イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    命を紡ぐ ≪TOP≫

    日本の食生活は、敗戦後大きな変化を遂げました。

    それまでの「米・魚・味噌汁・漬物」と言う、炭水化物中心の伝統的な和食から、「パン・乳製品・肉」の高脂肪高カロリーの洋食へ。
    それに伴い、罹患する病気の種類も大きく変わってきています。

    当然ですね。
    長い時間をかけて、その土地の風土に見合った体の遺伝子が作られてきたわけですから。

    それでも洋食には和食にはなかった利点もたくさんあり、うまく取り入れてバランスの良い食生活を心掛けたいものです。


    さて、洋食と言えば「肉」「肉」「肉」。

    先日このブログでも「ぶたにく」の絵本を取り上げ、ちょっとした論議がありました。

    思いつくままにさまざまな意見を並べてみましょう。

    ・感情のある動物を殺して食べるなんて、可哀相。野蛮。
    ・「感謝」の心を忘れずにいただけば良いのでは?
    ・「感謝」されすれば、生き物を殺して良いの?
    ・野菜や魚は「痛み」を感じないから食べて良い。
    ・「痛み」無しなら、殺しても良いの?
    ・必要なたんぱく源は肉以外で摂れるのだから、肉食すべきでない。

    などなどなど・・・。
    書き出せばキリはないでしょう。

    難しい問題です。
    スパッとした正解など、今ここで私が出すことはできるはずもありません。

    それでも、思うままにつづりたい。
    そう願って、あくまで私流に、さまざまな角度から考えたシリーズです。

    一こま一こま小出しの記事にすると、想いが正確に伝わらないと思ったので、一括ドン!と掲載です。
    時間のある時に、好きな部分から読んでみてください。

    但し、「全体を読んでから考えて欲しい」との思いから、コメント欄はこの記事のみの設置となります。
    どうか思いのままに、あなたのご意見をお聞かせください。

    なお、これはあくまで私の意見であり、「これが絶対の正解!」と押し付けるつもりは毛根ありません。
    親父たち ぺこ デコ・・・・・。

    ちなみに「毛頭ありません」の「毛頭」って、「毛の先ほども」と言う意味だそうです。
    毛の無い人はどこまでにするのって話です。

    州。ノ ε `。州ンププ

    いえいえ、基本的に真面目に書こうと思ってはいるのです。
    ところどころのイオン節は皆さまの広~~~い心でお許しいただき、肩の力を抜いて楽しみながら考えていただければ幸いです。

    では、はじまりはじまり~♪
     ↓↓↓

    1.何に対して「可哀相」?
    2.食物だけではない
    3.行政
    4.体験的に
    5.こだわりすぎれば
    6.命を紡ぐ

    ← 叱咤激励のクリックを親父 ぺこ デコ


    無料blog




    [ 2011/02/21 13:06 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(54)
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2011/02/21 13:50 ] [ 編集 ]
    共感…
    激しく共感しました。。。

    「命を頂いて、感謝して残さず食べる」

    食べる前は「いただきます」
    食べた後は「ごちそうさまでした」

    ただ単に言うだけでなく、
    心を忘れずにいたいと思ったデスv-119

    [ 2011/02/21 14:03 ] [ 編集 ]
    見まつがい
    こんにちは。
    丁度似たことを取り上げている本を読んだところでした。
    まだ考えはまとまってませんが
    食べられる体に、まずはありがとう。
    (TOP)を、大泣きの顔文字と見まつがいして
    イオンさん、ど~したの?
    と、びっくらこきました。
    [ 2011/02/21 14:21 ] [ 編集 ]
    TOP
    泣き顔・・・確かに見えるかも!?
    ぼーさん、ご指摘ありが㌧!
    直してこようっと。
    ε=ε=ε=ε=ε=(o・・)oブーン
    [ 2011/02/21 14:39 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    子供の頃、給食で鶏の唐揚げにぱや~んと薄毛が生えていたのをみて、それから成人するまで唐揚げは食欲と結びつかず、食べられませんでした。生きてたんだ、コレ。。。みたいなショックからでしょうか。
    昔からなんとなく山になる木の実や野菜など(ひとつの種から沢山収穫出来る物?)は人間が食べてもいいよって神様から許されたものだという気がして、安心して食べてました。とはいえ沢山ではないですが、肉も食べますし、魚も好きですが・・・。
    食からは外れますが、交通量の多い道路脇の街路樹なども根本の僅かな部分の土を残してアスファルトに埋まり、騒音の中ほこりだらけで可哀想だと感じてしまいます。
    人間以外のものに対してもっと思いやりや感謝、リスペクトの気持ちが感じられる世の中になれば、食肉は罪だという極論に走らなくてもいい世の中になるんじゃないかな?と思いました。
    いおんさん、いつも愛ある記事をありがとう♪(^^)
    [ 2011/02/21 14:47 ] [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2011/02/21 15:04 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    概ね添えるけど・・・・・・・・・・・
    保健所殺処分のとこは・・・・・・・・・・・・・・・
    ま、感性違う別のニンゲンだからあたりまえだよねと思う
    色んな人居て色んな価値観あるから違ってあたりまえだよね
    考えさせてくれてアリガトウ
    [ 2011/02/21 15:39 ] [ 編集 ]
    そらは、食べられるってゆうことは、素晴らしいことだと思います(~o~)

    そらさんはあんまり量が食べられないので(ってもただ小食なだけなんですが(>_<))、みんなでお店に食べに行ったりしても、お弁当を買ったりしても、たくさん残してしまいます(__)

    少なくできるものはできるだけ少なくしてもらったり、もっと食べられる人に食べてもらったりして、できるだけ残さないようには心がけてるのですが…。

    それでもやっぱり食べられなかったりします(__)

