イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    面目ない・・・5

    たくさんの予想コメントをありが㌧ございます。
    「丸呑み」とか「兵糧攻め」とかって、こらこらこらこら・・・。

    (。・_・。)ポッ してみたい。←コラコラコラコラ・・・

    *-*-*-*

    州 ̄ 台  ̄州 それならば。

    立ち上がった私を、武士は期待に満ちた表情に見上げました。

    州 ̄ 台  ̄州 本懐を遂げてこそ武士、あなたはそうおっしゃった。

     いかにも。部下が命賭けて遂げようとした本懐を、果たすのが自分の責任です。

    州 ̄ 台  ̄州 それならば、彼らは立派に果たしているではないですか。

    きょとんとした武士を目でしっかりととらえて、私は続けました。

    州 ̄ 台  ̄州 彼らの本懐を何と心得る?

     我らはただ、敵方の大将の首を取ることをもって本分とし・・・

    州 ̄ 台  ̄州 いいえ。彼らの本分はそこではありません。

    腑に落ちぬ、と言う顔をした武士に対し、私はたしなめるように言い渡しました。
    (完全なる上から目線です。笑)

    州 ̄ 台  ̄州 彼らは「主人に仕える」ことをもって本分としたのです。

    武士が明らかに何かを察したような表情に変化したのを、私は見逃しませんでした。

    州 ̄ 台  ̄州 彼らは「忠義」に生きたのですよ。

    州 ̄ 台  ̄州 だから、既に立派に本懐を遂げているのです。

     私に仕えるをもって、本懐を遂げたということですか・・・?

    州 ̄ 台  ̄州 そう。
     彼らは自ら、あなたへの忠義に命をささげたのですから、
     悔いなんて無いのです。
     だからご覧なさい。
     ここには誰一人残ってはいませんよ?

    イメージ映像の戦場は、もはやただの草むらで、血まみれの部下たちの姿はそこにありません。
    満ち足りた部下たちの心情を象徴するかのように、草は穏やかな風に吹かれています。
    さっきまでの、呼吸するのも苦しくなるほどのヌルッとした空気が嘘のよう。

     こんな卑怯者の主人(自分のこと)に・・忠義を・・・

    うなだれた武士を見下ろし、私は「うまく言えるだろうか」と少しためらいつつも、「どうしても言いたい!」のほうが上回り、緊張で狭くなったのどを振り絞りました。

    州 ̄ 台  ̄州 あなたに言いたいことがあります。

    武士はまるで裁かれる罪人のようにがっくりと肩を落としていました。

























    ダイジョブ。
    最後まで書くから。(笑)

    うなだれる武士に対し、今度は私が下座に回って座りました。
    やっと顔を上げた武士。

    州 ̄ 台  ̄州
     およそ武士たる者、その名を上げることをもって本懐となすもの。

    州 ̄ 台  ̄州
     兵力と言い、立地条件と言い、とうてい勝算があったとは思えないにも関わらず、
     正義のため、民のため、兵をあげた意気地はまことに立派でございました。
     勇気ある忠義の家臣に恵まれたのも、人徳でございましょう。
     
     ・・・。

    私はさらに姿勢を正し直し、

    州 ̄ 台  ̄州
     息のあるまで戦い抜いたあなた方の勇気は、武士としての面目を大いに上げました。

    最後に大きく深呼吸をした後、

    州 ̄ 台  ̄州
     この度のいくさはまことに見事、あっばれな最後でございました。

    そうねぎらうと、心からの敬意をもって深々と頭を下げました。
    うまく言えたかどうかは分かりませんが、言いたいことは全て伝えることができました。
    何だかすごく、気持ちが良かった・・・。

    先ほどから、もう光が届いていることは分かっていました。
    大きな暖かい光です。

    頭を下げたままなので、武士の最後の表情は見ることができませんでしたが、それで良かったと思っています。
    本当に心から、敬意を表したい気持ちでいっぱいでしたから。



