イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    Love letter from the sky

    やっと家に帰れたよ。
    やっぱり家はいいなぁ。

    初めて“我が家の匂い”があるって気がついた。
    君は分からないだろ?あはは。



    生前通りに家に普通にいて、いつものようにソファ(?だと思う)に座って、いつものようにテレビを見たり何かを読んだり。
    あまりにあっという間の出来事で、ご主人は時折「死んだ」ことを忘れています。

    いや・・・
    忘れたと言うより、「こうしていたい」一番の願望なのかな。
    柄のついたシャツでくつろいでいたり。

    スープですか?
    汁気の多い食事を好んでいたみたいですね。
    スプーンで何か食べてるシーン。
    お料理上手の奥さんの手料理は、いつだって大満足でした。


    やりたいことは、まだいっぱいあった。
    自分しかできないと思ってた。
    だから体の不調に不気味な予感がしながらも、そのままにしてきてしまったんだ。
    君のせいじゃないよ。
    ・・・何度言っても分からないんだよな、
    でもそういうヤツなんだよな。



    本当は何度もキャッチしていた不調を放置した自分を責めたいのに、
    それよりも奥さんに「君は悪くない」と伝えることに一生懸命でした。

    私は女だから男性の心理ってよくは理解はできないけれど、
    なんだか子供みたいになりますね。
    女だったら、現実的に
    「子供はどうなる?食事は誰が作ってあげる?」
    「銀行も保険の手続きも、何も引き継いでいないじゃない・・・」
    なーんてこと考えちゃうんですけどね。

    ご主人は子供のように、
    お見舞いの方々の心遣いを楽しみにして
    奥さんとのつながりに安心して。

    強い意思を持った方。
    責任感の強い方。
    きっとあらゆる方面から惜しまれていることでしょう。


    本当は大泣きしたいくせに、必死に耐えて笑顔でいたりして。
    このエクボに、出会った頃は本当にドキドキしたんだった。
    かわいらしかったよなぁ。
    若かったなぁ。
    楽しかったなぁ。

    一緒にいた時間、いつの間にか当たり前になっちゃってたよね。
    こんなに大事だったんだね。



    私が死に掛けたときは、子供のことばかりが頭にあったけど、
    ご主人の頭は奥さんが中心でしたね。
    この辺が男性と女性の違いかな。
    こんなにも安心感を与えてあげることのできた奥さん。
    心から尊敬します。



    大事な人たちの顔。
    声。
    ちゃんと見たい、ちゃんと聞きたいと思っていたのに
    だんだん頭がモヤモヤして、よく分からないのが残念だった。
    でもきっと、君たちのほうが辛かったろうね。
    しんどくて、ちゃんと謝ることもできなくてごめん。


    生前のように、手をぎゅっと握って
    「頑張れよ」
    「そっちもね」
    そんな風に、ずーっと変らぬ絆で永遠につながっていく。

    泣き虫だけど、その分感受性の強いあなただから、きっとそのつながりを実感できることでしょう。


    人徳ですね。
    horihoriさんは今、たくさんの人の“思い”に包まれていています。
    PCの画面の向こうで、たくさんの仲間が一緒に涙しています。

    辛いことも、たくさんあるよね。
    まだまだたくさん泣いてもいいよね。
    ゆっくり、元気になってね。

    ご主人のご冥福とともに、ご主人の自慢のhorihoriさん母子が幸せであるよう、静かに祈らせていただきます。

    私を含め、ここを訪れた人たちが、当たり前ではない日常の幸せに気づき、大切な人との時間をもっと大事にすごせますように。

    合掌。


    ※コメント欄の、貴重なご意見・ご感想に心より感謝します。
      ありが㌧&ごめんね。


    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    【地震予測メモ】初めての方は 「地震予測記事について」 を参照ください。

    ~~~~多忙につきアンテナダウン~~

    リアルスケジュールがかなり詰まっています。^^;
    アンテナ精度を落として、乗り切り中。

    予測(胎動12日目)
    [震源]国内遠方(まれに海外M7 or 被害地震)
    [大きさ]M6震度4クラス
    [注視日]次の体感感知より1・3・7日後


