イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    インフルエンザを甘く見ないで

    *ちょっとつぶやき*

    コマネチパンダ コマネチ!


    ・・・・・。


    高速コマネチパンダ 超高速コマネチ!!!


    ・・・・・・・・・・。

    ノーコメントで本文いきます。(笑)
    (携帯からの方、よく分からなくてごめんなさい)
    **********

    新型インフルエンザ、イオン家周辺では猛威をふるっております。

    子ども1の学校では、違う学年が次々と学級閉鎖に。
    子ども2も同じクラスの子が先週罹患して、小さなクラス(5人)はピリピリ状態。
    子ども3の学校も学年ごとに学級閉鎖のクラスがあり、毎日帰ってきてまずする会話が
    「今日は何人お休みしたの?」
    だったりします。

    軽く済む子は普通の風邪程度で終わってしまうようで
    「ワクチン代払うより、軽くうつったほうがいいよね」
    なんて言うお母さんもいます。^^;

    いやいや、そんな簡単にあなどってはいけません。
    通常のインフルエンザ同様、重症化する子どももいるのですから。

    特に怖いのが「インフルエンザ脳炎・脳症」です。
    発熱から数時間~1日以内に発症することが多いので、まさに「あっという間」でしょう。

    イオン自身も、インフルエンザではありませんが、ありふれた病気で子どもが脳炎を起こした経験があります。
    かかりつけのベテランの小児科医でさえ
    「軽快してきたから、もう大丈夫ですよ。お薬ももういらないでしょう」
    と見落としたかすかな症状でした。

    母親の勘で頼み込み、「お母さんの安心のために」と書いてもらった紹介状。
    車をすっ飛ばして駆けつけた大病院で、待合室でみるみるうちに進行していった意識混濁。
    診察時には、最優先の検査にまわされ、即入院の即治療開始でした。

    目の前で、我が子が意識を失っていく。
    正直、もう駄目かと思った・・・。

    幸い早期治療が功を奏したのか、子どもは劇的な回復で私の元へ戻ってきてくれました。
    できることなら、もう二度と経験したくないし、誰にも経験させたくない。

    実は私には、インフルエンザ脳症でお子さんを亡くした友人がいます。
    毎日、仕事と育児の板ばさみでイライラし、良いお母さんになれないことに悩み苦しんでいた友人でした。
    しかし、そんな悩みですらどれほど貴重で贅沢な時間であるのか。
    友人の悲しみは、私の心にも容赦なく「奇跡のような日常生活の大事さ」を叩き込んだのでした。

    こんなことを書くと、必要以上に神経質になってストレスを増やしてしまいそうなのは分かっているのですが・・・。
    勇気を出して、一回だけ書いておこうと思います。

    大事な人の、「いつもと違う様子」を敏感に察知しよう。
    直感を信じよう。
    言い訳に流されて後悔するよりも、勇み足を後で笑い話にすれば良いから。
    あなたの大事な人を、守っていこう。

    もちろん、基本は「良い心で、楽しく♪」。
    病気も災害も事故も失敗も、みんな笑いで吹き飛ばせーーーー!

    高速コマネチパンダ 高速コマネチパンダ 高速コマネチパンダ 高速コマネチパンダ 高速コマネチパンダ ← つーかこれ、見てるだけで疲れます(笑)

     ← 疲れたら寝るのが一番♪眠いパンダ
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2009/10/20 01:02 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(39)
    こんばんは[e:257][e:330]
    イオンさん、いつも更新楽しみにしています

    インフルエンザが心配で、9か月になる双子は健診以外はほとんど外出させてません長男(小1)・長女(年中)が帰宅すれば、我が家もまず「今日はお休みいた」です
    ワクチン接種も不安があるし……

    早く平穏な日々が訪れますように
    [ 2009/10/20 01:52 ] [ 編集 ]
    ワクチン接種
    イオンさんこんばんわ^^
    1歳8ヶ月の娘がいるのですが、正直ワクチン接種迷っていました‥。
    でも、イオンさんのblog読んで接種しようと決意しました。
    「ワクチンさえ打っておけば‥」と後悔したくないので‥。
    背中を押して下さりありがとうございますm(__)m☆
    [ 2009/10/20 03:38 ] [ 編集 ]
    ありがとう
    我が家の息子君、今日から学級閉鎖・・魔の6連休で、どうしよう~~って、考えていました。
    でも、元気でいてもらうための事だものね。
    「良い心で、楽しく♪」がんばろう~~~
    でも、でも・・課題のプリント真面目にやらせるのって至難の業です・・・う~~ん、良い心・・良い心・・・
    [ 2009/10/20 05:45 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    脳症私もこわいなと思っています。貴重なお話ありがとう…子供がそうなったらと思うとハラハラしますよね。そうそうコメント欄で前に「ヤクルトいいよ♪」って話が出て以来ずっと毎日2本のヤクルト(時々類似品も~)を続けています♪ありがとね~

