イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    無邪気な邪気・・・天子の旅立ち

    (昨夜は、途中まで書いて寝てしまいましたのがっくり


    てんちゃんの命は、あとわずか。

    それを予感したところで、私にはどうすることもできません。
    ただただ、受け止めるだけ。

    無力な私を責めるわけでもなく、さりとて持ち上げるわけもなく。
    てんちゃんは悟りを極めた翁のように、ただ全てをジッと受け入れているように見えました。

    静かに流れていく時間の中で
     てんちゃんの鼓動がゆっくりになっていきます。

    途切れていく呼吸に、機械のアラーム音が鳴り響きました。

    一瞬、ビクンと驚いたように反応したてんちゃんでしたが、すぐにまた静かな眠りに落ちていきます。


    州┰ 台 ┰ 州 あぁ、やめて。騒がないで。


    その時を静かに迎えようとするてんちゃんに、集まった医療スタッフのあわただしい動き。
    けたたましい声。
    小さな体に与えられる、一段と過剰な医療行為。

    慌てたのか、誰かが医療用具を落としたようです。


     ガッシャーーーーーン


    それはまるで、てんちゃんの最後の叫びのようでした。

    そして、それが何かの合図だったかのように・・・一切の延命措置は終わったのでした。


    部屋に再び戻った静寂の中。
    空間も、てんちゃんの心も、奇跡と思えるほど静かな旅立ちを迎えます。

    だって奇跡じゃないですか・・・。
    最後までこんな仕打ち(医療関係の方、ゴメンナサイ)を受けながら、てんちゃんには「不満」や「恨み」がまったく無いなんて。
    上手い表現が見つかりませんが、てんちゃんの作りは本当に単純で、純朴で、あるがままでした。

    ひるがえって、自分があまりに汚らわしいもののように思えて、私は言葉にはできないズッシリとした“何か”をてんちゃんから受け取ったような気がしました。


    その時です。

    ・キラキラ・キラキラ・キラキラ 照れ ・キラキラ・キラキラ・キラキラ

     州┰ 台 ┰ 州  うわっ・・・あぁぁぁあああああああ!!!!!
    ・キラキラ・キラキラ・キラキラ・キラキラ・キラキラ・キラキラ

    差し込んできたのは、今まで見たことのないほどの「光」。
    何と言う輝きでしょうか。
    それまで見てきたどんな光よりも大きく、暖かく、強いものに思えました。

    信じられないほどの輝きの中に、てんちゃんはおごそかに迎えられるようです。
    何と言うか、とにかく・・・凄すぎる。

    州┰ 台 ┰ 州 あぁぁ・・・そうか、そうだったのか!

    その時、ようやく気がつきました。

     てんちゃんの「てん」は、「天」なんだ。
     天から来たんだ。


    キラキラ・灰色2-2キラキラ・灰色2-2キラキラ・灰色2-2キラキラ・灰色2-2キラキラ・灰色2-2


    後日、てんちゃんが慕っていた看護師さんが、デスクに花を飾っているのが見えました。
    すぐに分かりました。

    あれはきっと、てんちゃんを弔うために置いた花。
    看護師さんのうるんだ目に、その涙の中に、てんちゃんのカケラを見たような気がします。

    たったそれだけのたむけでも。
    てんちゃんはきっと何の不満も持たないことでしょう。


    てんちゃんの人生の意味とか、そんな理屈を説明するのは苦手です。
    私にそんな資格など、ナイと思っています。

    でも、てんちゃんがこの世に確かに存在していたこと。
    精一杯生きたことは、きちんと理解しているつもりです。


    あのときの判断は正しかったのか・・・。
    今でも時々考えます。

    でもそんな時は決まって、
    私なんかよりずっと位の高いてんちゃんに

    ぽかーん そんなどうでもいいことに、右往左往しなくていいんだよ

    と、諭されるような気がして。

     てんちゃん。
     私はまだまだだね。

     いまだにどうでも良いことにオロオロして生きているよ。

     へなちょこな私でも、 いつかあなたのように
     全てを受け入れられるようになれるかしら。


    jumee☆Line6e1jumee☆Line6e2jumee☆WaterThePlant1gjumee☆Line6e3jumee☆Line6e4

    長い連載、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
    ずっと書けずにいた記事を、なぜ急に思い立って書く気になったのか、自分でもよく分かりません。ヾ(´▽`*)ゝ 

