イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    面目ない・・・3

    よってらっしゃい見てらっしゃい。
    イオンタイムストリップ劇場、本日の目玉は
    ズボランさんの机上乱れ脱ぎ と
    ピアリング姉さんの異空間接続サロン
    になります♪
    そこの旦那さん!
    すごいから見ないと損よ~。(誘)
    そこのkiteさん!
    見とかなきゃ怖い目にあうよ!(脅)

    州。ノ ε `。州ンププ

    ・・・失礼しました。
    週明けでテロンテロンのイオンです。

    ちょいと急用でこれから外出のため、大急ぎで書けるとこまで書いて更新しまっす。( ̄o ̄)ゞビシッ!!

    *-*-*-*

    武士は「自分はここに居続けなくてはいけない」とする理由を、最後の戦場の光景を描写することで私に伝えてきました。

    それはあまりにも克明でした。

    最初に見たのは、刀が腹に刺さったまま絶命していた武士。
    まだ幼さの残る顔立ちではないですか・・・。

    その未熟な武士をかばったのでしょうか、すぐ側に倒れていたのは、血まみれの中年武士。

    受けている傷の多さから、敵方とは圧倒的な兵力の違いがあったことが伺われます。

    戦場のぬるっとした空気と生臭さは、思わず息を止めたくなります。
    理屈じゃない。空気にも重力があるんだ。

    鉛のように硬直していく感覚の中、重たさを増すような武士の言葉が続きます。

     この子には剣の才があって、父君が将来を楽しみにしていたのです

    倒れていたのは、武士の部下である父子だったらしい・・・。

    次に視たのは、体の前後から数本の刀が刺さった武士。

     数人で囲んで切ったのでしょう。

    州 ̄ 台  ̄州 卑怯な・・・

     それだけ剣が達者だったのです

    州 ̄ 台  ̄州 なるほど・・・

     赤子が産まれたばかりでした。

    ・゜゜・州┯ 台 ┯州・゜゜・.
     

    同じような凄惨な場面が続くのでこれ以上の描写は避けますが、
    武士は数百年の間、こんな風に部下の最後を見続けているのです。

    州 ̄ 台  ̄州 何もここまで自分を追い詰めなくても・・・

     皆、自分を信じて絶命してくれたと言うのに・・・

     自分は最後、卑怯にも、愚かにも、逃げてしまったのです


    再び、武士が追いかけられ、追っ手に追いつかれ、めった切りされ・・・最後に首を落とされるシーンが浮かびました。

    ここでようやく武士の言いたいことを理解しました。

    部下たちが勇敢に命絶えていく中で、武将の自分が最後に「怖さ」から逃走しようとしてしまった──。

    その不甲斐なさが、部下に対し、また自らの武士道においても「面目ない」と。

    そこで、自らの負け戦を何度も何度も・・・数百年にわたって見続けているのです。
    そうすることで、自分の卑怯さ・愚かさへの責任をとろうと。

    真一文字に口を結ぶ武士の顔つきは、人間臭さの中に「大和魂」「侍魂」に満ち溢れていて私の胸を打ち、私の中にも同じ魂が根付いていることを知りました。
    こんな武士だからこそ、部下も命を賭けて仕えたのでしょう。

    責任の取り方が正しいかどうかは別として、ごっこ遊びのような政策で立場が悪くなると、とっとと職を辞して悠々の生活を送ろうとする、今の無責任な誰かさんたちにも見せてやりたい、、、とすら思いました。

    あぁ、それにしても視ている情景はむごい。むごすぎる。

    州 ̄ 台  ̄州 もう済んだことでしょう。そんなに自分をいじめなくても・・・

    そう語りかけたところで、またまた武士が驚くことを伝えてきたのです。


    あわわわわ、


         続く。 
     

    ← 行ってきまっす!急げ 走る 棒人間 デコ 


    無料blog




    [ 2010/08/30 12:18 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(10)
    待ってました!
    ん~大和魂!素晴らしい魂の武士ですね。正に命がけの魂ですね。
    感動しました。