    休止中のようです。
    岩手宮城内陸地震のときは、一ヶ月胎動しました。

    茨城・福島の震度3程度の参考予測は、対応の発振はありませんでした。

    看板 巨大地震の感知はありません。

    アンテナ 本日までの体感
      低アンテナでの報告。

     通常体感
      千葉内陸の弱い体感があります。  
      
     遠方体感
      よくわからないです。

    ksk 地龍さん情報

      特に交信なし。
           
    犬~コギー~ 危機感はありません。

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△

     ← horihoriさんとは、泣き虫仲間 jumee☆faceA73
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2009/05/25 13:04 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(35)
    あうあう…(;_;)

    私も泣き虫です…(;_;)

    旦那様のお気持ちやhorihoriさんのお気持ち…

    辛いですよね…

    やりたいことがあっても生きられない悔しさ

    大切な愛する人を亡くしてしまった悲しさ

    出会った頃を思い出す旦那様のお気持ち。

    涙が止まりません。

    思いっきり、生きようと思います。

    どうか、horihoriさんにも旦那様にもご家族の皆様に、早く穏やかな日が戻りますように♪。・*:゜・.。・oΟ゜☆・。.。o○☆*゜¨゜゜・*
    [ 2009/05/25 13:31 ] [ 編集 ]
    No title
    私の父親も、病気が発覚してから2ヶ月くらいで、この世を去りました。旅立った日は晴れた月曜日の朝で、新幹線に乗ってやっと自宅に帰りついた私と妹が到着して数分後のことでした。

    horihoriさん、本当にステキな奥様で、旦那様とステキなご夫婦だったのでしょうね。
    泣きたいときは泣いていいと思いますよ。
    お嬢様も、きっとそう思っていらっしゃると思います。

    ぼーっとする時間も、絶対絶対大切だと思います。
    そういう、ときなんだと思います。

    先に旅立ったひとたちが安心して空から見ていられるように、
    皆様に穏やかさの戻る日まで、
    まずは、どうぞご自愛ください。
    [ 2009/05/25 13:54 ] [ 編集 ]
    (TT)
    だめだぁぁ~(TT)

    今日も化粧が全部とれてしまいまふ(ノД`)・゜・。

    [ 2009/05/25 13:54 ] [ 編集 ]
    本当に・・・
    本当にびっくりしたんだ・・・なんて言っていいか・・・病気なのも知ってたし入院してたのも知ってたから、でも良くなってるものと思ってたから・・・

    たくさん泣いて下さい、我慢なんてしなくていいからたくさん泣いて下さい。そして少しづつ元気になってまたみんなに会いに来て下さい。ずーーーとナカマヽ(^ー^)人(^ー^)ノだから・・・
    [ 2009/05/25 14:03 ] [ 編集 ]
    ありがとう
    。°・(>_<)・°。

    涙が止まりませんでした。

    horihoriさんイオンさんありがとう(;_;)

    当たり前ではない日々、手を握れば主人や子供達のぬくもりを感じられる。
    家族に囲まれて温かいお布団で寝ることができる。
    安静中の私に代わって、慣れない料理や洗濯をやってくれる人がいる。

    妹のトイレを手伝ってくれる長女。

    私のお腹に頭をのせて甘えたいけれど、我慢して クッションを持って私に寄り添ってくる3歳の次女。

    まだまだあるけれど、書ききれないくらいの沢山の愛に包まれて生活しているんだなぁ…ということを改めて実感することができましたm(_ _)m

    horihoriさんありがとう。そして心にポッカリとあいた穴が、沢山の愛でうまる日が早く訪れますように…
    [ 2009/05/25 14:22 ] [ 編集 ]
    ・・・・・・・・・・・・。
     ・・・・・・・・・・。

    何を言おうか、何を書こうか。

    ・・・・・・・・・・・・。

    十五分ほど前にコメントを書き入れていましたが待ちました。
    今日、いおん嬢がどういう記事をアップしてくれるのか?・・・と

    ・・・・・・・ですね。何も言うことはない、言えない。

    じぃも幼稚園児の子供二人を残して、死ぬ覚悟をしたことがありました。

    これからは何も手を差し伸べることはできないかもしれないけれども、お前や君たちを守ってあげたい思いは今まで以上なんだよ、 と伝えたかったし、
    寂しいだろうけど悲しまないで、どうか悲しまないで、・・・・そう伝えたかった。