    今回のお話、本来なら
    「首のない落ち武者が~~ヒュードロドロドロ
    ((((((州;;; ̄ 台  ̄;;;州)))))))ガクガクブルブル
    「敵討ちの怨念がぁぁああああピューピュードロンドロン
    ((((((州;;; ̄ 台  ̄;;;州)))))))ガクガクブルブル
    などと、夏の定番怪談のように面白おかしく書かれてもおかしくないのでしょうけど・・・

    私としては、最後本当にすがすがしかったんですよ。
    武士の頑固さ、潔さ。
    (私は自分の責任をきちんと果たしているだろうか・・・)とかえりみて、むしろ恥ずかしささえ感じたくらい。

    だからやっぱり、今回も私のための修行だったのだろうと思っております。

    大和魂とか侍魂とか、まるで死語になってしまったようだけど、やはり日本の美徳精神は多くの方に根付いているものではないでしょうかね。
    美しい日本の伝統精神、いつまでも伝え続けていけると良いですねぃ♪


    さあ、今回のお話。
    皆さまはどうでした?
    予想通りのケツマクリンだったかな?(←こういう部分には恥ずかしさを感じないのか?自問)

    実は時間切れで(仕事中にコソコソ。笑)もう少し書き足りない部分があるので、シリーズ最後のエピローグとして次回まとめますね。
    こんなつたない私のブログに、今日も訪れてくださって本当にありが㌧。

    ← これからも応援してやってくださいーアンパンマン ぺこ デコ


    無料blog




    [ 2010/09/02 13:49 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(31)
    NoTitle
    自分の思い込みで色んな事見落としていたり都合良く解釈したり罪悪感じたり。人間は忙しいですねぇ。

    その武士さん、いおんさんに出会えて良かったですね。
    エピローグ期待しちゃいまーす♪

    [ 2010/09/02 13:58 ] [ 編集 ]
    あぁ、そうかぁ
    そうかそうかぁ。
    叱咤激励だけでなくて、認める事も必要なんだなと。

    良かったですね。武士のひと。
    われらも大和魂を持とうぞ☆
    [ 2010/09/02 13:58 ] [ 編集 ]
    天晴れでございました!m(__)m♪。・*:゜・.。・oΟ゜☆・。.。o○☆*゜¨゜゜・*
    [ 2010/09/02 13:59 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    イオンさんは大手を振って買えることがデキル non 還る
    [ 2010/09/02 14:08 ] [ 編集 ]
    ほ。
    どなたでも、納得して、次に進むんですねぇ。
    1人じゃぁ気付けないことも、他の人のアドバイスで気付くこともある。
    自分を認めるのって、色々あるんですね。
    [ 2010/09/02 14:23 ] [ 編集 ]
    ☆三
    とっても清々しいお話でした(*^_^*)
    武士さん、本当に良かったね!

    確かに怪談話だとコワイだけで終わっちゃうけど、本当は違うんだよね。

    大和魂は私にも流れてるのかしら~;

    予想外のケツマクリン・・・(〃▽〃)
    [ 2010/09/02 14:31 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    いつも忙しい中での更新ありがとうございます。
    話を読んで涙が出ました。
    武士の方、成仏できて本当に良かったです。
    イオンさん尊敬します。これからもがんばってください。
    [ 2010/09/02 14:37 ] [ 編集 ]
    おぬし、なぜに、そのように武士の気持ちがわかるのじゃ… 
    かたじけない、ありがたい

    きょうは涙腺がユルユルじゃ(ノд<。)゜。
    [ 2010/09/02 14:44 ] [ 編集 ]
    清々しい風
    数百年の後悔の念が、清々しい風と共に吹き飛んで本当によかった

