家、
    幼稚園舎に描かれたところどころ色を失った動物の絵、
    どれも“それまで確かにここに生活があった”ことがリアルに伝わってきます。

     こんなにも海に近い場所で生活してたのか・・

    津波被害を知った今となっては怖さを感じる場所ですが、きっとそれまでは海の恵みをふんだんに味わえる自慢の故郷であったに違いありません。
    どんなに悲しく、辛く、長かったことでしょう。

    蛇口からお水が出ることも。
    スイッチ一つで電気が点くことも。

    「ただいま」「おかえり」が言えることも。

    どれ一つ当たり前なんかではなく、いつかは必ず崩れるものなんだ。

    分かっていたつもりでしたが、やっぱり「つもり」であったことに愕然と打ちのめされます。

    不思議なのは、地面の高さはそう変わらないはずなのに、道路一本隔てた向こう側は全く被害が無かったりすること。
    被害の差は天国と地獄。
    波は意思でも持っていたのでしょうか。


    州 ̄ 台  ̄州 あ・・・

    州 ̄ 台  ̄州 ごめんなさい、もう行こう。

    意識が飛んでいくのと引き換えに、景色、音、五感の全てがこの世のものとは違うものを拾っていく感覚を覚え、私は急いで車に戻りました。

    情けないですが、その感覚は、今の私には到底受け止めきれそうにもありませんでした。

    でも、何もできないわけじゃない。
    今できることをきっちり頑張りたい。

    心を持ち直して、私は目的地へと走り出しました。


    シリーズはようやく入口に差しかかったばかり。
    なかなか進まなくてすみません。

    続く。



    無料blog




    [ 2012/05/07 14:17 ] 動物・植物・妖精など | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。