    じぃのおいっこも三十代で乳がんなんや。独身のまま転移の恐れを抱きながら、それでも明るく生きていてくれる。
    じぃはそんなおいっこにガンバレとは言えない。
    ただいてほしいだけ。
    じぃのわがままだけなのかナァ。


    [ 2009/05/25 14:34 ] [ 編集 ]
    No title
    ココを開くたびに、うれしくて、切なくて、うれしくて、
    泣けて泣けてしょうがないです。
    これ、うちのパパです。会えてうれしい。切ない。でもうれしい。
    ホントに私は幸せ者です。

    リアルでも、ネットでも、
    イオンさんや、皆さんが、
    それぞれの想いを背負いながら、明るく頑張っている姿が、
    私に頑張る力をくれたんだと思っています。

    イオンさん、リンク張ってくれた群ちゃん、
    そして皆様、本当にありがとう!m(_ _)m
    早く元気になるね。
    そしてそして、こんな出会いをくれた、うちのパパ。
    本当にありがとう。大好き。
    [ 2009/05/25 17:50 ] [ 編集 ]
    今、病気と向き合っている自分と重なり涙しました家族や日常の大切さをイオンさんから教えて頂いていましたが、自身は本当の意味でわかっていなかったのだと・・痛感しました
    horihoriさんのブログを見て、家族の大切さ、日常の、生きていることの大切さ、助けあって生きていること、感謝すること。
    改めて教えていただきましたありがとうございます。
    初めてアクセスさせていただきましたhorihoriさん、旦那さまのご冥福をお祈りいたします。
    [ 2009/05/25 18:55 ] [ 編集 ]
    horihoriさん
    ご主人今はご自宅に帰っていらっしゃるんですね。お疲れでしょうがご主人との静かな良い時間を過ごされますように。
    horihoriさんがどんなにか頑張っていたかもよくわかってくれていたのですね。
    今回horihoriさんにたくさんの大切なことを教えていただきました。
    ありがとう。

    イオンさんもありがとう。
    [ 2009/05/25 18:59 ] [ 編集 ]
    少しでも…
    元気になってくれれば…
    先に逝ってしまった(まだ、お近くにいらっしゃいますね)方たちも
    安心して、待っていてくれると思います…

    泣きたい時は「泣く時」として
    泣いちゃって、いいと思いますよ…

    そうすることによって、少しずつ、受け入れることができました…

    頑張れなんて言いません…
    少しずつ、受け入れていくことと…
    あなたは独りじゃない…それだけを覚えていてくれれば…

    大丈夫…ですよね?

    #うまく伝えられません…(-_-;)ごめんなさい
    [ 2009/05/25 19:09 ] [ 編集 ]
    horihoriさんへ
    ステキなだんな様ですね。

    お2人の、そして家族の関係は途切れたわけじゃない。

    これからも、だんな様の想いを大事にしてくださいね。

    きっと絆はこれからもまだまだ繋がっているんだから。
    [ 2009/05/25 19:32 ] [ 編集 ]
    思わず涙がでました。horihoriさん素敵な旦那さまですね。お互い思いやる心が宝物なんだと改めて教えていただきました。ありがとうございます。horihoriさんに旦那さまの気持ちが伝わってホントによかったです。
    [ 2009/05/25 22:29 ] [ 編集 ]
    ありがとう♪
    もちろんお会いしたことないんだけど・・・
    不思議と情景が目に浮かびます
    ご主人様の思いも伝わってきます