    重い内容の連載でしたから、皆さまの応援なくして、決して書き上げることは出来なかったでしょう。

    まだまだ書けずにいるいくつかの記事も、こんな風に書き出せる日が来るのかな。
    そのたびに、ひとつずつ殻をやぶっていけるといいなぁ。


    改めまして・・・。
    応援してくださった皆さまに、ありが㌧。おねがい♪

    そして・・・。
    てんちゃん、ありが㌧。


     ← てんちゃんに捧げる、愛のキラキラ星手書き風シリーズ星
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2009/02/05 12:59 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(53)
    No title
    涙が出ました。なんだかこれ以上のコメントが書けません。マイナスイオンさんの体験を共有させていただき、ありがとうございました。
    [ 2009/02/05 13:36 ] [ 編集 ]
    天からやって来たてんちゃん
    てんちゃん、お疲れさまでした。そして、ありがとうございます。
    いおんさんが、へっぽこだったら…私はぽんぽこにも及びませんが(8畳は無理でも2畳くらいで…(°∇°;)ち・違うってば)、てんちゃんが、いおんさんを通して私達に見せてくれたものを大事に磨き上げて生きていきます。まずは¨今¨に感謝(^-^)人(^-^)
    [ 2009/02/05 13:37 ] [ 編集 ]
    天ちゃんありがとう
    イオンさん、書いてくださってありがとうございます

    ただもう「てんちゃん」「てんちゃん」って泣きながら全部読みました。

    医療は生かす為に最善を尽くし、死に行く人は安らかに逝きたい‥難しいですね

    てんちゃん、勇気ある人生を、愛に生きた人生をありがとう!
    [ 2009/02/05 13:41 ] [ 編集 ]
    ありがとう
    ありがとうございます。
    どうなるんだろう?と思いながら、読んでました。

    てんちゃんが、この世に生まれたのも、きっと上の位?に行くための少しの間だけど辛い、きつい修行だったんでしょうね。

    自分に振り返り、深く反省しました。


    ありがとうございます。
    [ 2009/02/05 13:45 ] [ 編集 ]
    「生まれてくる意味がない人間なんかいないんだ」っていう、生きていくのに一番大切な何歳になっても忘れてはいけないことを教えるために天から来たような子ですね!
    未熟な状態で産まれ、家族の影が見えず、確かにかわいそうな状況には見えるけど、光に迎えられたことがてんちゃんのすべてなように思いました。
    イオンさんからまた貴重なことを得させてもらいました。
    ありが㌧(*‘‐^)-☆
    [ 2009/02/05 13:48 ] [ 編集 ]
    ☆になったてんてよちゃん
    てんちゃんは行くべき所へ…温かな光りの中へと…きっと今頃無邪気に遊んでいるのでしょうね。幸せいっぱいの楽しい時間がゆっくり流れていきますように☆彡
    [ 2009/02/05 13:53 ] [ 編集 ]
    大切なこと
    てんちゃん天使。いおんさん。伝えてくれてありがとう。
    たった一人の看護婦さんの愛がこんなに大きく派生して私たちに伝わってくるなんて。
    どんな些細な気遣いもめぐりめぐって大きなものへ変化するものなのですね。
    優しさの種、感謝の種は生きている今ならいくらでも撒くことができる。
    あらためて気付きました。
    [ 2009/02/05 13:59 ] [ 編集 ]
    ピュアに
    日々、右往左往している自分が情けなくも
    かわいいもんだなと思ってしまいました。
    ありのままを受け入れ、ただ生きる・・・
    そんな生き方をするには、まだまだくだらないものを
    たくさん抱え込んでいるけど、生きていることの幸せを
    少しでも多く感じていけたらいいなと思います

    イオンさん、てんちゃん、ありがとう。
    [ 2009/02/05 14:02 ] [ 編集 ]
    No title
    イオンさん、いつも陰ながら応援させていただいてます。

    ずっと以前、Iちゃんの記事のコメント欄で、
    私の知っている肢体不自由児の悲しい最期の話を
    聞いていただいたことのある者です。
    (違うHNを使ったと思いますが‥。)