    そんなんだから、食べることが苦痛な時もありました(今でもたまに…)。

    食べないで生きていけたらいいのにとも思いました。

    でもそんな自分が哀しいなと思ったりもします(/_;)

    でも、やっぱり食べないとフラフラします(__)


    なんか、論点がずれてますね…すいません(+o+)

    生きぬくためには、動物さんも植物さんもみんなみんな必要だー(>_<)って思います。

    そして、私たちにできることは、命をムダにしないことですね(>_<)

    そらもがんばります(__)
    [ 2011/02/21 16:43 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    数日ぶりにお邪魔したらドドドーっと記事が!びっくり!
    そして、思った事・・・
    正直、難しかった、です^^;

    先日帰省した時に高校の卒業文集を見たのですが
    自分の書いてる事を読んで「あちゃー(;-∀-)」と思ったり
    先生からの言葉が、今なら何を言わんとしてるか理解出来たり
    10年でいつの間にか成長してたんだなと。
    なので、5年10年すればもっと自分の中で具体的に見えてくるのかなとも思いました、色んな事を経験しながら。
    ペットを可愛がったり、道端の花を愛でたり
    肉を見て「これは豚さんだよな」と自覚したり
    自分の周りから大切にしていけたら
    そしていつかもっと広い視野を持てたらなと思いました。
    [ 2011/02/21 17:44 ] [ 編集 ]
    ハゲしく共感
    そして、真面目な記事なのに
    所々爆笑して読み進みましたe-415

    スーパーの並べられた切り身を見ていると
    ついつい、元の姿を忘れてしまうe-263

    私達を生かして頂く為に、犠牲になってる
    豚や牛、鳥や魚。。。感謝して美味しく頂くことを
    娘にも伝えて行きたいと思いましたe-267

    毛皮も持ってるし
    皮の靴もバッグも持ってる
    お化粧もするし薬も使います

    今の社会に住んでいる限り
    それらから隔絶して生活するのは難しい

    出来る限り現実を知って考えて
    問題意識を持っていきたいと思いましたe-415e-420


    いおんさん素晴らしい記事をありがとうございますe-267
    [ 2011/02/21 17:57 ] [ 編集 ]
    おにくー!
    流れ流れて気付いたらハンバーグ屋をやり始めて10数年経ちます。最初の10年は別の料理もやっていたけどハンバーグばっかりでるので、、私自身は魚食べて育ちました。10数年前にあることがきっかけでスピ系に目覚めさせられましたが(笑)そのときから肉に対する、肉料理で生計を立てている罪悪感をじんわりと感じています。ただ、、、お客様は圧倒的にサラリーマン。会社を支え家族を支え、長時間通勤地獄を何年も何十年。
    雨の日も雪の日も耐えてきている方たち。この国を実際支えているのはこういう善良で寡黙な人達だとおもうんです。あの人達には動物性タンパクと脂肪は必要なんです。ほんとそうおもうんです。

    それにしても人間はなぜ捕食する側で捕食されないのでしょう?シャチも食物ピラミッドの頂点に位置するとか。
    同じ食物連鎖の頂点にいるシャチと人間の違いって・・・

    すみませんまとまりなく長々と。。。
    私もずう~っと、殺生について考えていたのでイオンさんのブログを読んですごーく同感。
    おもわず書いてしまいました。
    [ 2011/02/21 18:09 ] [ 編集 ]
    難しいとこやけど・・・
    だいたい色々考え始めたら最終的には人間邪魔じゃね?
    しねばいいんじゃね?ってなっちゃうやろ。
    息してることまで悪くなる。
    僕なんか屁ばっかりしてるから空気すら悪くしてるで。
    う○こだってある意味環境汚染やで。

    とりあえず何が言いたいかと言うなら
    肉は美味いんじゃーーーーっ!
    焼き肉ばんざいヽ@( ̄(ェ) ̄群)@ノ
    [ 2011/02/21 18:50 ] [ 編集 ]
    イオンさん
    ありがとう
    がんばります
    [ 2011/02/21 19:44 ] [ 編集 ]
    うん、うん
    去年あたりからスピリチュアルにどっぷりな方の極端な菜食主義や、自然主義に首をかしげてました。
    口蹄疫の問題からですよね。「どおぶつさんがかわいそお」のような感情的な純粋な気持ちが、結局は政治の道具に使われていてガッカリでしたし。

    歴史を詳しく調べてみると日本人も結構鳥やウサギの肉を食べてたらしいし、生き物として人間は雑食だと思うので、これからも肉は喰います。
    死んでくれた生き物に感謝しながらご飯を作っていきたいです。
    [ 2011/02/21 20:15 ] [ 編集 ]
    からん
    こんばんは。子供の頃は、『こだわれば』にあるような考え方に行き着いて、人間さっさと死ぬしかねえじゃん……と絶望しました。今は、地球で生きてモノは悪ではなく、単に生きてる……ただ、それだけだと思う様になりました。
    また、食べると言う機能。これも、意味があるから食べるんでしょう。植物みたいに、光と水と養分のみで生き、付けた実を他の生物に与えれたら、肉食がどうの……とはならないでしょうけど。植物以外の生物も、違う形で食物連鎖で何かを与えてるはずですが……正解は分かりません。
    でも、肉食しないならしない。食べるなら食べる。別にどちらでも、個々の判断で良いと思ってます。極端に走らず、バランス良く……が理想です。
    ただ……無益な殺生だけは、私には許せないですが……。
    [ 2011/02/21 20:16 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    深く考えさせられる 怒涛の6本立てだったわね。
    「不毛のロン毛」が出てこなければ、私のエクトプラズムが 飛び出していたところよ。
    (; ̄∀ ̄)フゥ 危ない危ない。