    たくさんの事を学んだ気がします

    horihoriさん、いおんさん、皆さん
    ただ・・ただ・・ありがとう(*^^*)
    [ 2009/05/25 23:00 ] [ 編集 ]
    No title
    本当に大切な人を亡くすのは、身がちぎれる想いですね。
    私も母を亡くして、年数がたち、忘れるどころか逢いたくて逢いたくて。自分が死ぬなんて思っていなかった母。だから最後のお別れの言葉も交わせないままで、それが今だに断ち切れない原因なのかな?気持ちではわかっているけど、子供を連れて実家に帰る友達を見るのがつらい…ほんとにつらい…。寝たままでもいいから、生きていてほしかったな。花嫁姿見せたかったな。孫を抱かせたかったな。ただただ思います。でも遺すほうはもっとつらいんですよね。ついつい母の方に目をむけてしまいがちですが、優しい旦那さん 笑顔ばかりのこどもたち、あたたかいぬくもりを大切に歩まなければならないですね。
    horihoriさん、旦那さまは幸せだったんですね!私も見習い、安らぎを与えられるように当たり前ではない毎日を噛み締めて生きたいと思います。旦那さまのご冥福をお祈り申し上げます。頑張ってくださいね。
    いおんさんいつもありがとう。もし母に会ったら、時折メソメソしながらも、周りに支えられて頑張っていることを伝えてもらえますか?母のメッセージも聞きたいです…
    [ 2009/05/25 23:28 ] [ 編集 ]
    じょば~
    涙腺決壊!


    °・(ノД`)・°・


    ホント素敵な方ですよhorihoriさんて♪優しい笑顔に惚れただんな様の気持ちわかる(笑)

    だんな様くつろぎモードで見守ってるのね、やっぱりすぐそばにいるんだ☆ さぞや涙を拭いてあげたい事でしょうね。

    いおんさん、記事をありがとう…。・*:☆ だんな様がメッセージを伝えられて良かった。horihoriさんにネットを薦めておいて良かったね、だんな様!

    horihoriさん、ゆっくりゆっくりね。・*:☆そしてありがとうですm(_ _)m
    [ 2009/05/25 23:53 ] [ 編集 ]
    人は生まれてより・・・
    人は生まれてより、刻一刻と死へ向かっている訳です。
    それはどんな人であっても避けられません。
    健康でいられる事が、どんなに恵まれているか。
    体調が悪くならない限り、自分も気づく事が出来ないでしょう。

    生きている内に、感謝を伝えなければなりませんネ。


    [ 2009/05/26 00:20 ] [ 編集 ]
    こんばんは
    horihoriさん、きっとまだまだまだまだ、涙でちゃいますよね。でもとってもホカホカあったかい涙ですね。
    少し離れた空の下で私も皆さんの文章を通して、ホカホカ涙を流してます。
    イオンさん、皆さんに出会えたこと、すべてにありがとう。
    horihoriさん
    さぞやお疲れのことと存じます、ゆっくり休まれてください。
    ありがとう*・゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜・*○
    [ 2009/05/26 00:52 ] [ 編集 ]
    初めまして
    イオンさん初めまして。みぃにゃんと申します。
    昨年の秋頃から拝見させてもらっております。いつの間にかここを毎日訪れるようになりました。いつも素敵なお話などいろいろありがとうございます!これからも拝見させてくださいね。読み逃げばっかりしてしまうかもしれませんが…

    horihoriさんの旦那様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    ひまわりさんへ
    初めましてみぃにゃんと申します。私も4年前に母を亡くしました。亡くなったその日は普通に「行ってくるわね」と出かけて行き、出先で脳内出血で倒れ、そのまま天国へ旅立ってしまいました。
    あまりの突然のことでしばらくはわけがわからない毎日でした。何でいないんだろう…って…帰ってくるんじゃないかなぁ…って…
    でもだんだん落ち着いてきてからは後悔ばかりで、他にも辛いこととかあったりで、心が壊れてボロボロになりました。
    でも周りに助けられ救われたこともありました。
    今もまだちょっといろいろ辛いことがありますが、ここに出会って、少し癒されてます♪
    本当に大切な人を亡くすのって辛いですよね。わかります。ひまわりさん頑張ってくださいねo(^-^)o
    私はなかなか前に進めないけど、ほんの少~~~しずつでも頑張っていきたいです。
    私も母に花嫁姿見せたかったな~…もちろん孫も抱かせてあげたかったな~…
    これはまだまだ先になりそうです…(^-^)