    その子と出会った養護学校には、寝たきりと呼ばれる
    最重度の障害を持つ子どもたちもたくさんいて。
    今回の看護婦さんとてんちゃんのやりとりのお話を聞いて、
    当時、あのこたちとのふれあいの中で感じたものは、
    私の勘違いじゃなかったんだ!!と、とても嬉しくなりました。
    てんちゃんの気持ちを考えると、とても切なくなりますが、
    でも、きっと、大丈夫。
    てんちゃんは帰っていった先で「よくがんばってきたね」って
    皆に言ってもらえているはず☆

    私も毎日オロオロしながらだけど、てんちゃんに負けないよう、
    精一杯自分の場所で、自分の務めを楽しく果たしていきたい、
    そんなふうに思いました。

    お返事は結構ですから☆
    無理はなさらないで、どうぞ楽しく連載を続けていってくださいね♪
    [ 2009/02/05 14:03 ] [ 編集 ]
    No title
    昨日からね 頭の中でグリーングリーンって歌がリピートしてる‥(T_T)

    私が一時期辞めてた理由もその瞬間、いおんさんが思ったのと同じ事でした。
    [ 2009/02/05 14:11 ] [ 編集 ]
    天使てんちゃん
    イオンさん、感動のお話しをありがとうございました。これからも応援してます。
    [ 2009/02/05 14:37 ] [ 編集 ]
    父とだぶって・・・。
    私も、自分の父を看取り、
    ’途切れていく呼吸に、機械のアラーム音が鳴り響きました。’
    ここの様子がだぶりました。
    ほんの少しでいいから生きてこのままいてほしい・・・気持ちと
    本人が楽になるなら、これ以上の延命はいい・・・気持ちが。
    ピロロロロ~ンピロロロロ~ンと機械が鳴っている中、
    父を呼んだら応えるように2度大きく呼吸して静かに引き取って。
    すぐに天井を見上げてしまいました。
    上から私達を見ているようで・・・。
    てんちゃんが光の中へ行く様子はフランダースの犬のシーンを
    想像しました。(年バレバレ?)
    てんちゃん、今度生まれ変わることがあったら
    温かい家庭を存分に味わってねe-265
    [ 2009/02/05 15:35 ] [ 編集 ]
    ごめんなさい
    v-238
    ごめんなさい!!!!
    ハートのつもりが割れたハートに!!!!
    [ 2009/02/05 15:39 ] [ 編集 ]
    ありがとうございましたm(__)m
    いおんさん、ご多忙なのにいつもシェアしてくださって、ありがとう。

    天ちゃんの光りのところで、涙が胸がありとあらゆる感動を共感させていただきました。
    私もありのままに生きたいと思いました。
    [ 2009/02/05 15:46 ] [ 編集 ]
    No title
    拝見しました。
    またきます。
    [ 2009/02/05 16:55 ] [ 編集 ]
    うーん
    重度で、自力では座ることも出来ず、
    椅子(特製)からズリ落ちそうになったら家族が元に戻す、、という毎日。
    話も出来ないので、たまに留守番させられたり。
    (そういう時でも温度管理だけは大事なのですが‥)
    バァちゃんが、「助けてやらんと」と常々いうのは、
    そういう子供を持った娘を、助けてやりたいと。
    (障害者の孫を助けてやりたいという思いも、あるとは思いますが)
    娘が自由に仕事や趣味を楽しめるように、長時間預かったりもしていました。

    障害を持った本人はどうしたかったのだろう?
    視線も合ったことないのに、分かる訳ないのかな?