    私ね。ご幼少のみぎりに 同じ幼稚園に通うお友達が、トラックに轢かれる所を 見てしまったのよ。それから ずっとお肉が食べられなくて…

    でも不思議ね。妊娠した途端に レバニラ炒めやら 生姜焼きやら… 食べれるようになってね。
    食べれると言うか…食べたいと思ったのよ。

    その時に 「あぁ…命って繋がっているんだなぁ…」って思ったの。
    豚肉も鶏肉も この子に受け継がれて この子の骨や血や肉になるんだなぁ…
    どうせ受け継がれるなら、優しく楽しく過ごした豚さんがいいなぁ…なんてね。

    だから何が言いたいかって言うと…
    やっぱイオン節が、所々に散りばめられていないとダメね。
    って…違ったかしら?(; ̄∀ ̄)アラッ
    [ 2011/02/21 20:23 ] [ 編集 ]
    ('∇')ノ☆・゜
    「ベジタリアン」と聞くと違和感があります。人間も動物も、魚も植物も「同じ」です。同じこの地球で、同じ空の下に生きています。捕食が悪いのではなく過ぎるのが良くありません。肉を食べないとこだわるのではなく「生」を無視しない、それが大切だと思います。この世には光と闇が全てにあります。動物実験で得た新薬は実は必要が無く、自然の中に治療法がちゃんと有りるのではないのかと私は考えます。人が全ての命に気づき愛する心を持つ時、命は調和し、地球は調和するのだと思います。
    [ 2011/02/21 20:35 ] [ 編集 ]
    やっぱり
    こういうことを深ーく考えていくと、結局は一番単純で、でも難しい

    今を楽しく精一杯生きる!

    っと言う答えに行きつくのよね。
    いただいた命だもの、簡単に放棄しちゃ、お天道様に申し訳がたたないわ♡

    考えるって素敵なことね~♪
    [ 2011/02/21 21:06 ] [ 編集 ]
    誰もが自分の感じるままに自信を持って生きて行けばそれでいぃのかなぁ…
    と思います。
    可哀相だから肉を食べる気になれない人は自信を持って食べなければいぃ。
    殺生しなければいけない仕事に就いている人は家族のために自信を持って仕事をつづければいぃんじゃないかと…

    私達は過去、人間同士で殺し合っていましたよね。その時はきっと生きるためにはしょうがない事だと思ってやっていた

    でも現代 殺し合わなくても生きるすべを見つけ、今私達は生きています。

    イオンさんの言うように、まず考えることが大事 なのかなぁ

    ちゃんと知って、感じて、そして自らの思う道をただ歩んでゆけば

    少しづつ 少しづつ…
    良い方向に全体として私達は進化して行くんじゃないかな

    この大量生産、大量消費の 一見無駄にも見える時代があったからこそ 、気づくこともあるんだと思います。
    今 沢山の人が、自分だけじゃなく、動物や自然そして地球のことを考えられるようになった、そのきっかけの時代に私達は生きているんですよね

    明治維新のような混乱の時代かも知れないけれど、だからこそ一人一人が良く考えて、自分の心に正直に、自信を持って生きなければいけないんじゃないかと

    思いました

    ・肉が食べたいと思ううちは感謝して頂きます。
    ・食べたくなくなったら自分のメニューから除きます(家族は家族の意思を尊重)
    ・毛皮や革製品は新しく購入しません
    ・観葉植物を枯らさないように頑張ります
    ・家に入って来た虫は生け捕りにして追い出すか、無理な時は殺します

    これがイオンさんの記事を読んで私が決めた道

    信じて進みますo(^-^)o
    イオンさん、考える機会を与えてくれてありがとうございました
    [ 2011/02/21 21:18 ] [ 編集 ]
    人間の業だと思います
    いおんさんご無沙汰です。久々コメントします。

    私は動物好きから獣医になりました。子供の頃からこのテーマを考えてきました。捨て犬の処分、屠畜場、伝染病の殺処分…詳しく存じています。

    私の結論。人は雑食性の動物。肉や魚を食べる欲求は自然な事。本当は食物連鎖の一員として「食べられる」こともあれば対等だったけど、地球の支配者になってしまった。そして自分の都合で生物は食物に、ペットに、害獣にもなる。人はそのような身勝手な存在であることを認め、謙虚に努めるべきでは、と思います。


    菜食主義者の人が「乳製品はOKだが肉は可哀想だから食べない」と話していました。でも酪農は雌牛は搾乳し、雄は肉用に出荷することで産業として成り立ってます。牛乳の影に肉が存在するんです。表面的に罪悪感がないから残酷に荷担してないと考えるのは偽善的とも感じてしまいます。


    …最後に、いおんさんの記事について、気になったところがありました。

    合法だから、家族のために働いているから、屠畜場などで働くのを誇りとして…というより、「大切な社会の役割を担っている」というのが妥当ではないでしょうか。彼等のおかげで、自ら手を下さず、肉を食べられるのです。


    また、鳥インフルの殺処分は、国内では炭酸ガスで安楽死してから焼却や埋却をするので「生き埋め」はありません。

    長々すいません。このようなテーマをもうけてくださって感謝しています。
    [ 2011/02/21 22:58 ] [ 編集 ]
    びっくり!
    こんばんは!
    一日でたくさんの記事があったので驚きました!!
    いおんさん何かあったのですか?
    最初の方は他の人が書いたの!?って思っちゃいましたよ。