    ひまわりさんの気持ちがすごくよくわかるし、全く同じだったので思わず書き込みさせていただきました。
    長々となってしまいすいませんm(._.)m
    [ 2009/05/26 01:00 ] [ 編集 ]
    私の場合
    夫が起きてこないので 寝室に見に行ったら、息していなかった。
    119番に電話し 夫の胸を押し 息を吹き込みながら 覚悟を決めた。
    期末試験中の下の子は とりあえず 登校させ、
    上の子は救急車の到着を外で待たせた。
    頭の中は これからのことで 一杯。
    連絡すべき所、葬式のこと、子供達のこと、経済的なこと…
    その時点では 悲しむ余裕なんぞ なかった。

    ・子供の前では 泣かない。
    ・何があっても 前向きに考える。

    この2つを決めて 守ってきた。

    … あれから 数年。
    仲のいい単身赴任家庭のような感じで なんとかやっています。
    そう。夫は あの世に単身赴任中。
    いつか逢える、と思っています。
    遺品がなかなか片付けられないけど、まぁ そのうちに ね。

    horihoriさん
    身近な人を亡くすのは、辛く 悲しいことだけど…
    大丈夫。
    支えてくれる周囲のたくさんの手に気づけば、絶対 乗り越えられますよ。

    私も そうでしたから。
    [ 2009/05/26 01:41 ] [ 編集 ]
    No title
    私も思春期まっただなかに母を突然亡くし。。
    10年以上たった今も逢いたくて逢いたくて。
    社会人になってからの話を聞いてほしくて。

    周りには親がいて、親に支えられて当たり前の人達。
    羨ましくて、自分がひとりぼっちに思えて。

    でも、イオンさんのblogに出会って
    いつかまたお母さんに逢えるかな。
    その時に「成長したね。」って言ってもらえるようにならなきゃな。
    って思えるようになりました。

    イオンさん、いつもありがとうございます。

    horihoriさんとだんな様、温かい絆が見えた気がしました。
    きっとみんな、大切な人とは繋がっていますね。
    [ 2009/05/26 02:33 ] [ 編集 ]
    イオンさんいつもありがとです。今回改めて、カミさんの事大事にしなきゃと思いました。horihoriさん、旦那様のご冥福をお祈りいたしますm(u_u)mたいして役に立たないでしょうが、応援してますよ(^-^)/いや~しかし、コメンテーターの皆さんも含めて、女性って凄いですね、かないません…
    [ 2009/05/26 08:25 ] [ 編集 ]
    horihoriさん
    どう言葉を掛けていいのか・・・
    何も見当たらないまま、一晩がすぎてしまいました。

    素敵な旦那さまですね
    そしてhorihoriさんをこころから愛しるんだなぁ
    本当に本当に、素敵なご夫婦

    時間は掛かるかも知れませんが
    ゆっくりゆっくり元気になって
    旦那さまご自慢の素敵なエクボを見せてあげて下さいね

    私も頑張らなくちゃね

    horihoriさん、イオンさんありがとう^^
    [ 2009/05/26 09:08 ] [ 編集 ]
    No title
    みぃにゃんさん、はじめまして!ひまわりです。コメントありがとうございます。ホントに全く同じ気持ち…。
    普段は前を向き頑張れている事でも、気持ちが弱ったときや子育てで息詰まったとき、周りの皆が親に頼っているとき、ついつい後ろ向きになってしまいますf^_^;今はちょっとその時期でした。やはり母は偉大ですよね。居てくれるだけでよかったなんて事、亡くしてから気付いてしまったことが本当に悔しいです。でも、母が亡くなってから出会った主人が、妊娠したとき検診には必ず休んでついてきてくれたり、産後は休みをとって家の事をしてくれたり、子育てをよく手伝ってくれたり
    と 考えればありがたいんです。だけどやはり初めての子育ては不安で、当たり前の日常には目を向けれずに、人を羨み、後ろを向いている自分がいました。でも、いおんさんのブログに出会い、当たり前ではない日常に、主人の優しさが当たり前ではないことに、少しずつ気付けたような気がします!
    でもたまに弱りますが…f^_^;みぃにゃんさん ありがとう!ついついこんな想いをしているのは私だけみたいに思えてしまいます。でもなんだか、みぃにゃんさんの頑張ってる姿に触れて私もがんばろ~って思えました!
    お互い、周りにある当たり前ではない日常に目を向けて、
    そしていつか母に出会えたときに よくがんばったねと抱きしめてもらえるようにがんばろうね!!
    私たちは同じ気持ちだから頑張れるねっ。ありがとう!
    カナさんも頑張ってね!
    イオンさんや皆さんがいるココは実家のようなかんじです!
    [ 2009/05/26 10:09 ] [ 編集 ]
    No title
    いおんさんへ