    お正月の"奇跡"の記事も頭に残っていて、
    イオンさんは、子供2さんの為に頑張ったんだよね、って思って、
    「動かんから楽だ」と言いながら、ウチで預かってたことが、
    恥ずかしくなってきます。うーん。。。。
    [ 2009/02/05 16:59 ] [ 編集 ]
    なかなか形にできなかったお話
    それを書いてくれて本当にありがとぅ!
    心にフタをするわけではなく、豊かな心を持ちながらも不満を思わずあるがままを受け入れること、そうなれたらどんなに素敵だろうって思います!
    そう思いながら今日も明日も楽しく頑張りますね。
    ありがとう。イオンさん♪
    ありがとう。天ちゃん♪
    [ 2009/02/05 17:11 ] [ 編集 ]
    てんちゃんの
    生まれた意味。

    それは周りの人達の魂の成長のためじゃないかなぁ~
    てんちゃんに関われた人、イオンさんのおかげで、
    てんちゃんを知ることが出来た私

    てんちゃん、ありがと。
    [ 2009/02/05 17:36 ] [ 編集 ]
    ありがとう。
    イオンさん、てんちゃんのお話を書いて下さってありがとうございました。
    てんちゃんのてんは、天だったんですね。天使のよう。
    すべてを受け入れるてんちゃん、辛い事一杯あっても穏やかな気持ちのてんちゃん。
    色々な事を考えさせてもらいました。

    [ 2009/02/05 19:12 ] [ 編集 ]
    No title
    胸がいっぱいになりました・・・・。
    渾身のブログありがとうございました。

    私も去年の春、ゴミ出し最中に背中ごしに、
    スナフキンを感じたんですよ。
    びっくりしてふりかえると、
    近所では見かけない知的障害の男性でした。
    カラスと精神でおしゃべりし合ってましたよ

    天からやってくる魂は精妙すぎて
    重い肉体と合わないのかな。

    どんなに人々が彼を不憫に思っても、
    彼の魂はスナフキンのように
    フワフワと風のように、動物や、植物と
    語り合い、幸せに満たされていることを教えてもらいました。

    てんちゃんのお話でふとスナフキンの彼を思い出しました・・・。
    [ 2009/02/05 19:17 ] [ 編集 ]
    ありがとうございました
    はじめまして。このところお伺いしております三人子育て&仕事中の母です。住んでいる所も遠からずな感じです♪

    今回はイオンさんと天ちゃんにお礼を申し上げなくては、と筆をとりました。
    家族がいて、毎日ご飯が食べられるだけでもありがたいのに、またまたまた自分の身勝手さに気付かされました…。
    お礼の言葉が見つかりませんが、わたしも優しい看護婦さんの心を忘れないように生きてゆきたいです。
    イオンさん、天ちゃんありがとうございます。忘れません…。
    [ 2009/02/05 19:18 ] [ 編集 ]
    うるうる
    イオンさん、てんちゃんのお話しを書いて下さってありがとうございました。久しぶりに心が暖かい気持ちになりました!そして、てんちゃんを優しく介護された看護婦さんにもありがとう!
    [ 2009/02/05 19:22 ] [ 編集 ]
    ありがとう
    天ちゃん、ありがとう
    イオンさん、ありがとう
    [ 2009/02/05 20:05 ] [ 編集 ]
    本当に天子だったのかもしれませんよね(∩∩。)♪。・*:゜・.。・oΟ゜☆・。.。o○☆*゜¨゜゜・*

    あの幽体で会いに来ていた男の子も、元気でいてくれるといいですね♪○。・○*:♪゜・.○。・o゜☆・。○.。o○☆*゜○¨゜゜○・*○.・゜*
    [ 2009/02/05 20:58 ] [ 編集 ]
    ありがとうございます。
    ずいぶん前からブログを拝見させていただいてましたが、今回初めてコメントさせていただきます。てんちゃんの純粋さ、看護士さんの優しさ、読んでいてとても切なくて涙があふれてきました。日常のわずらわしさに不平不満を言ってしまう自分がとても情けないです。
    てんちゃんがたくさんの愛情につつまれて幸せになれるように祈ってます。イオンさん、てんちゃん、本当にありがとうございます。
    [ 2009/02/05 21:31 ] [ 編集 ]
    てんちゃんがんばったね
    イオンさん、大変な連載ありがとうございました。
    「あのときの判断」・・・よくわかります。けれどてんちゃんはイオンさんの言うとおり気にしてませんよ、きっと。
    てんちゃんホントによく頑張ったね。
    [ 2009/02/05 22:35 ] [ 編集 ]
    おもうこと
    チャットで、相手の事を思うだけでもパワーになると言ってた事が、思い出されました。今回看護婦さんの思いが伝わったのですね!てんちゃんに。
    子供のすべてを受け入れる、先月はそれに神経を集中させていた私です。
    てんちゃん、イオンさん、看護婦さんありがとう~☆
    [ 2009/02/05 22:43 ] [ 編集 ]
    類は類(友)を呼ぶ
    イオンさん’皆さん、日々の生活お疲れ様です。

