イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    旅の途中

    今朝も一番から、おじーチャマが汚したトイレのお掃除を頑張りました~。

    同居してよりもうすぐ3年。
    色々なことがありました。
    決してきれいごとでは済まされない修行の数々。

    何より最初は、お金の苦労。
    「お父さんからはもらえないよ」と言う主人の好意に甘えて、おじーチャマは年金の全てを酒と競馬に使いこんでいました。
    出張続きの主人にいくら訴えても
    「意地悪言うな」
    「そんなに嫌っちゃ可哀相じゃないか」
    と、私ばかりが悪者になりました。

    酔っぱらえば必ずと言ってよいほどトイレに粗相。
    汚れた下着とハンカチを一緒に洗濯してしまったことに気付いた時は、倒れそうになりました。

    狭い空間に一緒にいるストレスはお互い様なのでしょう。
    おじーチャマは、酔うと子ども2に意地悪をするようになりました。

    私に見えないように、物を言えない子ども2をつねったり罵倒したり。
    我慢に我慢を重ね過ぎたのがいけなかったのか、私まで一度爆発したことがあります。

    おじーチャマを罵倒したんです。^^;
    鬼嫁そのものの気迫で。

    おじーチャマは、酔っていた勢いで二度目の家出をしました。
    心配でしたけど、私にとっては溜めこんでいた“黒い心”を放出できたことがすごく良かったようです。

    数日後、おじーチャマは小さくなって帰ってきました。
    それからはずいぶん、おとなしくなりました。

    三年目に入ると、主人が突然(私には本当に何の前触れもなく思えた)変化しました。

    完全に私の側に立ってくれるようになったのです。
    これは私にとっては劇的で、本当に有難い出来事でした。
    きっと一つの修行をクリアできたのかな。

    主人とおじーチャマは本当の親子ですから、主人がおじーチャマを叱るときはまったく容赦がありません。
    それを私が「まぁまぁ」と間に入る、何とも奇妙な関係になりました。

    年金も主人が管理することとなりました。
    お金がないので、おじーチャマもそれまでのように呑んだくれることはできません。

    自然と、粗相も子ども2とのトラブルも減りました。

    私も変な我慢は止めて、おじーチャマにできる家事を手伝ってもらうようになりました。
    へたでも何でも毎日やってもらうと、だんだん上手になってくれるものです。


    それでもね。
    「年をとる」と言うのは「できることが減っていく」と言うこと。

    太っているし、目もよく見えないから、どうしてもトイレは上手にいかないんですよね。
    食べこぼすし、お風呂も面倒になっちゃうし。

    きれいごとでは、いかないんですよ。

    だから、私も「ギャー」と思いながら掃除します。
    「ヒィィィ」と泣きながら洗濯します。
    「ハァー」とため息しながら、食事を出してあげます。
    全然、人格者ではありません。ヾ(´▽`;)ゝ 

    だけど。
    おじーチャマの痛む腰に、湿布は貼ってあげられる。
    役所からきたハガキが読めなければ、読んで説明してあげる。
    誰かに意地悪されたら、守ってあげる。

    確実に家族にはなっているのかな。

    まだまだ続く修行。
    旅の途中の茶屋でお団子をほおばるように、ここで等身大の気持ちを打ち明けていくつもりです。
    少しでも成長できることを願って。

    さ、お団子も葛餅も大福も美味しかったことだし(ずいぶん食べたらしい。笑)、また笑顔で歩きだしましょうかね♪

    参考過去記事「心の麻酔薬



    無料blog




    [ 2011/11/16 13:12 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。