イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    無邪気な邪気・・・成長

    その後、へっぽこの私のアンテナは、なかなかてんちゃんをとらえられずにいました。
    気になりながらも、そのうち日々の生活に追われ、てんちゃんへの意識も薄れかけた頃。

    いきなり、クリアにてんちゃんを感じたのです。

    州 ̄ 台  ̄州 おぉ、てんちゃん・・・?

    その日のアクセスは、とにかく冴えていました。
    てんちゃんを感じた時点で、てんちゃんの魂全てを理解したと言いますか・・・
    私の中にてんちゃんが満ち、記憶や感覚そのままが一瞬でなだれこんできたかのようでした。
    (表現すればするほど分かりにくいって)

    jumeejumeejumeejumeejumeejumee

    てんちゃんは、目が見えていません。
    と言うか、眼球がちゃんと形成されていないんじゃないかしら。
    その代わり、耳はよく聞こえているようです。

    日々の生活は、「音と皮膚感覚の世界」。

    おそらくつながれている機械の、規則正しい音は、何となく落ち着ける不思議なリズム。

    昼間と夜間の区別は、不思議とついています。
    どんなに人(医療スタッフ)がたくさん居ても、夜間は皆「夜間モード」(静)で動いているのです。
    やっぱり、皆の心がウキウキしている(動)の昼間のほうが好き。

    体を動かすことは、ほとんど出来ません。
    口だって思うように動かないから、泣いたり笑ったりもほとんど出来ません。

    ───体は。

    でもてんちゃんの魂は、ちゃんと泣いたり笑ったりしているのです。


    てんちゃんが泣く時。
    それは、体を無理矢理動かされるとき。

    私は医療のプロではないのでよく分かりませんが、多分リハビリのようなものなのかな?

    てんちゃんのような奇形児でも、短くて小さな手足は付いていました。
    ほとんど固まってしまっているその部位を、日に何度か、医療スタッフが無理矢理動かすのです。

    それが・・・・ものすごい激痛です。jumee☆faceA87
    もう、この世の痛みとは思えないくらいに。

    さすがのてんちゃんも、この時は声(音?)を出します。
    なのにスタッフは、まったくの容赦なしに動かすのです。
    てんちゃんは、どうしてこんなことをされるのか、意味も分からないまま耐えなくてはなりません。

    (ρωT)ウェェ...辛いよね、てんちゃん。


    でも、辛いことばかりではありませんでした。

    たくさん出入するスタッフの中で、優しい声で歌を歌ってくれるお姉さんがいました。
    てんちゃんは、この看護師さんの歌声が、大好き。

    なぜだか、その看護師さんが来るときは、病室のドアを開ける前から分かるのです。

    どんなに辛いリハビリも、この看護師さんにやってもらうときだけは、てんちゃん頑張ります。
    不思議なことに、この看護師さんの手で動かしてもらうと、痛みが少ないような気がします。

     愛は偉大だ・・・キラキラ・桃2州 ̄ 台  ̄州キラキラ・桃2 


    ある時、この看護師さんがてんちゃんの体を拭きながら、他の看護師さんと話していました。

    「この子、少し聞き分けが出てきたねー。だいぶ協力的になってきたわ」
    「そう?私はまったく反応感じないわ」

    言葉の意味を理解したとかではなく、その看護師さんの気持ちがてんちゃんにはストレートに感じられました。
    嬉しくて、精一杯手足をバタつかせたのを、看護師さんは優しい手で受け止めてくれました。


     生きている人間とも、ちゃんと「交流」が出来るようになったんだね。州 ̄ 台  ̄*州


    何だか・・・・

    胸が熱くなってきました。

    てんちゃんが、てんちゃんの体で、てんちゃんの人生を一生懸命に生きている──。

    もう自分の体から逃げようとせず、ちゃんと成長もして・・・。



    嬉しさと尊敬と、暖かい気持ちに混じって、とてつもない切なさが込み上げてきました。

    なぜなら、こんなにもクリアにてんちゃんにアクセスできた意味が、ハッキリ分かりましたから。



       てんちゃんの寿命は、もう残りあとわずか──。



    渾身の連載も、いよいよ次回が最終回。
    てんちゃんの人生、そして私たちの人生。
    皆さまと一緒に、様々な思いと向き合いながら、てんちゃんを送りたいです。