    食肉に関しては自分にとって必要不可欠なので・・・。

    でも、鶏インフルに一羽でも感染したらそこで飼われている鶏を全部処分するというのには???と思います。
    人間が新型インフルに感染しても周辺のひとは殺されたりしないでしょう?矛盾に思ってました。

    無知なので、人間と鶏の場合の違いが分からないのですけど。
    [ 2011/02/21 23:40 ] [ 編集 ]
    (ToT)(-"-;)(・_・)エッ..?(o^∀^o)
    いおんしゃん~☆
    ゆずはだよ~ん(^O^)
    の~したん(・◇・)?
    ふんづまってたのん?
    一気に いってしまったのんね~♪
    あ~びっくらこいた。

    いおんしゃんの 真面目な話に キャー
    (≧∇≦)

    ゆずはも 反省することばかり
    世の中に 物が 溢れていて…
    戦争に行った おじいちゃんなんか からすると 以ての外!
    もっと物を大事にしなきゃ!です

    動物に関しては 正直よくわからないの‥
    ただ 自身が飼ってる動物は その仔の生涯見届けようと思う!

    植物に感情は絶対にあるよね。育ててる人の感情をモロに受けてくれる。そぅ感じてる♪よん

    世の中当たり前なんてない!
    感謝だらけ!
    その物の命を頂くことにも感謝(^^)

    お互い様お陰様…・・・いおんさま~

    m(_ _)m
    [ 2011/02/21 23:42 ] [ 編集 ]
    つらつら…
    鳥インフルなどで『何万羽(頭)の殺処分…』のニュースを聞くたびに耳をそばだてています。
    こういうかたちで命を奪ってしまうことの『鶏への謝罪』が聞こえてきやしないかと…淡い期待をするのです。
    お肉にするのも『処分』なのだけれど、
    こういうときの『処分』という言葉に、自分の驕りがあるようで耳に痛いです。

    ニンゲンは食物連鎖のループには入っていませんよね。連鎖の途中から横取りし放題状態です。
    もしニンゲンがループの一部に参加できるならば、命を尊ぶことと感謝すること。それしかできないかな…

    命を食べないと命が絶えちゃう私です。命を食べるお作法を考えさせられました。
    ありがとうございます。
    [ 2011/02/22 00:31 ] [ 編集 ]
    バランスと循環
    こんばんは。

    お肉も野菜も、善とか悪ではなく、
    食べることは循環すること。無駄に作らず殺さず。

    そしてそれがうまくまわるようにバランスを保つこと。土や水や空気を汚さず。

    無理せず、でも怠けず。できることをできる分だけする。

    そんなすべてのモノや営みに感謝して過ごせたらいいな~!
    そんな感じです。
    [ 2011/02/22 00:57 ] [ 編集 ]
    そうですね~。
    何が正しいかなんて、答えはありませんね。
    みんなが冷静な頭と思いやりの心をもって、命を大切にした生き方、幸せな在り方を選択することが大切だと思います。

    肉食がだめ、とは私も思いません。
    ただ、無用な殺生につながるようなことはしない方がいいと思いますが。

    頭で考えることも大切ですが、感性で感じることも大切だと思います。

    あと大事なことは、こういった話をするときに、自分と異なる意見の人自身を攻撃しないこと。
    その行為はエゴを満たすだけだと思いますから、認め合うことも大事なことだと感じます。
    [ 2011/02/22 01:35 ] [ 編集 ]
    万事 本人次第だと思ってます
    良い悪いなんてなくて、ただ自分で決めてるだけだと思います。人の感覚を否定せず、自分の感覚を押し付けず、自分の選り好みでいいんじゃないか って思うようになりました^^

    知らないまま、考えないままが一番もったいない とゆうのは同感ですが、個性とゆうか どうしようもできないとゆうか、私自身 興味のあることにしか頭が働きません;
    まいなすいおんさんは博学ですごいです(^o^)/
    [ 2011/02/22 06:43 ] [ 編集 ]
    おはようございます
    数年前に書き込みさせていただいたものです。
    いつもROMで読ませていただいています。
    小学生になった子供に最近聞かれた話題だったので
    とても参考になりました。
    子供には、食べるってことは感謝を持って命を頂くっていうことだよ~というように教えました。
    以前はよく食べ物を残していた子供も、理解してくれたのか残さず食べる努力をしてくれるようになりました。
    命の問題は人それぞれの考え方があって難しいですね。
    私の言った答えも合っているかどうか…。
    でも少しでも命について考えてくれる子に育ってくれて良かったです。
    これから自分の答えを見つけてくれればいいなあ。
    いつもいろんなことを考える機会をくださってありがとうございます♪
    忙しくて大変なのに更新ご苦労様です。
    これからも楽しみにしていますね^^
    (お母さんネタ大好きです~。絵文字ウケました^^)
    [ 2011/02/22 08:36 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    >私の結論。人は雑食性の動物。肉や魚を食べる欲求は自然な事。本当は食物連鎖の一員として「食べられる」こともあれば対等だったけど、地球の支配者になってしまった。そして自分の都合で生物は食物に、ペットに、害獣にもなる。人はそのような身勝手な存在であることを認め、謙虚に努めるべきでは、と思います。

    激しく同意。
    心から共感出来ました。
    言いたいのに上手く表現出来ないことを
    完璧にまとめて頂いた感じです。
    ありがとうございます。
    深謝。
         