    コメントを私も読ませて頂き、
    こちらのサイトにいらっしゃる方々に、
    再度安心と感銘を頂きました。

    てんさんは天子様だったのでしょう。
    自ら苦しい辛い選択をして、この世の生を全うされた。
    それは想像を絶する日々だったのでしょうが、
    お話を知る機会を与えられた我々は、自らの生き方を考えるよい機会に恵まれる。
    まさしくよい連鎖とはこのような事を指すのでしょう。

    イオンさん、すばらしい機会をありがとうございました。


    [ 2009/02/05 23:00 ] [ 編集 ]
    てんちゃんの
    見えない目に見え感じてたのは

    優しい看護師さんの歌声e-420
    ちゃんと注意してくれたイオンさんの気持ち
    時々、痛みは感じたけど
    感謝の気持ちすらあったのかなって思いました

    誰も恨まない不満もない
    なんかすがすがしい、そして暖かい気持ちになった私は変でしょうか
    まだ、お話としか感じてないのかな。。。。e-263
    ただ、願わくば天ちゃんを生んだお母さんが苦しんでいたら
    この事実を教えてあげたいと思いました

    イオンさん感動をありがとう
    天ちゃん、ありがとうね
    おばちゃんは、もう少し真剣に生きるよv-238
    [ 2009/02/05 23:19 ] [ 編集 ]
    ありがとうございます。
    イオンさんの渾身の文章ありがとうございます!
    いつも、イオンさんの体験を通じて、気づかされることが多くあります。
    てんちゃんと看護士さんの心が通じたとき、私もうれしくなりました。
    「リハビリ」の行為も時として、とても辛く、痛いものになってしまうんですね。。。
    てんちゃんの「生」を全うし、天へ帰って行ったように
    私は、「今の人生を精一杯頑張っているのかな」と考えてしまいました。
    実は、健康な体で働くことができ、家族がいて友達がいて・・・という「今」は、とても「幸せ」なんですよね!

    シンプルだけど、毎日、無事に過ごせることに感謝☆
    [ 2009/02/05 23:33 ] [ 編集 ]
    てんちゃん
    てんちゃんとこの世でかかわった人って 現実にはお母さん、病院の先生、看護士さんくらいかな。
    魂で出会った人が病院で出会った子供さんとイオンさん。
    てんちゃんは 短い人生だったけど、イオンさんに出会ったことが最適修行セットだったと思います。出会った人は少ないけれど 愛があれば 強く生きられるんですね。家族、友人、さらには動物や植物、もっというと地球 すべてに愛を持って 接していけるようになりたいです。


    [ 2009/02/05 23:37 ] [ 編集 ]
    本当に涙なしでは読めませんでした
    イオンさんありがとうございました

    てんちゃんきっと天国で幸せに暮らしてますね

    生きてるってすごいことなんですね
    [ 2009/02/05 23:52 ] [ 編集 ]
    心が洗われました
    てんちゃん。
    とても素晴らしい方でした。
    私もてんちゃんの様にまっすぐですべてを受け入れられる人に出会ったら
    自分をどれだけ恥じり、悩む事でしょう。

    素敵なお話聞かせて頂いて感謝です。

    日々愚痴や文句ばかりな自分を変えようと思いました。
    [ 2009/02/06 00:01 ] [ 編集 ]
    (;へ;)
    イオンさん、毎日の家事・育児・お仕事をこなしながらの更新、ありがとうございます。

    去年、治らない病気に罹り、捨て鉢になってました。
    てんちゃんの人生知って、そんな自分が情けないです。
    我が身を振り返る機会になりました。
    てんちゃん、イオンさん、ありがとうございました。

    [ 2009/02/06 00:09 ] [ 編集 ]
    てんちゃん、そしていおんさん
    ありがとう・・・
    言葉にしようと思うと上手く言葉に出来ないのですが^^;