     ← “思い”(パワー)をください うるうる
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2009/02/04 00:39 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(9)
    初めまして。
    父から教えてもらって以前から拝見していました。
    あまり上手く言葉に出来ないのですが、
    読んでいて泣きそうになりました。
    愛情ってやはり大きいんですね。
    家族や弟妹と離れて、最近その大きさを実感しています。
    [ 2009/02/04 03:03 ] [ 編集 ]
    ありがとう
    私自身、持病?がありますが、てんちゃんに比べたら
    天と地の差。てんちゃんにとって、この生は長かったのか・・・
    それとも短かったのか・・・。
    五体満足で、家族があって、こんなに大きな幸せすら
    忘れてしまう傲慢な私。娘のほっぺ、頭をいい子いい子できる幸せ。ありがとう。
    [ 2009/02/04 06:04 ] [ 編集 ]
    はじめまして。
    昨日、偶然イオンさんのこのブログを発見し、涙②で読ませて頂いてます。
    変なコメントで気を悪くされたらごめんなさい…。 イオンさんは子供(赤ちゃん)は親を選んできてくれるって思いますか?もし、そうだとしたら悲しい結末(産まれてスグ殺されたり等)があることを分かっていて選んでいるの?何だかそう考えるとすごく悲しくなりますこんなコメントいきなりすみません。以前からずっと感じていたことなので書かずにいれませんでした…。ホント気を悪くされたらごめんなさい。。。
    [ 2009/02/04 07:17 ] [ 編集 ]
    せつない
    おはようございます。

    何か予想された展開ではありますが、こころが痛いです。
    てんちゃんは何のために生かされたのでしょう。
    奇形があまりに酷い場合、そっと処分されてしまうような
    話も聞いたことがあります。
    (真実は分かりません)
    でも、てんちゃんは生きようとしたんですね。
    魂はやどっているんですね...

    [ 2009/02/04 08:11 ] [ 編集 ]
    まさかの展開でありました。母親の存在も温もりも家族の愛も知らずにてんちゃんがこれまで生かされている意味を考えると切ないです。ただ、てんちゃんが看護婦さんの(人としての)温かさに触れる事ができて良かったです。てんちゃんの現世での修業の意味はあったのでしょうか。自分の寿命、どのようにして生まれてくるのか分かっていての修業ですもんね。だけど、てんちゃん頑張ったんだよね。
    [ 2009/02/04 09:40 ] [ 編集 ]
    ありがとうございます。
    毎日大切に読ませていただいています。

    私は30歳過ぎていますが、
    4月から看護学校へ通学予定です。
    今回の記事も読めて本当に良かったです。

    イオンさん
    毎日本当にありがとうございますv-410

    てんちゃんは今もたくさんの人に
    感動を与えているんですね。
    そのためにも生まれて来たんですね。
    [ 2009/02/04 09:49 ] [ 編集 ]
    泣いちゃいました。
    涙がでてきました(注:今職場です)
    ありがとうございます。
    こころって通じるんですね。
    見えなくても。
    というか、見えてるものは私たちが作り出す幻想で
    なんにもないのが現実なのかもですね。

    こころで行動すれば、伝わる…

    イオンさん、いつもありがとうございます。
    [ 2009/02/04 10:19 ] [ 編集 ]
    No title
    いつもブログありがとう

    てんちゃんの話
    涙が出て せつないです

    どんなことがあっても自分や人生を受け止める

    イオンさんを通して 今 てんちゃんがメッセージを送ってくれてるんでしょうね

    辛い辛い話書いてくれてありがとう
    [ 2009/02/04 18:08 ] [ 編集 ]
    相手を思う心
    きっと看護婦さんは、てんちゃんの耳がよく聞こえることを
    知ってるからこそ、歌を歌ってあげたんでしょうね。
    どうしたらてんちゃんが喜ぶかなって、
    どんなとき辛いのかなって、よく見ていたからこそ
    他のスタッフさんが気づかないような変化でも
    その看護婦さんにはわかったのではないかと思います。
    相手を思う心、伝えたいという気持ちがあれば、
    どんな方法でもその気持ちは伝わると思います。
    心が通じ合う喜びをてんちゃんが知ることができて良かった・・・。
    本当に、愛は偉大だなぁと思います。
    [ 2009/02/05 09:48 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。