    [ 2011/02/22 10:09 ] [ 編集 ]
    個人の感性でよいと思います
    こんにちは。
    ふんつまってるの?は笑ってしまった。カワイイ…。
    ウチは息子が大学でこーいう研究をしとります。
    無菌状態で温室育ちのお嬢様お坊様のラットちゃんが主です。
    すごいどす黒い顔をして帰ってきた時に、今日は何の勉強した?と聞いたら、ラットを使ったと。
    ウチには自閉症の子がいますが、私の母親は私の育て方が悪かったからと言ってます。
    また、私自身もADHDですが、私に関しては自分の育て方が悪かったとは言いませんね。親父に似てるからと言います。
    こーいう実験とかで私らの発達を解く理論を出す面もあるわけですが、それから先…いろんな理由で感情がなくなったり不具合がある人間のが、人としての感性を取り戻し生きていくには、どうしたらいいのか、は、誰も答えを出せないです。
    答えが出せない事はたくさんあります。
    けど、ままならないことがあるのは不幸や不便だけじゃないようにも思います。
    逃避や転嫁すら出来ない、死ぬ事すら選べない、自分の限界を感じ無力感に打ちひしがれた時って、やっぱりこの世界には神と呼ばれるものは確かにあると、実感する機会でもあるんですよネ…。
    また、肉や実験に関しては、請け負ってる人間はそれなりのカルマも請け負ってるんだなと。
    自らの手を汚す役割に回らないでいられるという事は、ある意味幸せな事ではないのかなと思いますよ。
    [ 2011/02/22 10:26 ] [ 編集 ]
    私はロム専なのですが、『自分で考えることが大事』とのご意見に、ただ皆さんの考えを見ているだけではいけないなと思いました。

    誰かが決めてくれた善悪に従うだけなら、楽です。
    つまり肉食が善か悪か、神様が我々を裁く基準が存在していて、それを誰かが教えてくれたら、従えば良いだけです。

    でも、それでは主体性がありません。主体性が必要無いのなら、人間に思考や感性は必要ありません。むしろ邪魔です。

    全てのことは、様々な情報や意見を参考にしつつ、最後には自分で決めるのが、生きるということなのでしょう。

    私は肉を食べます。
    ただこれからも、『どんな気持ちで食べるか』ということを、常に考え続けようと思います。

    皆みんな、ありがとうございます。
    [ 2011/02/22 11:07 ] [ 編集 ]
    今回の記事はもっとみんなが真剣に考えなきゃいけないことですよねー。

    日本にいると、foodに溢れていて 食べたい時に簡単に摂ることができる。で、余ったfoodを簡単に廃棄してしまう。

    こんな環境がいつまでも続くわけがないですもの。
    近未来に食糧難が迫ってる、という実感がまだ感じ取れないのが日本の現実です。

    で、foodが食卓に載るまでの過程を知るということの大切さを改めて感じてます。

    何がよくて何が悪いの視点ではなく、食糧があるというだけで感謝しなきゃならないですよね。

    食物連鎖の頂点が人間であるなら、食糧難になってしまうのも人間の責任。

    目の前にある料理を意識して頂くことが最近多くなりました。


    こういった話題が頻繁に投稿されるとみんなの意識がより高まると想います。


    いおんさん 有り難う御座います♪



    [ 2011/02/22 12:28 ] [ 編集 ]
    共感しました
    初めまして!お邪魔します。

    私も、考え始めると「人間なんていない方がいいんじゃないか?」という方向へ行き着いてしまうことがあります。なぜかというと、罪悪感を感じてしまうからです。
    でも私は、地に足がついた 日常 を大切にしたいと思っていて、衣食住はその基本。料理は人を笑顔にしますし、命をいただいてるんだ、と、こうして感謝についても学べます。

    もっと社会が成熟すればいいのに、とか、飽食と飢餓が共存しているこの地球のバランスを取るにはどうしたらいいんだろう?なんて壮大なテーマを考えてしまったり、虫を殺生することについて考えたりしますが
    結局、自分に出来ることを出来る範囲でやっていく、それでいいんですよね♪
    とても共感しました^^
    [ 2011/02/22 13:33 ] [ 編集 ]
    いつも元気が無くなったときやしんどくなった時にイオンさんのブログを読むと癒されます\(^^)/!(内容関係無しに)
    心に直接届く気がします。
    今回の内容も人それぞれ色々な思いがあると思いますが、人にどうせいこうせいと否定するより自分の中で考えたり知る事のが意味があるかもしれませんね!

    イオンさんは忙しかったりでブログを更新するの大変かと思います。内容を考えるのも大変ですよね。
    でもイオンさんのブログを見るのが本当に元気が無くなった時の私の癒しです(^o^)
    ある意味イオンさんの時間の犠牲の上に私の元気が成り立っているのかも(..)笑
    自分の知らぬ間の犠牲が誰かの役に立つこともおるのかなぁ~とも思います\(^^)/

    [ 2011/02/22 14:14 ] [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2011/02/22 15:22 ] [ 編集 ]
    うぬぬぬ
    イオンさんコメンテーターのみなさん、こんにちは!

    こういうこと、いつも考えてます。
    だからスッごく嬉しいです。
    いつも、死を意識して(暗い意味ではなくめっちゃ明るく)生きてるのですが
    そんなこと表ざたに言うこともなく静かに暮らしています。

    先日「オーシャンズ」という映画をみましてね、
    そのとき思いました。

    活きた食物を必要な分だけ感謝して楽しく頂くことが一番体によいと。

    現代社会は、利便性を追求しすぎ、
    臭いものに蓋をしつづけてきちゃいました。
    だから現実からどんどんとおざかってしまいましたね。
    自然と調和して生きていく術を放棄しちゃった人がほとんどで
    そういう構造での循環がなりたってしまっている以上は
    おかしな部分、腑に落ちない部分が多少、いや、
    沢山できてきてもおかしくないとおもいますです。