    いつもありがとう!
    以前より鍵コメントがあいていたときに、私はイオンさんへ母へのやりきれない想いをコメントしてきました。でも、鍵コメントをしめるときに イオンさんは、鍵コメントをする皆さんにむけて、公開する勇気をもってほしいから 前に進んでほしいからっと、ブログ内で書いてくださいました。それに後押しされ 母へのふつふつとした想いを公開コメントに時折、書いてきました。そのおかげで今回、みぃにゃんさんや同じ想いをされている皆さんの気持ちに触れて、私は確実に前に進めそうな気がしました。一人じゃないし、当たり前ではない日常があるから。母はそれを望んでいるのだと想います。いつか必ず母に会えるのなら、私はそれまで 毎日を大切にがんばります。でも 母の事があったから子供たちに同じ想いをさせないように、健康に気をつかい、何かあればすぐに病院に行くようになったのも事実です。母の死を無駄にしないように、頑張っていきます。
    公開する勇気をありがとう!
    追伸…でもたまには弱るかも…そのときはまたココに想いを出させてください!
    [ 2009/05/26 10:24 ] [ 編集 ]
    クヨクヨしたっていいじゃない
    horihoriさん、初めまして。きっと、お辛い事と思います。
    正直に言ってしまうと、何と声をかけたらいいのか分かりません・・・。

    いおんさん、この場をお借りして私事を書かせていただく事をお許しください。

    私は、母を8年前に亡くしました。調子が悪いと言って
    病院に行き、そのまま入院。そして2ヶ月後に旅立ちました。当時新婚だった私に”早く子どもを作りなさい”と言っていた母に、私は”まだ、2人で楽しみたいのよぉ~。”なんて言っていました。 母が亡くなった時私は妊娠4ヶ月でした。私は自分に必死に言い聞かせました。”悲しんじゃいけない、泣いちゃいけない、お腹の子どもに障るといけないから・・・。”それでも母の事を毎日考えてしまいます。”母は自分の死に納得しているのだろうか?”もし違う病院に行っていたら、結果が違ったかもしれない。””本当にあの治療法で良かったのだろうか?もっと他の方法もあったのでは?””私は母に精一杯の事をしていただろうか?”グルグル私の頭の中で回ります。それは今でも同じ・・・。その度に自分に言い聞かせてました。”クヨクヨしてたらダメ!泣いちゃダメ!私は母親よ、もっと強くならなきゃ!○○しっかりしなさい!!”って。でもある時、お稽古の先生(70代、女性)から、”30年前に亡くされたお母様の事を今でも考える。病院はあそこで良かったのか?治療法はあれで良かったのか?もっと早く気づいていれば・・・って。そう思いながら泣く事もあるのよ。”という話を聞きました。そして私は”自分がクヨクヨするのはいけない事ではない””無理にがんばらなくてもいいんだ!”って思えたのです。そして、自分の中で約束しました。”クヨクヨしたっていいじゃない。でも、クヨクヨした後は少しでもいいから必ず前に進む事!”って・・・。つい最近もクヨクヨしました。子ども2の運動会にお友達のおばちゃんが観に来ていて、お母さんとおばちゃんの横顔がとっても似ていたの・・・。母の友人に会う度に”お母さんの若い頃にそっくり”と言われる私は、彼女みたいに母と並んだら似ているのかな?とか、母が元気だったら間違いなく観に来て、誰よりも元気よく応援してくれただろうなって・・・。そしてチョット泣きました。私は思います、”クヨクヨする事もあるけれど、それだけ大きな愛情を持って育ててくれたんだ・・・。私も負けてはいられない!と。”


