イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    家に居たもの・・・2

    家に居たもの。。。2
    [ 心霊 ハード系 ] / 2005年01月25日 10時06分42秒


    「この家には何か居る」

    そう確信した私は、とりあえずその方面に詳しそうで、かつ怪しくなさそうな(笑)HPを探し、その内のひとりにメールで相談をいれてみました。

    すると・・・間髪いれずに返信がきました。(早っ!!)

    そこに書いてあったものは・・・
    「一般の方に降りかかる霊障としては最悪のケースです。命にも及ぶことにもなりますので、早急に手を打ったほうが良いでしょう」

    ΣΣ┏(_□_:)┓!!!
    ええええええええええ????!!!!!!!!
    こんな返信をもらって、冷静でいられる人がいようか。
    で、すぐにどのような手を打つのか、費用はどのくらいかかるのか、具体的に何をするのかetc・・・を尋ねてみました。

    またまたすぐに返信がきました(笑)
    「これはプロの霊能者がみれば10万は最低くだらないケースでしょう。しかし、私なら3万円以下でやります」
    確かこのような事が書かれていたと思います。

    この返信を読んで、急に覚めたイオンでした。
    なんだか街の営業マンみたいだなぁ・・って思ったの。
    PCの向こうで鴨を待っている営業マンを想像してしまって、その後返信はしませんでした。
    (世の中の真面目な霊能者さん、ごめんなさい)

    でも、頭の中には「最悪の霊障」のフレーズがぐるぐる回ってしまって、
    「絶対に負けない!家族は絶対守る!!!」という強い決心で
    私は完全に「戦闘体勢」に入っておりました。
    まるで玉砕覚悟の特攻隊員のようでした。

    ちょうどそんな時に、ふとしたきっかけで能力ある友人と知り合う機会がありました。

    話の流れで家の事を全て打ち明けると、細かい内容はさておいて
    私の家には確かに霊が同居していること、
    でも接触の仕方としては間違っていること、
    霊は迷子のようなものであること、
    「戦闘」ではなく「説得」をしていかなければならないこと、
    等々を教えてくれたのです。

    これは、今までそのような経験をしたことのない私にとっては目からうろこが落ちるような話でした。
    今でもこの友人には感謝してもし切れないと思ってます。
    (注:全ての霊がこのパターンで解決するわけではありません。あくまで今回の場合という話です。念のため)

    霊には霊の言い分があるんだ。
    目を三角にして「出て行け~~~~!!!!!!!!!」
    では、相手の目だって三角になるのは当たり前か・・・。
    戦闘よりも話し合い、これは本当にその通りだと思いました。

    でも・・・
    「霊を説得」って、直接お話するってこと?
    ゑ゛・・怖いじゃない!!!
    どうしよう・・・・・・・・・・

    そこで考えました。
    自分だって死にそうになったんじゃん!
    自分だって「霊」になってたかもしれないじゃん!
    相手だって生きてた時は普通の人間じゃん!(当たり前か)
    とにかく・・・やれるだけの事はやってみるか・・・・・。

    意を決して、その日。
    家に帰って台所に入るなり、
    (ここはあなたたちの居るべきところではないんですよ。早く行くべきところに行って下さい・・・)
    と、小さな声に出して言ってみた。
    「あなたたち」とは、霊の数は複数だ、となぜか直感的にわかっていたからなのでした。

    すると!!!
    パッツーンと直接頭に入ってくる声があったのです。
    それは女の人の声で
    (わかってるんだけど・・・)
    というものでした。

    びっくりしました。
    お・・・・お話ってできるんだぁ・・・・・・・・

    イオン(わかってるのなら行くべきところに行ってください)
    女の人(だけど・・・)

    びっくりして翌日に、能力ある友人に聞いてみました。
    するとその友人の話では
    「居るのは家族の霊。お父さんとお母さんと幼児、赤ちゃんの4人。お母さんは説得に応じようとしてるんだけど、お父さんが頑固ならしい」
    全てに納得がいきました。

    昨日接触できたのはお母さんの霊だ。
    廊下を歩いていた知らない大柄の男性がお父さんか。
    台所で「お母さん・・・」と呼んだのは幼児だ。
    赤ちゃんだけは私は存在を感じることはなかったけど、赤ちゃんはせいぜい泣くくらいだろうからなぁ・・・

    そして友人も説得を手伝ってくれました。
    驚いた事に、友人が家に居る霊を呼びかける声も一回だけ、聞こえたこともあります。
    (こっちに来なさい)って。
    後で聞いたら、本当にその時間にそう呼びかけたとのこと。不思議でした・・・・・。
    でも、本当に聞こえたんですよ。
    テレパシーってこういうものを言うんだろうか・・・。

    それから毎日の話し合い(?)が始まりました。
    一回話ができると、霊のお母さんとはすぐアクセスできるようになりました。
    すると、その人の感情がそのまま伝わってくるのがわかります。
    悲しくて悲しくて、気をつけていないと涙がでてしまいそうなほどでした。

    お母さんはともかく、お父さんの霊はものすごくこの家(土地)に執着があるようでした。
    (ここは自分たちのもの。家族を守るためにここは絶対に渡さない)
    そのお父さんの強い意志がはっきりと伝わってきます。

    その能力ある友人に言われました。
    どうやら私は、今まで自覚はしていなかったが霊感が相当強いらしい。
    (そう言えば、思い当たること、たくさんありました)
    引越しが決まったときから、ここに住んでいた霊の家族は
    (イオンに追い出される)と警戒していたのです。
    どうやら初めから狙い撃ちをして私に攻撃をして(大手術事件)
    それでも駄目だったので家族にもちょっかいをだしていた様子でした。

    そうか。
    そういう事だったのか。

    歯を剥くように攻撃的なお父さんも、実は自分の家族を守りたいから私を攻撃していたのだ。

    「家族を守りたい」って・・・・私と同じじゃん。

    ・・・・・・・・・・

    相手の気持ちもわかってきたら、もうちっとも怖くなくなりました。

    私の中で、何かが吹っ切れたのです。


    さぁ、次はいよいよ霊を説得していく過程に移ります。







    コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




     ← 励みにしてます


    無料blog




    [ 2008/06/16 12:06 ] 心霊系   ハード系 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。