    イオンさんの修行だったとおっしゃいますが、武士の方にとっては待ちに待った出会いだったのでしょうね。

    あぁ本当によかった。
    [ 2010/09/02 15:29 ] [ 編集 ]
    (ノ△T)
    私、毎回ここ見て泣いてる気がするんですけど…
    (会社なんで実際は泣いてないけど、心で号泣)

    良かった~~~

    イオンさんの判断がすごいなぁ…と。
    私も仕事に文句ばかり言ってないで
    頑張ります。
    [ 2010/09/02 15:39 ] [ 編集 ]
    素敵な
    ケツマクリンでしたe-267

    丸呑みじゃなくて良かった~w

    我が家の「野武士(パパ)」にも
    絶対読んでもらいますv-119
    [ 2010/09/02 16:06 ] [ 編集 ]
    わ~
    上から目線、素敵(笑)

    そっか~気づけた武士さん、良かったね。いおんさんが心から讃えて認めた事で、ずっと抱えてた否定が消えたんだねなんて素晴らしい~

    わ~ん良かった良かった
    [ 2010/09/02 16:40 ] [ 編集 ]
    涙が・・・・
    何だか泣けました。
    思い思われる・・・・人間ならではですね~^^
    [ 2010/09/02 17:32 ] [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2010/09/02 17:40 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    やっぱりイオンさんって素敵★.。・:*:・゚'☆ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ★.。・:*:・゚
    [ 2010/09/02 18:16 ] [ 編集 ]
    くそー!

    『開口一番バキューム攻撃→腹中で浄化(消化)』

    もしくは、

    『私のために争わないで~~~~~~~ッw(◎Д◎。w)ウルルン(目薬)』
    からの戦意喪失・・・
    だと思ってたのに・・・←無神経スギ


    戦わずして…なんですね。
    不思議と私にも清らかさが伝わってきました(・∀・)ス~~~ッと、、

    なんでか分からないけど、ありがとう、って気持ちになりました。

    イオンさんありがとうッ♪

    シリーズ最後まで楽しみにしてますッ★
    [ 2010/09/02 18:21 ] [ 編集 ]
    全然予測できませんでした
    もしかしたら忠義をつくして亡くなった方々がイオンさんとお侍さんを引き合わせたのかもしれませんね・・・。
    もしくは、忠義を尽くして散った彼らの魂はイオンさんの前世の一部だったなんてこともあったりして・・・と、あまりの侍魂の理解力に思ってしまいました。
    [ 2010/09/02 19:21 ] [ 編集 ]
    (>v<)!!ステキ
    イオンさんかっこよすぎ!ヾ(≧∇≦*)〃

    なぜに武士さんが納得するような言葉がでてくるのかしら

    ところで、あっばれな最後…でいぃの?

    おバカな私は、これもありなのかなぁ…?と考え込んでしまいましたが、やっぱり「あっぱれ」だよねー
    [ 2010/09/02 20:22 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    なんかいつも感動してます。
    ありがとうございます。
    イオンさんのブログにすごく励まされています。
    ちょっと前からすごく落ち込んでた事があったのですが、
    ちょっと見方というか、気持ちを変えたら、不思議と芋づる式にいい事が続いたり良い出会いとか申し出とかが続いて、
    自分の周りの状況があっという間に変わったみたいなんですよ。で、なるほど、こういうことなのかなあ、とか、
    まだまだですけど、ちょっと感動しましたのでこの記事とは直接関係ないんですけど、思わずコメントさせていただきました!!
    いっつもありがとうございます。
    これからも楽しみにしています。
    [ 2010/09/02 21:12 ] [ 編集 ]
    カッコイイ~
    この武士さんがいおんさんに出会えたのも人徳なのでございましょう。
    [ 2010/09/02 21:29 ] [ 編集 ]
    なるほど
    おっしゃる通りでございますね。
    気になるのは… イオン姉さんと、その武士が何故繋がったのか。
    そして、何故に武士が永年に渡る頑な気持ちを、そんなに素直に懺悔と化したのか…?