    [ 2009/05/26 10:56 ] [ 編集 ]
    さっき horihoriさんのところで ご主人へのお手紙を読んできました    お二人の絆の深さうらやましく思いました うちのだんな様は40代後半の働き盛り 一人単身でがんばってくれてます 私のまわりにはこれくらいで突然死されたかたが多く気がかりでなりません 毎日一緒に暮らしていても 都祈さんのように朝起きたら・・・ということもあります     病気だってもしかしたら気づいてあげられないかもわからない だから毎晩の電話 朝のメールかかせません  最近の私の不安とhorihoriさんのことで ほんとに考えさせられました 
    縁あって結婚して離れて暮らす彼との絆もっと深めたいと思わせてくれたいおんさんhorihoriさんに感謝です
    [ 2009/05/26 11:26 ] [ 編集 ]
    ありがとう
    ひまわりさんへ

    ひまわりさん、ありがとうございます!私も母が居なくなってその偉大さにホントに気付かされました。 
    母は強し!母はすごいです!
    こうやってここでいろんなことに気付けたこともひまわりさん、そしてイオンさんやコメントを書かれているみなさんのおかげですよね(^-^)

    イオンさん、ひまわりさん、みなさんに感謝ですm(._.)m

    私もひまわりさんのステキな旦那様のような人に早くめぐり会いたいで~す(^∀^)
    [ 2009/05/26 15:58 ] [ 編集 ]
    晴れ☆さんへ
    初めまして。うふふ@千葉と申します。
    晴れ☆さんのコメントをみて我が家と同じと感じたので
    コメントさせていただきます。

    我が家の主人も40代半で、単身赴任中(正確には長期出張)で、2~3ヶ月に1度、1週間程帰宅するという感じです。
    離れていると、”喉が痛い”という事だけでも顔が見えない分、心配がつのります。朝、電話をした時に元気のない声を聞くと、これまた心配になります。(ただ眠たいだけの事が多い様ですが・・・。)飲み慣れた薬や栄養剤は持って行っているけれど、ちゃんと飲んでるかな?朝の忙しさにかまけて飲み忘れていないかしら?
    ご飯はちゃんと食べているだろうか?きちんと睡眠は取れているだろうか?精神的に辛い事はないだろうか?
    等々・・・。心配は尽きません。気分は母親?みたいだけれど、きっと主人にすぐ甘える私を鍛えるための試練?なのかも知れません。

    次に帰国した時は、赴任の手続きをしなきゃいけないかも。と言われ、不安な気持ちでいっぱいです。(会社の方針で、鳥インフルエンザの流行に備え、家族の帯同は禁止なんです。)そうなると、期間は?1年に何回会えるのかな?子ども(2人)は大丈夫か?とか色々考えてしまいます。
    でも、晴れ☆さんが書いていらしたように縁あって結婚した私たちですから、なんとか乗り切れるのかな?乗り切らなきゃいけないのかな?がんばるぞ~!!って気持ちになりました。有り難うございました。

    お互いの心配が杞憂でありますように!

    [ 2009/05/26 16:43 ] [ 編集 ]
    うふふ@千葉様
    目に留めていただきありがとうございます
    長期出張とはいえ 海外なのでしょうか? 私は九州で主人は昨年1年間は仙台 今年4月にお隣の県まで帰ってきました あと10年くらいは国内を転々としそうです  今は週末は帰ってきてくれてますが 仙台のときは1、 2ヶ月に1回でした まして2~3ヶ月に一度となると う~んお気持ちお察しします
    心配ばかりしても仕方ないのですが それも私の仕事かなと思っています    私にも子供が2人(18歳 16歳女の子)がいるのですが 私の心のうちや 経済状態 主人ががんばってくれてることなど話をしますとかえって たくましく育ってくれたようです
    今は 赴任地に家族でいくのが楽しみです
    これもきっと私たちの運命 お互いに顔を上げてがんばりましょう!
    [ 2009/05/26 17:23 ] [ 編集 ]
    ひまわりさんへ
    ありがとうございます!

