イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    心が重いから・・・6

    午後は少しは片付がはかどり、Tさんの部屋はだいぶスッキリしました。

    Tさん
    床がこんなに見えたね~
    一人では広すぎると思ったけど、意外と心まで広がるもんだね

    縁側までの通り道ができたので、何気なくのぞいてみると、小さな庭に犬がつながれていることに気が付きました。

    州 ̄ 台  ̄州
    あら、ワンちゃん飼ってたんですね~

    Tさん
    迷い犬、もらってきたんだ


    既に報道されている通り、福島では、地震や津波のみならず、原発事故による避難でたくさんのペットが飼い主と離れ離れになりました。
    幸運にも再会を果たした家族もいる傍ら、今でも多くのペットが保護され続けています。

    いや、保護されたペットはまだ良い・・・。

    Tさんは、心細い一人暮らしの相棒として、そんな被災犬の1匹をもらいうけたと言います。

    時刻は既に、午後3時を回ろうとしていました。

    州 ̄ 台  ̄州
    じゃあ、最後のお手伝いで、今日はこのワンちゃんを私がお散歩に連れて行くよ♪

    Tさん
    いやあ・・

    州 ̄ 台  ̄州
    ???

    Tさん
    もう老いぼれだから、散歩が嫌いなんだ、この犬。

    州 ̄ 台  ̄州
    そうなんだ・・トイレとかはどうしてるの?

    Tさん
    この近所をホンの少しだけ回ったときに、たまにね。
    あとはその辺で済ましてる。

    州 ̄ 台  ̄州
    じゃあ、その辺を少しだけ回ってくる!


    こうして、初対面のワンちゃんと外に出たは良いのですが・・・


    州 ̄ 台  ̄州
    あれ?

    老犬はでーんと座り込んで、ちっとも歩こうとしません。

    直ぐ近くにちょっとした公園(広場?)が見えたので、せめてそこまでは歩かせようと頑張りましたが、
    ズリッズリッと引っ張られるだけで、老犬は自らの意思で歩こうとはしませんでした。

    州 ̄ 台  ̄州
    しょ~がないな~・・・

    なぜか私は意地でもその広場に行きたくなって、決して小さくはない老犬の体を抱き上げ、そのまま広場のベンチを目指して歩きました。

    州 ̄ 台  ̄州
    お、重い。

    近くに見えていた広場が遠く感じるほど、老犬はずっしりと重量感がありました。
    朝早くから出ていた疲れも出たのか、私の足も重くなりました。

    その時──。
    津波エリアを歩いた時と同じように、意識が遠のいていくような、五感の全てが異次元を拾うような感覚を覚え、私はあわててベンチに急ぎました。

    このまま眠ってしまったらどうしよう・・・

    老犬を抱いたままベンチに座って目を閉じると、襲ってきたのは睡魔ではなく、見たことのない景色でした。


    老犬は焦っていました。
    何か巨大な化け物が襲ってくる、そんな感覚でした。

    飼い主のおじいさんはいつものようにのんびりと歩こうとしますが、老犬は居てもたっても居られぬ思いでリードをぐいぐいと引っ張ります。

    でもおじいさんはいつものようにのんびりで、そのことが老犬を少し安心させて、おじいさんと歩調を合わせて歩いたのでした。

    それは突然の出来事でした。
    気がつけば老犬は水中に居ました。

    1回目は何が何だか分からず、とにかく明るい方向を目指して水をかき、どうにか水面に顔を出すことができました。

    見たことのない景色が老犬を不安にさせました。

    おじいさんは?
    老犬は、いつでも自分を安心させてくれたおじいさんを求めました。

    2回目は、かなり大きな波にのまれたらしく、水中は真っ暗でした。
    真っ暗・・・。
    そう、この老犬は津波にのまれた水中で必死に目を開けています。

    悪い視界の中で探したのは、光ではなく──
     おじいさんの姿でした。

    とうとう息が苦しくなって、老犬は再び水面に顔を出しました。

    そして3回目。
    老犬は今度は自らの意思で水中に潜りました。
    おじいさんを探すために。



    州┯ 台 ┯州 うっ・・・


    目を開けると、老犬は私の顔を不思議そうに見ていました。
    感覚はすっかり現実にもどり、私たちは確かにのどかな広場にいましたが、先ほど見えた(感じた)景色とのあまりの落差に、しばらく胸の鼓動が収まりませんでした。



    続く。




    無料blog




    [ 2012/05/29 12:49 ] 動物・植物・妖精など | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。