    自身が命がけで狩をして戦って勝ち、
    命をつなぐ食肉を得るということはなかな
    かできませんが、
    昨今、自分で食べる野菜位は自分で作りたい!という人達が現れてきましたね。
    この流れは、現代の食に疑問をもっている、理想に近づけていきたい!
    と、大切な部分に気づいた人達の動きなのかなぁと思います。

    お肉やお野菜を料理してて私の場合は必ずすることがあります。
    それは、「感謝」を口に出すことです。
    私は無宗教ですが、料理する前、
    「ありがとうございます。大事に頂かせていただきます。この命を無駄にしないように、せいいっぱいい生きます!」
    といって料理にとりかかります。
    そして楽しく料理、
    「みんな健康で、充実した日々をおくっていけますように。
    労働で疲れたからだが癒されますように。
    おいしくな~れ!お
    いしくな~れ!!!」と小躍りしながらの料理です 笑
    楽しいです。

    そして、出来上がり
    「頂きます!」
    のあとは「おいしいね。たのしいね。」と頂きます。
    そして、「ごちそうさまでした。」
    食べ終わったお皿をみて、
    今日もコレだけのお皿に食べ物を満たすことができた・・・
    とおもいながら、感謝しながら手でお皿をクルクルと洗います。
    (基本お皿洗いは好きじゃないんですがね!)

    口に入れた瞬間に「あ・・・・」と直感的に、
    ここにくるまでの工程に強い負の力を感じるものもあります。臭いというかなん
    というか。。。
    どうしてもきになるものはいただきませんが、
    だいたいが少しくらいはそういう感覚がおきます。
    でも、感謝の気持ちで包んで、楽しくお料理して、またまた感謝していただく。
    かたよらないで、色々なものを大切にしっかり頂く!
    あとは、しっかり働いて、しっかり眠り、次の日につなぐ。。。

    これで、プラスにしてしまうぞ!
    って気持ちで日々の食事を楽しんでいます!

    でも、やっぱり自分の畑がほしいなぁ・・・笑
    まだまだ先になりそうですが、絶対にかなえたい夢です。

    長文乱文失礼しました<(_ _)>

    感謝

    p.s ちなみに口蹄疫って重大な病気と確証があるわけじゃないってしってましたか?
       鳥インフルとかと違って、
       別にほっとけば治るし。。。すっごい気になってしらべてみたら、
       売りづらくなるから的な人間の受ける感覚の問題のようです。
       非っ常ぉおおおおにショックでした。。。完全に物と化してます。
       動物のみならず、人間も物のように扱われていますし。。。このままではまずいですね。。。
       
    [ 2011/02/22 16:59 ] [ 編集 ]
    考えてゆきましょう
    日本には鉄や石油などの資源がありません。日本は車や機械などの製造や製鉄の技術などで輸出を行い、資源を海外から買い付ける為に外貨を稼ぎ続けねばなりません。そうした日本企業が海外で受け入れられるためには、日本も海外の製品の輸入をしなければ国際社会から叩かれます。国内産業を守るよりも、関税を下げて、海外の製品を安く買わねばならなくなりました。
    昔は自由貿易をめぐって戦争にすらなりました。今はWTOの協議で解決をはかります。
    何を食べるかは、消費者が日々何を感じて考えてどう買い物をするか、にかかっていると思います。みんなが毛皮に嫌悪を感じる意識になれば誰も買わなくなりますから、企業もそれを作らなくなるでしょう。ひとりひとりの意識が高まれば、大きな問題も自然に動くかもしれません。
    どう生きてゆくか、何を大切に思って日々を過ごしてゆくか、考える事本当に大切ですね。
    [ 2011/02/22 17:07 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    イオンさんいつもありがとうございます。

    今回の記事で、あらためて考える機会をいただきありがとうございます。

    昔、祖父母がお店もない山奥で農業をして暮らしていました。
    私達が帰省した折、いつもは、卵を採るためにかっている鶏をもてなすために…。

    子供であった私は、寡黙な祖父が見ないほうがいいよとぼそっと呟いたのも聞かず、一部始終を見ていました。
    さすがに、その日は食べることができませんでしたが、
    今思えば、食べるべきだったなと思いました。
    その後は、普通にいただいていますが。

    他にも土間には、雄牛が一頭飼われていて、たまに行って餌をあげるだけでも、かわいいなあと思ったぐらいですから、りっぱに育てて別れる日(売られていく日)は、どんな気持ちだろうと今なら想像がつきます。

    私は、鉄分を貯蓄できにくい体質のようで、鉄剤のお世話になっていますが、やはり食品に頼らざるを得ません。

    いろんな命によって生かされているのだということを忘れずに、感謝して過ごしていきたいと思います。

    ありがとうございました。
    [ 2011/02/22 17:56 ] [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2011/02/22 19:46 ] [ 編集 ]
    お久しぶりです^^。
    難しい問題ですよね。
    戦時中とかは犬の肉も食べたような事を聞いた事がありますし
    人の肉だって・・・・。
    世の中には善悪で決められないものもあると思っています。
    感情や魂をあるということを元に考えるなら、
    人が生まれる時にある程度人生を決めるのだとしたら
    動物や植物もそういう運命を受け容れてる
    奉仕の魂を持っているとも言えるのでは・・・。
    ならば、自分に出来るのは感謝して戴くこと。
    残して捨てたり、必要以上に求めるのは
    問題があるとは思います。
    個人的には歯の形状とかで菜食中心で
    肉は少量で良いとも思っています。
    [ 2011/02/22 23:43 ] [ 編集 ]
    難しい問題かもしれないけど
    昨日、ちょうど『オーガニックなものしか食べない』ママ友の話を聞きました。
    そのとき、この記事のことは思い出せなかったのですが、なんだかわからない違和感を覚えました。
    わからないですが、何かを究極に大切にする人は、ある意味こだわりが強いわけで、ほかの何かを究極に大切にしてない人のようにも思います。
    私なんかは未熟者だから、時々生きるのがしんどくなってこの修行をなげだしたくなるときがありますけど、そんなときは、ふと肩の力をぬいて、『自分が楽しいと思う生き方を選ぼう、進もう』って思うようにしています。

