イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    こだわりすぎれば

    これもまだ私が学生だった嘉永2年。(いつだよ・・・)

    何気なく読んでいた新聞の特集記事に衝撃を受けました。

    それは、さまざまな国のさまざまな宗教を取り上げたもので、その中の一つに

    *「殺生戒をしてはいけない」

    と言う教えに厳格にこだわったものがありました。

    もちろん、信者は皆菜食主義で、歩くときにもアリ一匹踏んではいけない。
    蚊やアブも絶対に殺してはいけない。

    気付かないうちに殺してしまうことも「悪」ですから、究極

    *草を食べても、その草を食べるはずだった昆虫を殺すことになる
    *水を飲めば、水の中に生き物がいるかもしれない
    *歩けば見えない微生物を踏みつぶして殺してしまうかもしれない

    などなど、ついには一歩も動くことも一切の飲食もできなくなり、自殺してしまうのだとか。
    もちろん、自殺の仕方も焼身自殺などはもってのほか。
    そばにいる生物を焼き殺してしまうかもしれないから。
    そこで選択されるのは「首つり」。

    そして自殺した信者は、それこそ「英雄」のように尊敬され、崇められるのだそうです。

    Σ州 ̄ 台  ̄ノ州ノ えぇぇぇぇっ!???

    生きているだけで何かの動物を殺してしまうことに絶望し、自ら死を選ぶことがたっとばれる・・・。

    州 ̄ 台  ̄;州 おかしい、何かがお菓子い。(ついでに字もおかしい)

    まだ人生経験の少ない学生の身ではありましたが、これは絶対に違う!と思いました。

    だってそうでしょ。
    首つりだって、遺体が落ちたら下の生き物に当たっちゃうかもよ?
    それに体内に寄生している微生物たちは、自分が死んだら一緒に死んじゃうよ?

    ただ単に体を殺さなければ良いの?
    その人を生み育てた両親や大切に思う友人は、どれだけ悲しみに暮れることだろう。
    家族の「心」を壊すことだって、立派な罪になるんじゃないの?

    うーんうーんうーん。

    私は普通に歩いちゃうし、水も食べ物も普通に摂る。
    厳密にみれば、それらは全て何かの生物の生存を奪う可能性のあることなのは間違いない。

    でも。
    でも・・・。

    ← 応援クリックを


    無料blog




    [ 2011/02/21 13:02 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。