    生きた歳月よりもやっぱりどう生きたなのかな。
    愛されていることは、とても大切なことなのだと思いました。
    そして、心の中はいつもピュアでいたいです。

    これから看護士を目指す友人の娘さんが、身近にいます。
    いつかこのお話を読んで欲しいとまず思いました。
    ってか、来週受験なんですけどね。
    そして私の娘にもいつか必ず聞かせたいと思います。
    その前に、私がボケないようにしなくっちゃ><
    [ 2009/02/06 00:15 ] [ 編集 ]
    No title
    イオンさんこんばんは。

    連載が始まった時は、ちょうど私は息子の入院の付き添いで大学病院の小児病棟に居る所でした。
    うまく説明できないけど、突然の自分の子供の病気にとまどいながら、病棟の様々な現実を知って、色々な思いや不安を抱えている時でした。
    とても先が気になって携帯で見ていました。
    そして1回1回の内容に、何かヒントを貰っていたのか、今までの不安が薄らいで前向きになれた気がします。
    とっても漠然としている内容になってしまったけど、
    いつもありがとう。
    息子は、昨日無事に退院できました。
    まだまだ先は長いのか治ってくれるのか分からないけど、私は息子を愛する事が出来て幸せです。

    [ 2009/02/06 00:15 ] [ 編集 ]
    よかった...
    てんちゃんの最期が、幸せなものでよかったです。
    やはりてんちゃんは、愛に支えられていたんですね。
    看護師さんの愛、ちゃんと伝わっていたんですね。

    てんちゃんは、短い人生だったけど、多くのことを学んで、そして、天使に帰っていったんですね。
    やはりてんちゃんは、勇気のある魂だったんですね。
    こんな人間界にてんちゃんがいやけをささないで、見守ってくれるといいなーと思います。

    イオンさんも、この記事をかくのは本当に大変だったと思います。
    でも、最後まで書き上げていただきありがとうございました。

    私も、人間界のちいさなことにくよくよしないで、前向きに生きて生きたいとおもいます!
    [ 2009/02/06 00:26 ] [ 編集 ]
    イオンさん、この記事を書いて下さってありがとうございました。
    自分の五感でしか世界を実感出来ない私はどれだけ不遜な生き方をしてきたのか、思い知らされたようです。

    全ては繋がっている

    頭でっかちで観念だらけな私には中々、得られない感覚ですが、

    この連載でようやく腑に落ちました。


    イオンさんとてんちゃんの交流は私とてんちゃんの交流でもあると。

    思いとは大きな役割を担ってるのですね。

    [ 2009/02/06 00:59 ] [ 編集 ]
    この世に生まれて、先に去る者・この世に残る者。
    例えどんな形でこの世に生を受けたとしもて、この世に生を受けた以上、この世で過ご事にす何らかの意味があり今の自分もあるんだなと強く感じました。
    毎日が当たり前のように訪れ過ごす自分に流される事なく日々を大切に過ごさねばなりませんね。
    全てが帰る(魂が戻る)時に、自分が成すべき事が判るのかと思いつつ、今ここにこうやってイオンさんのブログにコメント出来る状態にある事を感謝します。

    難しく考えれば果てしなく難しい。
    が、ある言葉を借りるならば隣人を愛しなさいなのかな。
    (私はキリスト教ではないですけど)

    この世では辛いと思われる短い人生を全うしたてんちゃん。優しい歌の看護婦さん。心が通じ合えなかった看護婦さん。その他の方々。みんな出会えた事や過ごした時の全ての事に意味があるんですね。

    話のまとまりがつかなくなって来ましたが、イオンさん。
    この話を書いてくださりありがとうございました。
    [ 2009/02/06 01:20 ] [ 編集 ]
    この連載の初回のコメ欄で私は、「てんちゃん」を「天ちゃん」と書いてしまいました。
    でも、この最終話を読み、あながち間違いではなかったんだと知り、不思議な気持ちで一杯です。

    この世に生まれてきたもの全て、最期の形はそれぞれ違えど生をまっとうし、あの世に行かなきゃならないんですよね。

    だからイオンさんが、天ちゃんの生き霊を天ちゃん自身の体に戻したのは、間違いではないし、それは正しいことです。

    毎回思うのですが、イオンさんのお話しを読むと「原点回帰」って言葉が浮かびます。

    年齢を重ね、たくさんのことを学び、この世で上手に生きていく術を自然と身に付けつつある私ですが、その反面、心が汚れ、もともと持って生まれたであろう純粋さが失われつつあるのも、また事実です。