    あと、エッセンシャルオイルを使って家の中のウィルスをやっつける対策がいいよ~とお友達に教えてもらってからは、帰宅したらディフューザーでフワワ~ンとオイルをおうちの中に広げてます。

    寝るときもお部屋に少しだけ広げたり、足の裏に塗ったり♪気持ちいい対策で気に入っています~。オススメですよ~☆
    [ 2009/10/20 07:04 ] [ 編集 ]
    怖いです(>_<)
    インフルエンザ、息子のクラスに徐々に出てきています(´Д`)
    イオンさんと同じで、帰ってきた息子に『今日は何人 お休みだった?』っていうのが 癖になっています。
    我が家もヤクルトを一日二本必ず飲ませていますが、最初は喜んでいたこどもたち…こう毎日毎日出ると見るのも嫌f^_^;になるみたいで『飽きた~』と言ってますが、お薬になるのよ!と、無理矢理流しこませています(-_-メ)ちょっと糖分が気になりますが…。
    ホントに毎回熱を出すたびに うるさくてもいいから元気が1番って思うのに、あたりまえの日常に流されて いつもいつもその当たりまえの幸せを忘れてしまう…
    そしてまた病気をするたびに思う…。皆が元気でいるときこそ、大切な時間だと思わないといけないですね。
    イオンさんに出会ってあたりまえの幸せがより貴重になりました。
    本当にいつもたくさんの気づきをありがとう!!感謝してます。インフルエンザ怖いけど…ここにくると和らぎますね~!
    イオンさんとみなさんがいるからですね!これまた当たり前ではなく、良い出会いです( ^^)Y☆Y(^^ )ありがとう!
    [ 2009/10/20 08:38 ] [ 編集 ]
     
    私の周りにも、インフルエンザの影が忍び寄ってきていますe-447
    息子は1歳3ヶ月ですが、毎日心配で心配で。。。自分が仕事をしている
    ので、息子は保育園に通わせているのですが、その事が息子を危険に
    さらしてるのではないかな~・・・とか、考えてしまいます。

    少し前の休日、息子が夕方から突然40度近い熱を出し、急激にぐったりしてきたので、
    とてもあせり、休日夜間の病院に連れて行くと2時間半待ち・・・待合室のイスには
    ぐったりした子どもがたくさんいて本当にぞっとしました。
    息子も途中何度も吐いて、インフルエンザだったらどうしよう・・・脳症などに
    なったらどうしよう・・・と、泣きたい気持ちでした。

    幸い、インフルエンザではなく、症状も2日後には回復しましたのでほっと
    しましたが、元気にいたずらをし、私をイライラさせてくれる息子をみて
    イオンさんと同じ様に、こんな風にイライラできるのも幸せなことだなぁ。。。と
    しみじみと考えていたところでした。

    どんなにベテランのお医者様より、愛情を注いで毎日子どもをそばで見ている
    ママの方が、その変化や異変には気付きやすいものなのかもしれませんね。
    私も「おかしいな?」と思ったら、周りの意見に流されず自分でたくさん
    勇み足を踏んでいこうと思いますi-199
    [ 2009/10/20 09:39 ] [ 編集 ]
    こんにちは(^∀^)ノ
    娘のクラスも今日まで学級閉鎖です(´д`)
    息子のクラスは昨日初めて1人新型が出ました。
    学習発表会も延期の危機で、児童は全員強制マスクです(><)
    臭いに超敏感な息子はマスクの臭いが嫌いで息子の表現でいくと「油の腐ったにおい」のマスクか、「古い水のにおい」のマスクで迷い、腐った油マスクを選びました(^^;)
    紫外線に当たると付着したウィルスを浄化してくれるという使いまわせるマスクで、確かに日光に当たると金属っぽい臭いがします。
    軽く消臭芳香スプレーをかけたんですが、余計気持ち悪いような…
    ミントの香りがするようなマスクもあるらしいので探してみなければ!
    新型は症状が様々で進行が急激なのも特徴のようなので、ちょっとの変化も見逃さないようにしないといけませんね。
    仕事で朝と夜しか子どもの顔を見れませんが、それでもしっかりみてあげたいです。
    明日は季節性のインフルワクチン打ってきます☆
    (先週受けたかったので2週間前に予約を入れたのに、打てるのは明日になってしまいました。混んでるのでしょうか??)
    [ 2009/10/20 11:09 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    先週末、娘が罹患

    家も脳症一歩手前でした
    薬服用後も二日間高熱が続き、激しい頭痛に異常行動も多々。先生も落ち着いてから「最初は何とも言えずイヤな感じだった」と言ってました
    夜中、娘の背中をさすりながら、どうかインフルちゃん娘の体から出て行って~と祈りました

    夜中、加湿器と空気清浄機、それと、娘が赤ちゃんの頃から大好きな曲をかけていました
    主人も、大活躍してくれたお陰で今は煩わしくらい元気になった娘です(今週は学級閉鎖)

