イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    カカア天下

    お正月休みに「超」がつくほど久しぶりの親戚の家に行きました。

    初孫のAクンも遊びに来ていて、私は会うのが初めてなので楽しみにしていました。
    (2歳後半)

    州 ̄ 台  ̄州 初めまして~あけましておめでとう~

    と言うと、

    ( ̄▽ ̄*) はじめまちた!あけましておめでとうございまちた!

    と、いきなり対話を打ち切られました。
    嫌われたのでしょうか?(笑)

    ワイワイと会話も弾み、飽きた子どもたちもめいめいに遊び始めた頃。

    ( ̄▽ ̄*) あ、おじいちゃんが来たよ~

    と、Aクンが隣の部屋を指さしました。

    和やかな場は一瞬にして静まりました。

    Aクンのおじいちゃんは、もう亡くなっていますから。^^;

    おばさん
    「この子のことを可愛がっていたからさ、なんか遊びにくるたびに出てきちゃうみたいなのよね」

    親戚
    「へええ・・そうなんだ」
    「子どもは視えるって言うしねぇ」

    おばさん
    「私は何も見えないし、普段は変なことないんだけどね」

    Aクンは、今度はベランダの外に向かって手を振ってニコニコしています。

    おばさんは苦笑いしながら立ち上がり、窓を開けて言いました。

    「ちょっとお父さん!出てきちゃだめだって言ったでしょ!!!」
    「ここはね、もうお父さんのいるところじゃないの」
    「さっさと帰りなさい!」

    唖然としている親戚一同の前で、おばさんは強い調子で続けます。

    「ほら、みんな怖がっちゃうでしょ!」
    「もう出てきちゃダメだからね!!!」

    :゙;`;:゙;`;:゙;:゙;`;:゙;`;:゙;`ヽ州 ̄ε  ̄ゞ州ブッ!!

    何だかもう、笑っちゃいましたよ。

    だっておばちゃんの言い方はまるでおじちゃんの生きている時のそのままだったし、
    死んだ後までカカア天下でおじちゃんも慣れっこのようだったし。

    何よりおばちゃん。

    窓の遠くに向かって大声で言っていたけど、
    その時おじちゃんは、おばちゃんの真ん前に立ってたよ。

    ・・・何もそんな大声で叱らんでも。

    :゙;`;:゙;`;:゙;:゙;`;:゙;`;:゙;`ヽ州 ̄ε  ̄ゞ州ブッ!!

    Aクンはそんな大人の事情(?)には全く動ぜずに、あどけない笑顔で
    「バイバ~イ」猫 バイバイ ばいばい デコ
    してました。

    ええ。
    きっとまた出てくるでしょう。(爆)

    何だか小さい頃の子ども3を思い出しました。
    血筋って、やっぱりあるのかな。



    無料blog




    [ 2012/01/13 14:20 ] 心霊系   ソフト系 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。