    こだわることは時には大切だけど、過ぎたるは及ばざるがごとし、なのでしょうね。

    イオンさんがいつもいわれているように、”明るく、楽しく、正しく”いきることのほうが、大切だと思います。(この言葉の中には、思いやりとか、暖かさが詰まっているようにおもうのです。)
    子供に継承していくなら、私なら、この言葉かな?
    [ 2011/02/23 06:47 ] [ 編集 ]
    まいなすいおんさんのツイート
    mainasu_ion_x 風さんのお知らせは和歌山、心臓の痛い地龍さんと私の体調不良はNZの地震でした。NZの被害の大きさは衝撃です。早く救助が行き届きますように…。
    約2時間前
    [ 2011/02/23 08:40 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    一連の記事、読ませていただきました。
    そして、私も、自分のこの先の行動を考えました。

    1)柔軟に、バランスをとっていくこと。

    2)「いただく」ことは「悪」だからと「いただかない」ようにする、のではなく!
    「いただく」ことに「ありがとう」の感謝の思いを込めて、次の行動に循環していくこと。

    「正義」も度を過ぎれば、「悪」と似たりよったりになるものだし。そもそも絶対的な「正義」なんて、存在しないのかもしれないなぁ。。。と、最近ちょうど考えていたところでもありました。

    考えるきっかけを、ありがとうございました(。-人-。)
    [ 2011/02/23 12:50 ] [ 編集 ]
    毛頭
    毛頭ですが…
    ハゲて頭に無くても、まゆげもまつげも 全身に体毛生えてますよ。
    何かの薬で全身の毛が無くなっても、お薬が馴染んだり体から排出されたら、また生えてきます。
    人間の身体は上手くできていますね。有り難いことです。感謝です。

    コメント送れるほど、元気になりました。私も19日は最悪だったので、何かを感じたのかもしれませんね。洗濯機も正常に動くようになったみたいだし…

    イオンさん、ありがとう。
    [ 2011/02/23 14:53 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    僕も最近食べモノについて考えていました。

    今では意図的に肉を減らし野菜を多めに取る食生活を続け
    一日一食と朝のフルーツで元気に出社しています。
    まぁ僕の半径5メートル以内の話は置いておいて。
    人間が生きて行く上で食べ物は無くてはならないモノです。それはこの先しばらくは変わりが無いと思います。
    しかし嫌な事があったから大食い
    ストレスに任せての大酒
    ご褒美という名の大量の甘い物

    食べることに理由をつけるのって人間だけですよね?
    解消できないストレスを食べ物で発散する
    これはおかしいと思います。

    その為に必要以上のエネルギーを体に貯め込む人もいます。日本の中にも今日のご飯に困る人もいるのに・・・。
    世界には・・・・・。
    僕が今考えているのは必要な食事と不必要な食事です。

    ストレスに任せての食事。本当に必要ですか?

    あと日本人はモンゴロイドなので根菜 葉物 青果 魚 海藻 大豆などのタンパク質が一番体に合っているそうです。

    この50年生活習慣病や胃腸の疾患が増大しているのは食べ物に原因があるというのもあながち間違いで無いかも知れません。

    日本人は日本人らしく。これから生まれてくる子供達の為に少しでも良い日本の姿 文化 食 心を残せたら良いな。
    [ 2011/02/23 23:32 ] [ 編集 ]
    三味線を大切にしたいな~。
    こんにちは。最近、読み始めました一読者です。
    ツィッターで一度お返事頂きました。

    自己流で三味線を弾いています。
    祖母のお古や、知り合いからの頂き物で、
    たぶん、犬皮を貼ってあります。
    高い物は猫皮を貼りますが、破れやすいそうです。

    ウチには犬も猫もいるので、可愛さも判っています。
    どう三味線が作られているのか、皮はどこから来ているのか、
    判りませんけども、犬だか猫だかが使われている。
    そう思うと、これからは感謝しつつ弾こうと思います。

    そうすると、演奏が上手くなる…なんてありませんね~。(苦笑)
    練習あるのみですね~。

    心のありよう。。。大切ですね。。。
    [ 2011/02/24 00:07 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    解体されるときの牛の悲しみを考えると、そこまでして牛の肉を人間は食べる必要あるの?と思います。また、1人分の牛を食べることは、10人分の穀物を食べることにも等しいとか。食料は値上がりしはじめていて、食糧難の時代がいずれ来るでしょう。肉を食べるより、穀物を食べて残りの9人分は誰かに食べてもらった方がいいと感じます。
    [ 2011/02/24 10:59 ] [ 編集 ]
    ありがとう
    忙しいなか、イオンさん一生懸命書いてくれて、こうして伝えてくれた勇気に、ありがとうございます!
    もう少し何度か読み直してから考えないと、コメントらしいものにはなりそうにないけれど、まずはお礼が言いたくて。
    それぞれの意見が同じだったり、ちがうところがあったり、でもそれぞれが考えている姿は真摯で、素敵だなと思います。私ももっと考えて、今よりもう少しでも、努めてみよう。。。
    [ 2011/02/24 13:26 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    最近気が付いたのですが、私が食べるものはみんなお日様の力でできているような気がして・・動物も、植物もみんな・・・お日様が光をくれなかったら育たないでしょ・・調理に使う燃料も、電気、ガス、もとをただせばお日様の力だよなぁって、そんなことも思いました。だから、私はなんにもしていないのに、こうして食べさせていただいて、生きさせていただいている身の上なんだよなぁって。
    お日様にまかなってもらっている、バリエーションというか、幻なんじゃないかと思います。動物とか、植物とか、人とか、別々のそういうふうに見えていて。
    だったら、みんな尊重したい。自分を含めて。(その宗教の人は他は尊重したけど自分を尊重しなかったってことだよね)。
    下手に知識とかでなくて、自分なりの心地よさや楽しさを基準にして生きていきたいなぁって。
    私という期間限定の命をしっかり生きていきたい、それが生きさせてもらったお礼なのかもしれないなぁと思いました。