    本当に久々に、怖い思いをしました
    [ 2009/10/20 12:52 ] [ 編集 ]
    新型
    皆さんこんにちは
    私がお母さんになったら、子どもをよく見て、日常に感謝して、その幸せを全力で守りたいです(o^_^o)
    来月は小学生を教える立場になるので、一人一人の些細な変化も見逃さないよう頑張ってまいりますヽ(^^)
    [ 2009/10/20 13:34 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    セレス@北の大地さん

    お子さん、マスクのにおいが嫌・・・でコメントさせていただきます。

    マスクに、レモンやオレンジのアロマオイルを爪楊枝の先に少し付けてマスクにしみこませるといい香りになりますよ。紫外線に当てるとウイルス浄化のマスクにはどうか
    分りませんが、うちでは使い捨てのマスクでやっていますよ^^
    ユーカリは抗ウイルス作用もあるし、ス~ッとして気持ちいいです。ただしユーカリは高血圧やてんかんのある方は使用できないので注意が必要です。

    あと、通院中や妊娠中の方も使ってはいけない精油もあります。

    香りの好みもありますのでお店で資格を持ったセラピストの方と相談されるといいですよ。
    [ 2009/10/20 14:37 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    そーですね、そーですね!!!
    脳症はコワイですね!!!
    そしてイオン家も大変な思いをされたんですね・・
    でも今回のお話はちょっと耳が痛かったデス。
    毎年ウチは予防接種なしで過ごし、
    子供らは罹ったとしても、いつも軽症だったんですe-257これだけ傍で猛威を奮ってるのに、
    今回も楽観視しておりました。
    でも気を引き締めます!
    あと、罹った場合の備えもしておきます☆
    ありがとうございましたv-351
    [ 2009/10/20 15:07 ] [ 編集 ]
    えじさんへ☆
    娘さん 本当に何もなくてよかったですね(>_<)
    コメントを読んで 母親として胸がしめつけられました。
    きっとえじさんの愛情が娘さんに届き、みるみる元気になったのですね。本当によかった♪
    穏やかな空を見るとインフルエンザが流行ってるなんて全く思わないのに…。
    うちも気を引き締めて頑張ります♪
    [ 2009/10/20 15:26 ] [ 編集 ]
    こんにちは
    毎日見ています。今日は少しコメントさせて下さいませ。
    子供のいつもと違う様子を敏感に…というの大賛成です。それにもう一つ、使われる薬についてもよく考えた上で飲ませて欲しい、というのを加えてほしいのです。
    私の主人は子供の頃、普通に処方される薬によって薬害にあっています。体質的な事もあるだろうと思いますが、今2人いる我が子に薬を飲ませた事は一度もありません。インフルエンザのワクチン注射もしたことがありません。
    それでも子供は自分自身の免疫力で無事回復するものです。早いうちからの風邪薬などの使用は、免疫力の阻害だけにとどまらず脳や呼吸器に影響を及ぼすことがあります。
    毎日健康に暮らしているのなら自己の免疫力というものをもう少し信じてあげて欲しいのです。
    これを読んで不愉快になった方がいたらゴメンナサイ。最近やたら薬信仰が高まっているような気がしたもので。
    [ 2009/10/20 15:33 ] [ 編集 ]
    かかりつけの大学病院の先生に聞いた話しですが、インフルエンザと言うのは、商業用語であり、本来自然界で生まれたものではないと言っていました。

    これが事実だとしたら、大変な事に…

    [ 2009/10/20 16:14 ] [ 編集 ]
    うちは一歳二ヶ月の子供がいます。

    インフルエンザ予防摂取は卵アレルギーがあるので受けることができなくなりました。

    だから余計、子供の様子はよく見ておかないと!と思ってます。

    今は中耳炎で治療中ですが、これも熱もなかったけどいつもと様子が違うので嫌な予感がして受診しました。
    母親の勘、大切ですよね♪
    子供を1番知っているのは親ですもんね。

    今日もありがとうございました♪
    [ 2009/10/20 16:35 ] [ 編集 ]
    ひまわりさん
    ありがと~e-415
    嬉しかったです

    皆が何事もなく、この波を無事に過ぎるコトが出来ればいいですね
    そして、もし罹患したとしても冷静に対応出来るようになるといいですよね。。。e-420
    [ 2009/10/20 19:58 ] [ 編集 ]
    盲目敵が怖いのよ
    したけさんのコメントに同感e-287 盲目的に薬のみを信じる事は、私も怖いです。
    私のうちでも「薬を極力使わない。自然療法的な手段で予防する。その先は「敏感な観察」をして適切と思う手段を選択をしていく」と考えています。

    しかし「それぞれの家庭でいろんな手段があってもいい」とも思っています。皆さんそれまでの事情(歴史)があるから、それぞれの最適な手段を選択していけばいいなと思っています。

    「とある手段だけを盲目的信じて、自分の中の勘を鈍らせたりしないように」「自分と逆の考えがあっても否定しないように」と日々心がけています。
    もし、勘に従って症状が重くなった場合、それも試練かなと思っています。どんなときにも「良い心で楽しくv-344」ですよね。