    ほんと、ここには実家のような温かさがありますよね。
    こんな温かい場所と温かいひと達に出逢えたことに感謝感謝です。

    私も温かい家庭を築けるように。
    まずは自分から温かい人にならなきゃですね(^-^)
    [ 2009/05/26 18:25 ] [ 編集 ]
    カナさんへ☆
    ありがとう。カナさんとの想いも全く同じです。
    私も家族が居ても時折ひとりぼっち感に苦しみますよ!
    親を頼ってる人をみると特に!でもカナさんやみぃにゃんさんたちと同じ想いを共有出来て、次、ひとりぼっちかも…と思ったり 周りの友達を羨んでしまったときは、いやいやカナさんやみぃにゃんさん達も頑張っているっ!って立ち上がれそうな気がしますっ。だからお互い そう思って立ち上がりましょうね!なにより私たちには、こんなに暖かいココという実家があるし…(お母さんはイオンさんですね!)
    寂しくなったらココに来たら大丈夫よね!がんばろ~!またココで私を見かけたときは気が向いたら声をかけてくださいね~!
    [ 2009/05/26 21:22 ] [ 編集 ]
    No title
    イオンさんのブログ、禁断の森の頃からお世話になってます。
    ずぅ~とロム専でしたが・・・

    何年か前に、た○吉さんおすすめの「walking tour」というflashを
    思い出したので、ここにはっておきますね。

    http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.html

      ( ↑ 日本語のところをクリックすると始まります)


    horihoriさんの旦那様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    そして、大切な人を亡くした方々へ・・・

    こころ穏やかな日々が一日でも早くおくれますように・・・


    [ 2009/05/27 00:13 ] [ 編集 ]
    何を書きたいか
    あまり頭の中で整理できないのですが

    これだけは言えます
    holiholiさんの旦那様
    ご冥福をお祈りします
    [ 2009/05/27 01:01 ] [ 編集 ]
    No title
    涙腺が破けてしまいました。
    horihoriさんは、
    とてもとても愛されていたんですね。
    とてもとても愛していたんですね。
    本当にすてきなご夫婦。
    何だかうまく言葉になりませんが…
    ご主人のご冥福を心からお祈りいたします。
     
    いつも思うのは自分がその立場になった時、どんな風に送られるのか。送ってあげられるのか?
    今の生き方に、毎日に、心根に、ハッとさせられるのです。
    これでいいのか自分!?みたいに。
    胸を張って真っ直ぐ見つめられると逃げたくなってしまうような気になる事さえあります。日々の事々に悩みながらもそのまま過ごし、卒業する時に答えが分かるのかもしれません。
    その時に後悔しないように、自分にも、夫にも、子供にも、親にも、友達にも、精一杯「良い心で楽しく」生きていきたいと思いました。

    イオンさん。horihoriさんありがとう。

    [ 2009/05/27 10:04 ] [ 編集 ]
    感謝!m(_ _)m
    horihoriです。
    皆様、お悔やみ、いたわり、励まし、応援、素敵なリンク、
    本当に本当にありがとうございます。m(_ _)m
    大切に読ませていただいています。

    身近な人の死は、本当に心痛むものです。
    さみしくて、心がぎゅっと潰されるような…

    でも、でも、今、私は生きてこの世にいます。

    涙をふいて、ちゃんと生きていくことが、
    夫にも、イオンさんにも、皆様にも、
    ご恩返しできる方法かなって思っています。
    そして、それが、誰かの支えになればうれしいです。

    イオンさんの、「良い心で楽しく」。
    病院に通っている時も、よくそれを思いました。

    今、目の前には、まだちゃんと夫がいる。
    先のことを考えるより、
    今この瞬間を、彼と共に、良い心で楽しくすごそうって。
    だから、笑顔でいられたんだと思います。
    (大泣きもしたけど^^;;;;)

    今週末には新しい保険証も届きます。
    一家三人、私が世帯主です!^^
    がんばります!^^

    皆様、本当にありがとうです!m(_ _)m
    [ 2009/05/27 15:33 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。