    あらためて考えさせられました。
    いおんさん、どうもありがとう。
    [ 2011/02/24 20:49 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    昨日は少し自分に憤りもあって思ったことを書いてしまいました。多くの人が読む大切な場所で配慮に欠けました。すいません。
    僕もみなさんの記事を読んで本当に色々な意見があり、命を紡ぐという大切さを改めて人生を通して学んでいこうと思いました。
    補足ですが
    itunes のpodcastの学問のススメという番組の中で
    小泉武夫(東京農業大学名誉教授)が食や生活について
    とても有益な話をされています。
    無料で聞けます。
    日本の食文化のことを本当に真摯に研究されている大変立派な方です。
    もし機会がありましたら一読をお勧めします。

    あとイオンさんいつも本当にありがとう。
    俺も自分のフィールドで出来る限り頑張ります!


    [ 2011/02/24 23:14 ] [ 編集 ]
    私の出した答え
    一度書き込もうとしてやめました。
    私の出した答えは、
    沢山の命が私の中で生きているという事。
    やっぱり尊い。植物も動物も何もかも。
    ベトナムとか、アジアなどでは、犬も普通に食べられてます。
    出荷される犬を見た時、叫びたくなりました。
    それもこれも今の私の真実。現実。

    とにかく、一番今思いたい事は、沢山の命が私の中で生きてる。生きる事を支えてくれてる。

    わたしの細胞も臓器も私が生きる事を一生懸命支えてる。

    泣けてきます。有り難い。

    イオンさん本当に有難うございます。

    日々の生活の中ではどうしても流されて忘れてしまう、大切な事を思いださせて下さって有難うございます。

    これからも、応援してます。

    皆様と共に頑張って行きましょう!!!
    [ 2011/02/27 04:33 ] [ 編集 ]
    命の意味
    命の持つ意味って、何だろうなと思う。
    分かっていそうで、本当に分かっていない自分に気づいて、怖くなる。
    命を使い切ること、自分の命も物の命も、それが今目の前に広がるもの全てにできればと切に思う。
    命を使い切る事に努める程、多くは抱えられない事に気づいて、今既に抱え過ぎているのが分かった。
    私にできることは、自分の命を使い切ることと、今目の前にある物を少しでも多く最後まで使い切ること。
    [ 2011/03/04 22:49 ] [ 編集 ]
    NoTitle
    生きること⇒食べること
    人と食物って、車とガソリンの関係ではないんだそうで、、食べたもの達は3カ月もすると人間の体に散らばって細胞を形作る。古い細胞はうんこになる。うんこはタダの食べカスなんかじゃなく、死んだ細胞が6割から7割だそう。食べることは、生きるための・・人間を形成するための・・私は食べた物たちが、自分の細胞に取って変わる姿を思い描きながら、神妙に食べています。私たちの体は一見個体に見える。しかし、その分子は入れ替わりながら同一性を保っている。それは生きるという営みの一つ。つまり、食べた物の細胞が生かされているということ。私たちの食べるという行為も大きな宇宙という流れの中の一部で有りながら。
    [ 2011/03/21 21:13 ] [ 編集 ]
    感謝の気持ちで。
    こんにちは。私もイオンさんと同じく、生命のこと
    調べたりしました。
    それで感じたことは「出来るだけ生命を奪わないで
    いきたいな」でした。
    ベジタリアンて言葉が私は好きじゃないです。
    でも私もそのベジタリアンになると思います。
    植物なら食べても良いから食べてるのではなく
    必要な量だけを、自分を生かしてくれてありがとう
    の思いで「いただきます」をしています。

    動物実験にしても、実験しないメーカーもあります。
    確かに、動物の生命の恩恵を沢山受けてます。
    全部排除出来る訳ないかもしれない。
    でも今は、スーパーに食品はあふれ家畜の量は増すばかり。
    狂牛病や鳥インフルエンザが起きたのも人間の責任もある。
    決して生命に感謝してる世の中とは程遠い様な気がします。
    そこに気づくだけでも意味があると思います。
    今は行き過ぎていると感じる一人です。

    真剣に考えることがとても意味あることで
    こうして話せてよかったとすごく思います。
    イオンさんありがとう!
    節度が大事なのではと、思いました。
    [ 2011/04/01 00:51 ] [ 編集 ]
    いのち
    いつも楽しく読ませていただいております。

    命・生きていること(生かされていること)食べ物・生き物・物、
    それから毎日を、大事にしていきたいです。
    考えるチャンスをくださって有難うございます。

    イオンさんのこと想像して勝手に好きになっております。
    あやしい告白ですみませんっ(汗)

    私は1児の母親ですが最近考えさせられることが多々ありました。
    すべて今の私に必要なことなのだと真摯にうけとめようと思います。
    (もちろんここに来たことも)

    私も仕事をしておりますがイオンさんの「日常生活第一主義」に賛同!!
    そして「家族が第一」です。

    ここのコメントとしてはちょっとズレてしまっているかもしれませんがお許しを。
    [ 2011/05/16 16:34 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。