    [ 2009/10/20 23:32 ] [ 編集 ]
    はるさんへ
    お子さん 卵アレルギーなんですね(>_<)
    うちの息子もずっと重度の卵アレルギーで、アレルギーの数値が血液検査で計れないくらいでした。
    だけどずっと予防接種受けてきていますよ!!
    個人病院は見事に断られるので アレルギー科のある総合病院であれば受けれるところもあるかと思います!
    うちはどんなに数値が高くても毎年、かかりつけのアレルギー科のある総合病院で何事もなく受けていましたよ~!
    一度 聞いてみてはいかがですか~?o(^-^)o
    [ 2009/10/20 23:50 ] [ 編集 ]
    私もインフルエンザは自然界には存在しない菌だと何かで読んだ事があります。エイズやサーズも。

    最近、ニューヨークの医療従事者がインフルエンザワクチンの接種中止をワシントン連邦裁判所に提訴したとかしないとか…。
    臨床試験が不十分だからという理由で。

    不安を煽る訳ではありませんが………。

    薬害。どう思いますか、いおんちゃん?

    我が家はヤクルト(しつこいですか?)と解毒作用のあるパセリを食べるようにしてます。
    [ 2009/10/21 02:56 ] [ 編集 ]
    いおんしゃん^^
    インフルの感染力には びっくりです

    連休前に全くいなかった とある中学校(私の生徒さんです)
    連休後に登校すると 学年の半分がインフルに
    その時点で 学年閉鎖!

    連休前日に体育館で合唱コンがあったらしく
    窓あっけぱなしにして アルコール消毒をして e-2
    なのに 誰かが 菌を保菌していたのでしょう

    それにしても凄いです e-277

    気になるのは 輸入ワクチンです
    いろんなものが 入ってるらしく 
    国産と違い 季節性のワクチンと 一緒には打てないらしいことも 
    気になりますe-350


    e-487e-487e-487
    [ 2009/10/21 03:28 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    失礼いたします。実はマスコミでは報じられていないことですが、日本にとって危険な法案が次々と成立しようとしています。この危機から日本を救えるのは私たち一般国民の力だけです。詳しくはこのブログ(名前をクリック)に来てください。お邪魔いたしました。
    [ 2009/10/21 10:30 ] [ 編集 ]
    インフルエンザののワクチンと薬について
    大事な人の、「いつもと違う様子」を敏感に察知しよう。
    とても大切なことだと思いました。
    いたずらに感染を恐れずに、子供の様子を感じ取り、適切な時に適切な処置ができるような母でありたいと日々願っています。

    ところで、感染を恐れるあまり、予防的にタミフルを飲んだり、ワクチンを打つのは危険なのだそうです。
    ワクチンには体外に最も排出しにくいと言われるアルミや水銀が保存料として多量に入っています。
    これらはキレやすい子を生み出したり、アレルギーなど様々な病気の原因となっています。
    赤ちゃんの頃からたくさんのワクチンを打っている現代人は、その恩恵を受けつつも薬害に苦しむ人がほとんどです。
    さらなる投薬やワクチンで血液を汚すことは、インフルエンザに打ち勝つ治癒力をますます弱めてしまいます。

    脳症になりやすいのは、薬をたくさん飲み重ねてきた経歴のある人、ワクチンをたくさん打った人、持病や生まれ持って体の弱い人と言われています。
    受け皿がいっぱいになっていれば、日頃健康に見えてもインフルエンザによって決壊してしまう人もいます。
    ですから現代人は、元気な人でも油断はできないと思うのです。

    また、インフルエンザが感染拡大、重症化する背景には「インフルエンザワクチン」が関係していると言われています。
    インフルエンザワクチンには弱いインフルエンザ菌が入っており、これを打つと「慢性的にインフルエンザに罹っている状態」になります。
    まさに「軽くうつった方がいいよね」という状態です。
    治癒力の高い人は、このインフル菌を排出しようと本物のインフルエンザに罹ります。
    ワクチンを打った後に発症が増えるのは、こういった理由があるからだそうです。
    余分なものは排出しようとする、生き物の体は本当に賢いですね。

    もし、ワクチンを打ち重ねてインフルエンザに罹らなくなったら、それは治癒力が弱ってインフルエンザに罹りきる力もない、という状態なのだそうです。
    そういえば、歴史上、初のインフルエンザワクチンの投与とスペイン風邪の大流行が重なっているのは偶然ではないと言われています。


    そして、治療薬のタミフルやリレンザですが、強力な解熱効果のある薬ですので、細心の注意を払って投与してほしいと思います。
    急激に熱が下がると、体だけでなく精神的にもとても辛い状態が続きます。子供は特に薬を投与した後、丸一日付き添って様子を見てあげてほしいです。
    ただ、タミフルやリレンザは副作用が強い割りに「5日間で治るインフルエンザが、4日で治る」程度の効能だと言われています。
    投薬する場合は、お医者様とよく相談し、適切な量を与えるよう努める必要があるかもしれません。