    イオンさんのお話しは、そういう私に心を見つめ直す、とても貴重な機会を与えてくれます。

    いつもありがとうございます。m(__)m
    [ 2009/02/06 01:31 ] [ 編集 ]
    ありがとうございます。
    命のすばらしさを改めて書いてくださってありがとうございます。

    涙が流れます。
    ありがとうございます。
    [ 2009/02/06 02:02 ] [ 編集 ]
    No title
    イオンさん、こんばんは。お礼が言いたくて久々のコメントです。

    私の子は、あることがきっかけで(自閉症の子なので推測するだけなのですが)、「自傷行為」といわれる行動が現れてしまって、痛いだろうにそんな行動をとるわが子を目の前にして私は途方にくれるばかりでした。

    「てんちゃん」の記事を読んでいて、てんちゃんが医療行為を受けている場面で涙が・・・。
    私は、子供がなぜそんな事をするようになったのか、どうしたらいいかばかりに目が行ってしまって、そうせざるをえなかった「子供の気持ち」をくんであげていなかったんですよね。痛いのは体じゃなくて心なのに・・・。

    大切な事をイオンさん、てんちゃんに教えてもらいました。イオンさん、てんちゃん、ありがとう!!
    [ 2009/02/06 02:22 ] [ 編集 ]
    生きた証。
     たまにニュースやドキュメンタリーなどで、不幸にも幼くして亡くなる命について考える時があります。

    この子達は一体、何のために生まれてきたのだろう。
    あまりにも短い人生に、どんな意味があったのだろうかと。

    イオンさんの今回のお話を知って、やはり生きている自分たちに一生懸命生きる事の大切さ、そして命の儚さを彼らに教えてもらっているんだなと思いました。

    こうして、てんちゃんの人生もイオンさんを通して多くの人が知る事が出来たという事で、てんちゃんの生きた証(役目)になったんじゃないかなと思いました。

    てんちゃんは素晴らしい役目を持って、この世に生を受けたのだと思いますよ。(^-^)
    [ 2009/02/06 03:37 ] [ 編集 ]
    No title
    良かったら来てください☆
    [ 2009/02/06 07:44 ] [ 編集 ]
    ありがとうございます。
    ずっと疑問に思っていたことに、答えをいただけた思いです。
    イオンさん、ありがとうございました。
    私もがんばります。


    [ 2009/02/06 09:14 ] [ 編集 ]
    天ちゃん
    お母さんの存在も体験することができなかった天ちゃん。
    イオンさんとこの世で会うことができて本当によかったね☆

    イオンさんとこの世のブログでお話できて本当によかった☆
    いつもありがとうございます。
    [ 2009/02/06 09:20 ] [ 編集 ]
    ありがとうございました
    v-238
    イオンさんにも辛いことがあったのに、聞かせていただき、
    ありがとうございました。
    涙があふれてきました。
    天ちゃんも、私たちのことをどこかで見守ってるれているのでしょうか?
    とても温かな気持でいっぱいです。
    今、元気に生かされてる人生に感謝です。
    自分のことで手一杯な毎日ですが、良い心で楽しく生きることを心がけていきたいと思います。
    いつも、忙しいのにありがとうございます。v-274
    [ 2009/02/06 11:49 ] [ 編集 ]
    天ちゃん。いおんさんに会えて本当によかったですね(T-T )( T-T)ウルウル

    長女が闘病中だった頃、同じ病棟に寝たきりの5歳位の男の子がいました。
    脳障害で笑う事も泣く事も勿論話す事もできない子でした。
    お母さんは若くてとってもきれいな方でした。
    そのお母さんは毎日面会に来て入浴や着替えが一通り終わると
    その子を暫く抱っこしてあげるんですね。
    自分が経験して初めて分りましたが、
    毎日休まずの面会って凄く大変な事なんですよ。
    で、他の方から聞いた話で驚いたのが、
    その男の子の筋肉についていろいろ調べた結果、
    寝たきりの状態でいるよりも、お母さんに抱っこされている時の方が
    筋肉が緩む事が分ったそうです。
    要するにリラックスしているんですよね。
    赤ちゃんがお母さんの背中におんぶされて寝ている感じかな。
    意思の疎通ができなくても身体はちゃんと応えている。
    だからお母さんは休まずに面会にいらしてたんですよ。
    「命」ってすごいんだなぁ。「つながり」ってすごい!って
    私はあの当時教えられていました^^