    イオン姉さんって、一体何者なんだ?
    [ 2010/09/02 22:46 ] [ 編集 ]
    よかった。
    自分と向き合うには
    違う角度から眺めてみるってことも必要なのかな。

    なにか変だな~違和感あるなーって感じていても
    必死すぎて独りでは気がつけないってあるかもしれない。

    私も侍を見習ってたまには人に相談してみようと思いました。
    相談し合える信頼関係を築けるようにがんばろうっと。イオンさんありがとう。


    [ 2010/09/02 23:34 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    あっばれはっちゃく・・・なんちてv-8

    懐かすぃ~☆

    やっぱ、あっ「ぱ」れでしょ、いおんさん。
    [ 2010/09/02 23:45 ] [ 編集 ]
    大和魂
    大和魂。

    久々思い出した気がいたしまする・・・。
    [ 2010/09/03 00:01 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    涙出ました。
    いおんさん、ありがとうございます。
    毎回背筋と二の腕がフルフル(ええ、太いですが何か)さぶイボ状態で読んでいました。
    怖さではなくて、私の中の大和魂が震えたのかも知れないなぁ・・・。
    [ 2010/09/03 10:39 ] [ 編集 ]
    さすがね。
    やっぱり 丸っと飲み込まれちゃったわね。
    いおんさんの愛に。( ̄∀ ̄)素敵だわ。

    結果云々より その過程で、どれだけ頑張れたか・・・
    生きてる人も 死んだ人も それが大事なんだと解れば、次に進む事ができるのね。
    また ワタクシ 一つ賢くなった気分よ。
    いおんさん。
    成仏した武士さんの分も含めて ありがとう。

    [ 2010/09/03 13:25 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    良かったです(T_T)
    [ 2010/09/03 14:59 ] [ 編集 ]
    自責は大事
    感じないバカよりもずっとずっと立派だけど。
    苦しみ続けるしかない。にも繋がるのね。
    程々のとこで自分を許す事も必要。
    でもやっぱり自責に走っちゃうかな。
    精神面だけは変な武士道に偏ってる感じの
    自分に気付きました。
    バランス取らなくちゃ。
    [ 2010/09/03 18:01 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    はじめまして^^
    さすが!イオンさんですね~。

    彼らは自ら、あなたへの忠義に命をささげたのですから
    なんて普通サクッと出てこないと思います。

    しかしイオンさんの間、文章どれも大好きです(´∀`*)
    イオンさんの魔って変換されちゃいました^^
    [ 2010/09/03 23:22 ] [ 編集 ]
    霊と霊
    霊が霊を救うことはできないってことなのでしょうか?もし先に亡くなった部下たちの霊が、その武将がそこで苦しんでいるのを見つけたら、助けてあげられたのでしょうか?

    それができないから今まで留まっていたのだとしたら、生きている人を介してしか霊は救われないということになりますよね。

    だけどみんながみんなイオンさんみたいに対話できるわけでもないし…。

    もし近くにたくさん苦しんでいる霊がいたとしても、そのままにするしかないって考えると、見えないながらも切ないです(ノ_;)
    [ 2010/09/04 01:03 ] [ 編集 ]
    浄化
    今回のお話、私もとても心にしみました。

    いわゆる、未浄化霊に対する、浄化ですよね。

    私は、霊も見たことがないし、霊の浄化って、どんなことをするのだろうって不思議でしたが、イオンさんのように霊の言葉を聞き、伝えてあげる、これが浄化作業なんでしょうね。
    よく、テレビとかで行われている、おどろおどろしい祈祷なんて、実際は必要ないのでしょうね。

    今回の侍の霊さんも、イオンさんと出会えるまで随分と時間がかかりましたが、それもまた、必要な時間だったのかもしれませんね。
    イオンさん、いつも良いお話をありがとうございます。
    [ 2010/09/05 07:48 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。