    過剰に解熱効果のある薬を飲むと、低体温症を招きますので注意が必要です。低体温は様々な病気の温床となり得ます。
    もしも、低体温であるなら日頃から自然な食事や運動で汗をかき、デトックスに努めることが大切です。
    シンプルな方法ではありますが、チリも積もればらしいですので。

    なんだか怖い話ばかり書き連ねてしまってすみません(^^;)
    リスクもあるので気を付けて欲しいな~と思い、筆を執りました。
    わざわざ私が書かなくても、みなさんイオンさんの日記から色々と感じ取っておられるのかな~と思います。

    どうぞお医者様に依存しすぎず、自分の直感を信じ、よく観察し、日々バランスよく過ごすということを大切にされてくださいね。
    [ 2009/10/21 10:47 ] [ 編集 ]
    う~ん(;一ω一)
    難しいですね(-.-;)

    イオンさんもワクチン接種を薦めているわけではなく、予防をシッカリして、かかってしまったら慌てず自分のカンを大事にして
    ということだと思うけど。

    ちなみにうちは 今年から打たない派一家です なんでこんな年に限って…って感じですが、全体がワーっと盛り上がっている(ネガティブなことで)波に乗りたくないというか。 ただのあまのじゃくσ(^◇^;)
    これも一種のカンかなと思ってます

    インフルエンザの重症化に怯えるか、ワクチン接種の副作用に怯えるか。

    どっちにしろ不安がついてまわるなら、まだ起こっていないことは考えたくないから…
    もちろんイオンさんの経験談を真摯に受け止めて、予防はガッチリしまっせ~

    そのお家それぞれで 安心してこの冬をすごせる方法が、一番いい方法なんだと思います。

    うちの子供達も学級閉鎖・園閉鎖でお休みしてます
    保育器で入院中の、息子にしばらく会えなくなってしまって寂しいけど、久し振りに娘達とお家でまったり遊ぶのもいいかな
    [ 2009/10/21 11:12 ] [ 編集 ]
    小児科医の先生のご意見をどぞ♪
    追記ですー。
    たぬき先生の愛称で有名な、小児科医の毛利子来先生という方がいらっしゃるのですが、この先生は子供のもつ能力(治癒力)を大事にされている方なのだそうです。
    HPではインフルエンザへの様々な疑問に答えてくれています。
    http://www.tanuki.gr.jp/mt/yobou/100/100.html

    はしかやポリオのワクチンと違い、インフルワクチンには被害の救済制度が適応されないのだそうですね。驚きです。
    [ 2009/10/21 11:24 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    >「ワクチン代払うより、軽くうつったほうがいいよね」
    >特に怖いのが「インフルエンザ脳炎・脳症」です。

    知り合いのお医者さんに聞きましたが、インフルエンザで「インフルエンザ脳炎・脳症」になることはないそうです。
    実は、お薬が原因となっているそうです。
    だから、実は「ワクチンうつより・・・」のご意見のほうが、理にかなっていたりします。

    ちなみに、そのお医者さんも「ワクチンダメ!絶対!」のご意見です。
    [ 2009/10/21 11:41 ] [ 編集 ]
    インフルのワクチンと薬:追記
    イオンさんはワクチンをすすめているわけではないということは承知しておりますv-221うんうん♪書き方が下手ですみませんです~。コメントはイオンさん宛てではなく、知らない方がいらっしゃればということで書いてみたのですが、イオンさんみなさんお騒がせしてごめんなさい~。
    いろいろな情報が錯綜してる世の中ですから、イオンさんの仰るとおり「直感を大事に」が一番e-267ですよね!
    [ 2009/10/21 11:58 ] [ 編集 ]
    卵アレルギー持ちでも予防摂取が受けられた、というお話、ありがとうございました

