イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    命を紡ぐ

    所詮、人は完全に殺生をせずに生きていくことはできない。
    何かを犠牲に、踏み台にしていかなければならない。
    罪を完全に負わない人生などあり得ない。
    太古の昔から、命とはそうやって紡いできたものなのです。

     さまざまなことを知れば知るほど、私たちの命をつないでくれた存在に感謝しなければいけないと思う。
     そして、いただいた命を大切に使っていかなければと自然に思える。

    例えば、私がこの人生でたくさんの徳を積めば、私を支えてくれた命たちも一緒に徳を積むことができます。
    逆に、私がせっかくのこの命で不徳と積めば、同じように不徳を積ませてしまうことになる。
    紡いでくれた命ごと、運命共同体のようなものなのです。

    それでも、感謝さえすれば、徳さえ積めば、別に殺生しても良いのかと言うと、そうでもありません。

    大量生産のために抗生剤漬けの餌で狭いスペースに閉じ込められた鶏たちや
    一部のお金持ちの贅沢を満足させるためだけの毛皮
    愛情実験???のため、生まれてすぐに目をふさがれる子猿を見ると
    vivisMonkey3.jpg
    やっぱり何かがおかしいと思う。
    どこかでネジが狂ってる。

    ただ、どこからどこがやって良いことで、どこまではやってはいけないことかは、絶対的なラインはが引けないのです。
    なぜなら、それはさまざまな条件で変化するから。
    食べるものにも事欠く原始的文化の国と、バイオテクノロジー栽培の先進国とでは、ライン引きが異なるのは当然でしょう。
    同じ国でも、異常気象や世界恐慌など、条件が変われば当然ラインは変化します。

    条件が変わって、いきなり「たくさんお肉が必要だ!」となっても、食肉工場がなかったら。
    技術がなかったら。
    本当に守りたい人たちの命も守れなくなるかも知れません。

    だから、単純に肉食を「賛成」「反対」ではなく、もっと根幹的な部分で・・・
    人は人としてレベルアップしなければならないのだと思います。

    より良い命の紡ぎ方ができるように。


    皆が「良い心で、楽しく♪」過ごしていけたら、多くの問題がスルリ♪と解決できていけそうな気がするんだけど、どうでしょうね。

    例えば
    「どんな風邪薬をどんな風に飲めば一番効くか」をやんややんや議論することが、
    「風邪を引かない体質を作る」ことに成功したら不毛のロン毛(意味不明)になるじゃない。

    まぁ、そう簡単にはいかないのは百も承知だけどね。


    以上、多岐にわたってつらつらと私なりの考察を述べてきましたが、今すぐに正解がでなくても、自分なりに答えを考えていくことは、その人の人生をより深めていくことだと思っています。

    何も知らない・考えない、これが一番もったいない♪

    叩き台となれたら本望です。
    ベッシベッシ叩いて、あなたのワールドをよりいっそう彩ってくださいね。

    ← 最後まで読んでくださってありがとうございますパンダ お願い ぺこ デコ


    無料blog




    [ 2011/02/21 13:02 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。