    >そんなどうでもいいことに、右往左往しなくていいんだよ
    そうだよね(T-T ) 私もまだまだです(T-T )
    息子に「かあちゃん、そんな事気にしない♪気にしない♪」と最近よく言われます。
    息子の方がいつの間にか受け流しが上手になってましたorz

    「気付き」の更新ありがとうございます(^人^)感謝♪

    [ 2009/02/06 12:13 ] [ 編集 ]
    (T^T)
    ただいま、大号泣中です…(/Д\)
    母親のぬくもりを知らなくとも、人のあたたかさを感じて亡くなったテンちゃん…
    私は何もできないけど、せめて我が子に愛情をたっぷりかけてあげよう(/_;)

    イオンさんいつもありがとう!
    [ 2009/02/06 13:04 ] [ 編集 ]
    こんにちは
    この春から うちの長女は 看護師を目指し看護学校に 入学します   てんちゃんの話を聞かせたいと思います    心のある 愛のある 看護師であり一女性に成長してもらいたいな
    いおんさん お話してくださり ありがとうございます
    [ 2009/02/06 14:24 ] [ 編集 ]
    。。。。
    最後まで読ませていただきました。
    とっても貴重なエピソードで、本当に感謝しています。
    他の方々同様、涙があふれてきました。心にひびいたんですね。
    頭で当てはめてあとから言葉で感想を綴ると違ってしまう気がします。

    少し話しはずれますが、
    子供を生むにあたり、そして生んでからも、
    いろいろな医療機関にかかわりましたが、
    本当に患者の立場に立てているお医者さんていなかったような
    気がします。

    そして、てんちゃんのような子供。
    正直、どういう状況の子供さんなのか想像がつかなかったので、
    YouTubeで調べてみたらやはりショッキングなものが沢山でてきました。涙がまたあふれてあふれて。。。。大変でした。
    そして、やはりみんな、「ただただ、生きていました」
    いおんさんがおっしゃるような姿の子もみることができました。


    ちゃんとしないと。


    本当に、ありがとうございました!!!!!
    [ 2009/02/06 16:10 ] [ 編集 ]
    No title
    涙が出ました。
    てんちゃんが、光のところに行ったと知って、
    安堵しました。
    いや、いろいろ複雑な思いはもちろんあるんですよ、
    幼い死にいく子供への医療行為について、など。
    でも、ふと思いました。
    私は一体何に執着してるんだろう、
    何にこだわってるんだろう、
    年とるごとに、生への執着ばかりが増えてきたように思います。
    子供の頃を思い出すと、今よりももっと「天」というか、神様のいる場所に近い所にいたように思う。
    なんでも自然に受け入れてたような...

    いろいろ考えさせられました。
    イオンさん、いつもありがとうございます。

    [ 2009/02/06 23:59 ] [ 編集 ]
    No title
    今まで「命」や「生きる」の記事を読むと辛かったです。
    何かあると、こんな人生の私、内心、生きててもしょうがない、あげられるんなら、命くれてやる、みたいな。
     でも今回は違いました。
    連載中はもちろん涙しましたが、
    辛くなく、
    「愛は偉大だ・・・」のいおんさんのつぶやきのところで、
    胸の奥がなんだかわからないけど、
    広がるのを感じで呼吸がまた楽になり、
    目を閉じながらキラキラパワーを勝手に想像し、深呼吸。
    愛って形はみえないけど、スゴイ、と思えた瞬間でした。
    それと「生きる」だけでもスゴイと思う。
    やっぱり去年からなんか変われたんだなあ。
    本質的には変わってないですケド^^。
    過去を思い出して文字にするのは辛かったかと思うけど、書いて下さってありがとう。
    てんちゃんもありがとう。



    [ 2009/02/08 22:45 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。