    いつも通っている(個人病院)小児科でアレルギーも見てくださるかかりつけ医にやめたほうがいいといわれ、諦めてました

    そして、もう他の病院では予約はとれないみたいで…。

    でも、希望を与えてくれてありがとうございます

    イオンさんのいう
    「良い心で楽しく」をモットーに
    基本的な生活を大切にしたいと思います。

    ありがとうございました
    [ 2009/10/21 13:19 ] [ 編集 ]
    あの~・・・^^;
    この記事の2番目にコメントしたものですm(uu)m
    私が御幣がある表現をしてしまったせいで、イオンさん始めみなさまに物議をかもすような形を取らせてしまったのではないか・・・と反省しております。。。v-12
    イオンさんがワクチンを推奨しているわけでないのは重々承知してます^^;(ワクチン接種は私や家族が話し合って決めたことですのでイオンさんは気にしないでください~^^;)
    でもみなさんの意見は大変ためになり勉強になりました!
    「ハルルさん」が紹介してくださった「たぬき先生」のサイトも読みました!(リンク張って下さりありがとうござます!ぺこり)
    私自身、出産して母乳育児をするにあたり、薬に頼らず病気は治していこうと努力するようになりました。
    ・・・というか、まだ授乳中のため(周りからは何歳まで飲ませるんだ!と言われますが母乳からちょこっとでも免疫をつけてくれたら~と思ってまだまだ飲ませるつもりです・・^^;)、何度か風邪を引きましたが手作り生姜湯&漢方薬でなんとか乗り越えてきました。
    自分で「風邪薬を飲まなくても風邪は治る」と実証しても、やはり娘が熱を出して寝込むとオロオロしてしまうんですけどね・・・。
    ただ、同年代(1歳~2歳)の子よりうちの子は病気には強いみたいで(母乳のおかげ?)高熱を出したのは過去2回のみ(1回は1日だけの高熱(知恵熱?)で、2回目は突発)。
    そんな病気にあんまりかからない娘ですが、なんかインフルエンザは怖くて・・・生活環境も「街のど真ん中:一番避けたい場所」にあるため、食材の買出しや子供を遊ばせるのもビクビク・・・。
    ワクチン接種にもともと抵抗があった私も散々迷ったんですが、「どうせ打つのであれば早めがいいのかな・・・」と思い、昨日病院に行ってきました。
    でも、「たぬき先生の話」にもありましたが、この時期病院に行くもんじゃないですね・・・。
    病院に着いた途端、「隔離室」から見るからに重症化して苦しそうな子供が出て来たのを見て、入るのに躊躇ってしまいました・・・。
    結局、ワクチンは打ってきたのですが、みなさんの意見を今日読んでしまった私は「あー打たないほうがよかったんだろうか・・・」と自問自答する始末・・・(T□T)
    娘には申し訳ないですが・・・2回目の接種は正直どうしようか迷ってます。。。
    また、インフルにかかったらかかったでタミフル等薬の副作用も怖いことも改めてみなさんの意見を聞いて考えさせられました・・・。
    結局、長々と書いた割には自分自身ではまだ結論が出ず、取り止めのない文章になってしまいました・・・。
    ただ、イオンさんのブログを読んで安易に決めたわけではなく、散々迷ってたとこに「踏ん切りがついた」と言いましょうか・・・^^;
    まぁそういう感じです(あーなんかうまく説明できなくてすいません(涙))
    ほんと親って色んなところにアンテナ張って、考えて、結論出さなきゃいけないので大変ですね!!!(>□<)
    でもみなさんの色々な意見を聞けてほんとありがたく思いましたv-22
    イオンさんもコメント欄を開放(?)してくださりありがとうございますv-22
    ではでは、長文失礼いたしました^^
    [ 2009/10/21 16:01 ] [ 編集 ]
    みんな悩んで大きくなって!?
    イオンさん、いつも楽しく拝見しております。そして久しぶりにコメントさせてください。

    昨日、この記事の「ワクチン代払うより、軽くうつったほうがいいよね」の部分を読み、ずっとドキドキしてました。今日、再度のぞいたら、ハルルさんが詳しく解説してくださっており、一安心した次第です。

    ワールド・ブロガー協会に『待って!そのワクチン本当に安全なの?』という記事が出ています。
    我が家には、輸血から肝炎になったもの、薬の副作用で中毒症状がでたものなどがいるため、かなり慎重になっているのだとは思います。
    また、保育園などに通っていると、ワクチン接種しないことで周囲の目が厳しかったりと、接種しないことの辛さも分かっているつもりです。
    いろいろ悩みますよね、でも悩んでみんな大きくなっていくのですよね?!
    良い心で楽しく、子どもや家族の様子を注意しながら、乗り越えて行きたいとと思います。皆さんに考える機会が与えらたこと、イオンさん、本当に感謝しています!そして皆さん、ありがとうございます!
    [ 2009/10/21 17:10 ] [ 編集 ]
    インフルエンザ
    こんばんは。インフルエンザ予防について、皆様悩みながら懸命に、自分なりの視点を模索中なのだと思います。

    随分前、父があるワクチンの開発に携わって居りました。こんな事を言って良いのかわからないのですが、そのワクチンを私や家族に接種させませんでした。副作用があったからだと思います。

    けれども、当たり前の事だと思いますが、 予防に黄金のルールなんて存在しないと思います。接種が必要な場合があり、それが効く場合もある。その逆の場合もある。ケースバイケース、その判断は家族の直感を含めた判断で、それを支えるのが、イオンさんの良い心で楽しく、の実践なのではないかとも思うのです。

    インフルエンザも地震も、大きな意味で世の中に必要なものかもしれませんが、正直、早く沈静してほしいですね。
    [ 2009/10/21 23:28 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    tom★さん、みなさま。コメントありがとうございます!
    コメントされていない方の中にもインフルへの対応に迷われている方も多いのではないかなと思い、コメントを投稿した次第です。
    それが原因で逆に迷わせてしまった方には大変申し訳ない思いでいっぱいですv-356

    イオンさんも前の日記で「今回の流行で一番危惧するのは、不安が不安を呼び、連鎖的に見えないバリアが弱まったときに、本当の大きな災害や事故等の危機を迎えてしまうこと」と仰っていました。私自身、メディアのインフルエンザ扇動を危惧していたのに、軽はずみな発言で不安にさせてしまうようなコメントをしてしまったことを深く反省していますi-182

