イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    原発にむらがる心

    基本的に私は、原発反対派です。
    ただし、今、このままの日本で原発を全て廃炉にしても、おそらく問題は解決しないと思っています。

    そもそも、これほどリスクのある原子力エネルギーが、なぜ地震国日本でたくさん稼働しているのでしょう。

    それは取りも直さず、原発には
    莫大な利権
    がからんでいるから。

    政治家も、マスコミも、研究機関も抱き込んだ、真っ黒いお金があるから。

    利権に群がる心は、「悪い心」です。
    この「悪い心」こそが、一番の問題のはずなのです。

    放射能自体には、本来善も悪もないと思っています。
    宇宙には、ブラックホールをはじめ、パルサー(中性子星)や衝突銀河等、人間にとっては「地獄?」と思えるような天体が普通に存在しています。

    それらはきっと、必要だから存在しているのです。
    淡々・粛々と存在し続けているのです。

    話しが大きくなりすぎましたが・・・。

    人間にとって、今までは「善」(安価で豊富な電力供給)であった原子力発電が、「悪」になった理由。
    それこそ、人間の「悪い心」だと思います。

    地震や津波は避けようが無かったとは言え、その後の政府や東電関係者の事後対策の悪さは、目を覆わしめるものがありました。
    国民を守るためならいざ知らず、自分たちのための情報の隠ぺいなど、その最たるものです。

    「黒い心」が支配している限り、例え原発を無くしても、代替エネルギーに再び利権が絡みあうことになります。
    誰かにとって都合の良い情報は、誰かにとって都合の悪い情報になるのです。
    火力だろうと風力だろうと、そこに利権がからんでくれば、都合の悪い事実は隠され続けていきます。

    また、「悪い心」が支配する世界は、守りの力は働きにくいのです。
    地球環境に優しい代替エネルギーを発見しようにも、守りの力が無ければひらめきも生まれにくくなります。
    また、発見できたところで、既述のごとく利権がからんで正しく機能できないでしょう。

    放射性物質が悪いのでも、地震が悪いのでもなく、
    人間の心が悪くなったから、全ての働きが狂ってしまった気がしてならないのです。

    土の悪い植木鉢には、どんなお花を植えても育たない。
    お花を改良することに必死になるよりも、土を豊かにしていかなくちゃ。

    風邪を引かないように、下着から上着までより良い素材を追及するよりも、
    「風邪をひきにくい体質」を作っていく考えに通じるものかと思います。

    「良い心で楽しく♪」
    優しい気持ちが循環する、地球がそんな星になれたら良いのになぁ。




    無料blog




    [ 2011/06/06 13:12 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。