    それにしてもイオン姉さんファミリーは、まな板も得意なんだ!(笑)
    かぶりつかせて頂きましょう。
    [ 2010/08/30 12:29 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    消化不良起こさないように忙しくても食事はよく噛んで下さいね。
    いってらっしゃい。


    いや~。
    >イオンタイムストリップ劇場
    良いですね。

    彼の言葉の続きが気になります。
    [ 2010/08/30 12:38 ] [ 編集 ]
    あわわわわ…

    続いちゃった(*_*)

    かなりのめり込んで読んでたら(@_@)

    武士さんになんて声をかけていいやら""(ノ_<。)

    切ないです( p_q)
    [ 2010/08/30 12:47 ] [ 編集 ]
    あわわわわ~…
    イオンさんこんにちは♪
    続きがとても気になります~…が、お忙しそうなので、気長に楽しみに待ってますね~♪
    お体大切になさって下さいね(*^∇^*)
    [ 2010/08/30 13:44 ] [ 編集 ]
    異空間接続サロン←これ、携帯からだと異空 間接 続サロンってな感じで読んでしまったのは私だけ?( ̄▽ ̄)
    続サロンって…!

    武士の思いが長い年月に渡りそこに留まっているなんて切ないです(ノ_・。)
    [ 2010/08/30 13:49 ] [ 編集 ]
    机上乱れ脱ぎ~
    ほーーーーれi-205v-324
    ほーーーーーーれ♪i-205i-205v-336

    あ、待って!!!
    みんな、逃げないで~~~~~・・・



    うぷぷぷぷ。。。e-264


    **************



    侍魂、大和魂が大好きなパパにも是非読ませます!
    うちのパパ、本当に武士みたいな人なんですe-266

    続きをお待ち申し上げたてまつりそうろう。
    ↑ 無理ある感じ?

    あ、昔の人の言葉遣いってどんななんですか??


    [ 2010/08/30 13:52 ] [ 編集 ]
    (〃▽〃)
    そんな!お二人ともお昼から大胆な(〃▽〃)あは!

    そっかぁ、そんな理由があったんですね。とっても人徳のある武士さん。ごっこ遊びの方たちにも見習ってほしいです・・・
    大和魂の旦那さんが欲しい・・・ヽ(´ー`)ノ
    [ 2010/08/30 14:07 ] [ 編集 ]
    胸が痛い
    けど、そうしないと気が済まないって
    武士さんの気持ちも分かる気がする。
    周りがいくらいいって言っても自分自身が
    許せないんでしょうね。
    自分を許せる日が早く来て欲しい半面、
    そんな日が来るわけがないと自責する。
    イオンさんに逢えてよかったね。
    なんか泣けてきました。。
    [ 2010/08/30 18:01 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    ミュージックスタート! 【BGM:Taboo】
    ♪ツンタカタンタンタンタンタン♪ ♪ツンタカタンタンタンタンタン♪
    ♪ぷぁ~~ ぷぁぷぁぷぁぷぁ・・・♪
    壁|∀ ̄)<ホホッ チョットだけよ。

         シュッε==  
               あんたも好きねぇ>( ̄∀|壁

    って・・・ 
    ちょっとー!大和魂の武士さんに 本当に申し訳ないじゃない!(#^ω^)ビキビキ

    20年前だったら 許してもらえるかもしれないけど。
    ( ̄∀ ̄)ウヒッ
    [ 2010/08/30 21:11 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    イオンさん
    いつもありがとうございます。

    久しぶりにサブブログをのぞいてみました。
    何となくクリックしたのが「ゲド戦記」について
    書かれた記事でした。
    時の歌やテルーの唄を聴きながら書いています。

    いろんなことをイオンさんとお話してみたいです。
    たとえ叶わぬとも
    星の数ほどあるweb上で
    このブログに出逢えたご縁に心から感謝します。

    愛をこめて。
    [ 2010/08/30 21:52 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。