    親は子供を想うからこそ、悩んで悩んで決断をしているのですよね。ですから、みなさん決断されたことをあまり悩まれずに、次に向けて前向きに選択されていかれたらと思います~。
    私の意見は、あくまで「ひとつの考え」として受け止めていただけたらと思います♪

    tom★さんは、2回目の接種を迷われているということですが、受けるか受けないかはお子さんに聞いてみてはいかがでしょうか?
    小さな子でも、答えてくれる場合もあるかもしれませんよ~(^^)
    (こう答えてほしいという期待を持たずに質問することが大事かと思います)

    ですが、子供の健康の管理責任は親にありますので(←ココ大事です)子供の選択に納得できるなら、そうされてみれば良いかと思います~。


    余談ですが、風邪もデトックスのひとつという考え方があります。
    下痢や鼻水や咳やくしゃみや熱、皮膚疾患などで菌と一緒にどんどん外へ出すそうです。
    でも、排毒だからといって放っておいて良いわけではないですので、よく観察し、適切な処置をされることをおすすめしますi-87

    また、ワクチンに含まれ最も体外に排出しにくいと言われる「アルミ・水銀」も毛穴からだけは排出できると言われています。前のコメントに書いた「半身浴」で出せるそうです。
    39度~40度のお湯に20分浸かり、ベタベタした汗が出たら成功だそうです。冬だとちょっとぬるくて、なかなか汗が出にくいですが(^^;)汗をかく習慣をつけていれば、ベタベタ汗も出やすくなるみたいですよ。

    あまりに地味な方法ですが、予防や健康維持は日々の積み重ねが大事だと思うので意識されてみても損はないかと思います。
    これもまたひとつの考えですので、頭の片隅にでも置いておいていただければと思いますi-189


    私自身、自然のままにという考えを取り入れていくと、どんどん世間とギャップが生まれて、逆に悩んでしまうこともあります。バランスよく、を心がけていますが本当に何を選択し取り入れていくか難しいですよね。
    だからこそ「直感を大切に」するべきなのだと思いますがe-267

    今回はこのようなコメントに、みなさん真剣に耳を傾け、考えてくださり、とても嬉しく思いましたv-398
    ありがとうございました!このような場を設けてくれたイオンさんに感謝いたします!では、長々とした失礼致しました。
    [ 2009/10/22 00:09 ] [ 編集 ]
    直感!!
    皆様の考えを読んでたくさん勉強させて頂きました!
    そして今日は、こどもの季節性の予防接種の日でした。
    コメント欄を読んでどうしようかと悩みましたが、今年は母親である私の『直感』を信じて接種してきました。そして新型インフルエンザの受けたいという仮予約のノートに名前を書いてきました。
    (私が妊婦だということもあるのですが…f^_^;)
    来年のワクチンの時期までに、私なりに考え、勉強して薬やワクチンに対して向き合っていこうかな~?と思えるよい機会になりました。
    イオンさんありがとう!
    まずは ヤクルトから実践~\^o^/
    [ 2009/10/22 00:39 ] [ 編集 ]
    悩むね~~
    みなさま 悩みますね
    ゆずはも 以前季節性のインフルの予防接種して
    その日に風邪ひきました^^;;v-12
    疲れていた体に打ったからだと 思います

    実際インフルエンザにかかる前は 予防接種してなかったんだけど
    香港A型だかに かかったときに
    体痛いし 咳止まんないし TOT
    なんじゃこりゃ~~@@

    で打つようになりました
    でも健康体に打たなきゃ ダメですねv-219

    でも いろいろ 言われてるから 新型の予防接種は心配
    お医者様でも わからないんでしょ
    意見が分かれていて……v-239
    神のみぞ知りうる ですか~~
    ちなみに いおんしゃんは 打つのん??v-10
     
    [ 2009/10/22 00:45 ] [ 編集 ]
    私もなるべくならば薬に頼らずの考えです。子ども達も成長と共に体も強くなったように思います。先日、息子①が新型に感染しました。それをきっかけに季節性のインフルエンザの予約をしましたが今まで予防接種はした事がないのです。食生活と睡眠、手洗いうがい消毒さえ、きちんと出来ていればウィルスに負けない自信もあったからです。予約したものの今もキャンセルしようか迷っています。予防接種するとインフルエンザの免疫が出来るから打つと良いとの情報も聞き今正に考えています。あまり気乗りしないからキャンセルかな
    [ 2009/10/22 13:25 ] [ 編集 ]
    まめ太郎@千葉さんへ&通常コメント
    マスクへのアドバイスありがとうございます(^∀^)
    早速試してみたいと思います♪
    自分のマスクもやりたいかも(^^)
    お客様の中にアロマ系に詳しそうな方もいるので聞いてみますね
    ~☆

    ・・・ここからは通常のコメントです・・・

    忙しくて昨日はブログチェック出来なかったんですが、インフルの件でコメント欄が非常に盛り上がって(?)いてびっくりでした。
    昨日季節性インフルのワクチン打ったばっかりだったので余計に(^^;)
    我が家の場合は私が急に仕事を休むとビルの方にかなりの迷惑をかけることになるので、私と子どもは予防接種しました。
    私は体調がすぐれない状態での接種でしたが、幸い今のところ大丈夫です(^^)
    新型の接種は我が家も迷い中です。息子が呼吸器系が弱いので心配で…。でも輸入物なら受けないつもりです。
    娘は昨日学級閉鎖が明けて登校したばかりなのに、さっき「また閉鎖になったから帰ってきた~」と電話がありました(^^;)
    これで3学年閉鎖中です。発表会も延期になりました。
    これからは季節性も出てくるので、もうどうなることやら…(´д`)
    皆さんや周りの人たちのアドバイスを聞きながらうがい手洗いなど出来ることをしっかりやっていくしかないですね。
    みんなで乗り切りましょう!\(`∀´)/
    [ 2009/10/22 13:53 ] [ 編集 ]
    ハルルさんへ^^
    我が家の子供たち、インフルエンザの予防接種は受けた事がありません。今まで、3回程インフルエンザに掛かったでしょうか・・?
    酷いアトピーチャンだったので、色んな事を調べてきましたので、凄く共感しています^^
    思い出させてくれて有難うございます。
    新型はどうするのか!これから考えて見たいと思います。

    [ 2009/10/22 23:32 ] [ 編集 ]
    この間、なんとなく見た「フライトプラン」(ジョディ(ジュディ?)フォスター主演の)って映画見て、なんか、ガーンときました。
    周りに異常者扱いされても、娘を守るため直感を信じて突進む母…
    その姿を見てなんかすごく心動かされたのですよ…

    私は今、誰に話しても笑われそうな事を信じているんですのよ。
    これが直感なのか、それともいつもの妄想か!?(大丈夫か私!?)はわからんのですが、ただ信じるしかなくて。
    帰る場所がなくてホームレスと間違われたり、私は一人ぼっちだとずっと思っていたけど、自分のことを信じてあげられたら、それはもう、一人ぼっちではないよね。

    きっと大丈夫ですよね!

    皆が自分の心を信じて生きて行けますように…
    [ 2009/10/24 08:33 ] [ 編集 ]
    難しいですね。
    イオンさん、皆さん、こんばんは。
    イオンさんの記事と、皆さんのコメントをじっくり読んで、改めて色々考えました。
    ワクチンについては、肯定派/否定派あって当然ですよね。
    怖いものだとも思うし、重症化を防ぐものでもあるのかな、とも思うし。一長一短でしょうか。

    私は、小学校の時、まだ集団摂取していた世代なので、たっぷりワクチンを浴びてしまってます…汗。
    社会人になってからは、一度もワクチンもせず、インフルにもかからなかったんですが、一昨年初めて罹り、あまりの体のキツさに、昨年から予防接種を受けることにしました。
    否定派の方の本も読み、恐ろしいとは思いましたが、自分で決めました。
    予防接種を受けた方も受けない方も、自分で決めているのなら、きっと大丈夫です。…と思いたいです(^^;)

    自然のままに、生きたいですがでも、やはり世間とズレが生じて大変です。
    先日、幼稚園で行う「フッ素洗口」を受けません、と回答したら、先生方に奇異に思われたようです(^^;)
    理由を聞かれ、親の個人的考えなので、子供の扱いは他のお子さんと同じようにお願いします、と話ました。
    うーん、難しいです。

    関係のないことまで書き込んで申し訳ありません。
    長々、失礼しました。
    [ 2009/10/24 20:01 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    インフルエンザ予防接種の接種については、それぞれの想いの末に、決心されて良い事だし、正しい答えはないと思います。
    ただ、人口密集地で、かつ集団生活の時間が長い方ほど、接種の必要性は高いと思うのです。
    もし、接種するとしたら、
    不活性化ワクチンなので、一回目接種後に2から4週間は空けて2回目をなるべく接種する事とか、
    接種時は外来が空いてる時間を狙って行き、外来でインフルエンザを貰わないようにするとか、
    接種する日を休日の前日に設定して、接種後2から3日は体調調整(早寝するとか、外出をさけるとか)等は、配慮された方が良いと思います。
    確かに鶏卵をベースにした従来のインフルエンザワクチンは、卵アレルギーの方は副作用がでやすいという理由で、接種できない場合もあるようですが、卵アレルギーの血液検査で数値が(1から5の)4の方でも、接種時に微量打ってからショックを起こさないか経過観察をした後、問題がなければ残量を接種してもらうという事もありますから、重度の呼吸器障害を持つ方はインフルエンザにかかった時のリスクコントロールの為に、接種の必要性が高いと感じます。

    それぞれの想いの中で、どうか良い答えがみつかりますように。。。
    [ 2009/10/24 22:03 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。