イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    海も山も風も

    *ちょっとつぶやき*

    唐突な長期休暇でご心配をおかけしております。
    5月より子どもの長期入院が急きょ決まりまして、全力で家族のサポートに尽くしているところです。

    思わぬアクシデントが数々起こりましたが、どうにか10月頃までには退院のめどがついてきました。
    詳しく書けなくてすみません。
    復帰できるタイミングで、ブログは再開したいと考えています。


    この間、私は大切な友人を亡くしました。

    今日の記事は、彼女から受け取ったメッセージを忘れたくないから、
    私の中にちゃんと留めておきたいから、
    お休み中ではありますが、臨時で更新させていただきます。

    興味のない方は、読み飛ばしてくださるようお願いいたします。

    **********

    彼女との出会いは、8年前。
    とあるチャットルームでした。

    「幽霊の見える人」だったっけな。^^;
    そんなユーザールームを見つけて、遊び半分だったらちゃんと諭そうと思い、私から入室したのでした。

    その部屋主が、彼女だったわけです。

    不思議なもので、少しおしゃべりしただけで旧知のような仲となり、以来毎日のようにチャットを通じて会話をしていました。

    とにかく、彼女とは話が合いました。
    内容はもちろん、リズムも、思考も、阿吽の呼吸のようなものを感じ、私の仕事が忙しくなってあまり話せなくなってからも、久しぶりに会話をしたときには全くブランクを感じることなく。

    お互いにプライベートでしんどいことが続いたっけ。
    心を許せる友人として、お互いあまり他人には言えないようなことも語り合ったものでした。

    その彼女が、癌に冒されていることが分かったのは、今から5年以上前。
    母子家庭で子どもはまだこれからお金のかかる年齢でした。

    打ち明けられた時は私のほうがショックで、
    (何とかならないものか・・・)
    と、彼女の体をイメージスキャンしては、すでに初期とは言えない病巣を毎日毎日、消しゴムで丁寧に消すように薄めようとしました。

    何度か書いてきましたが、私はつながりのある相手の場合、体のイメージがレントゲンのように浮かぶことがあります。
    悪い部分がさまざまな色として感じられるのです。

    黒や赤は、すでにどうすることもできない確定的な色。
    グレーはまだ不確定。

    この時の彼女はまだグレー。
    とは言え、その色合いがけっこう特殊で、消そうとしても薄く広がってしまうばかりで消せないのです。

    くそう・・なんで消えないんだーーー!!

    根気強く頑張り続けましたが、日に日に濃さを増していく色。
    そしてその色づきは、ついに私の限界を超えました。

    ほかの誰にも言えませんでした。
    消せないことを。

    彼女はまるで悟っているかのように、
    「まー、どうなるかわかんないけど、なるようになるさ。痛い検査だけは嫌だねー」
    と、あるがままを受け止めていました。

    あるがままに流れるように生きる。
    彼女らしい生き様そのものでした。

    震災があり、私も転職してますます仕事が忙しくなり、たまーにメールのやり取りをするのが精いっぱいとなっても。
    お互いが「つながっている」を信じあえる仲間でした。

    大切な仲間が、それぞれの修行を頑張っている。
    そう信じているから、お互いの存在がただそれだけでパワーになりました。
    例え会えなくても話せなくても。


    それが今年に入って急に
    「会わなくちゃ!今会わなければ絶対に後悔する!!」
    魂の底からあふれてくるパワーに突き動かされるように、私たちは初めて顔を合わせることになりました。


    写真も見たこともないのに、待ち合わせ場所に向かってくる彼女を間違えることはありませんでした。
    不思議でしょ。
    初対面なのに、「久しぶり~~~!」のハイタッチ。

    美味しいものをたらふく食べて、取りとめのない会話に時間を忘れて、ウェイターがスノーマンそっくりで。(笑)
    スマホに保存してあったたくさんの風景写真を見ながら「いつか、一緒に行こう!」と約束して。

    本当にあっという間だったね。
    「またね~~~♪」で別れたのが、リアルでは最後になりました。
    また直ぐ会えるつもりでいたのに。

    その後、メールで頻繁にやり取りしました。

    私の子どもが急に長期の入院が決まったとき。
    過呼吸を起こすほどの痛みと戦っていることを知った彼女は、誰よりも心配して
    「痛みは私が全部引き受ける!みんなの応援は絶対すごいパワーになるよ」
    といつもいつも励ましてくれた。

    何を言ってるの、あなたが一番痛いのに。

    彼女の体は既に抗がん剤でボロボロ。
    とっくに人格がゆがんでもおかしくなかったほどの痛みのはずです。

    でも彼女は言うのです。

    私はみんなから、キラキラであったかい応援パワーをたくさんもらって、本来なら骨がぐしゃぐしゃで生活できない体でここまでこれた。
    今度は私からみんなにお返しがしたいんだ。

    彼女の心が、ストレートに胸に響いて涙が出ました。
    ありがとう。

    5月から、私たち(仲間たち)の大エール交換会が始まりました。

     それぞれが、それぞれの修行を頑張る。
     自分らしく頑張る。

     だからみんなも頑張ってー!

    目には見えないつながりではあっても、それは確かなパワーとなって、あっちに、こっちに、倍になったり色合いを変えたり。
    まるで運動会の大玉ころがしのように、まわり続けたのでした。


    「今夜が山」と聞いても、翌朝に彼女の息吹を感じては「まだ生きている」と安堵していました。
    「まだ大丈夫」そう信じていたかった。


    しかし、次の日の朝9時過ぎ。

    「イオンちゃん」
    聞き覚えのある声にハッと耳を澄ますと、彼女がそこに立っています。

    「イオンちゃん、ありがとう」
    「イオンちゃんのおかげで、たくさんの宝物のようなつながりができたよ」

     私のおかげなんかじゃないよ。
     すべてあなたのご褒美だよ。

    「病気になって良かったことは、会いたい人たちに会えたこと」
    「嬉しかったよ」

     うんうん、みんなに会えて良かったね!
     みんな、思っていた通りの仲間たちだったよね。

    「私、私らしく頑張れたかな?」

     もちろん!
     あなたがあなたらしくいてくれたから、私も安心して自分を頑張れたんだよ。

     ・・お疲れさま。


    ちゃんと来てくれたことへの喜びと、それが意味する悲しみが交錯し、一気に心がはち切れそうになりました。
    私は笑顔のまま泣いていました。

    彼女が何かを言いかけて、躊躇しています。
    でも、私はすぐに分かった。

     ほら、約束の場所、行くよ!!!

    「え、だって~」

     こんな時に遠慮してどうするの!

    「イオンちゃん、忙しいんだもの」

     嫌でも何でも連れてくよ!!!


    私は左手で彼女の右手をつかみ、強く、強く念じました。

     どうかあの場所へ連れて行って欲しい・・・

    ふわりと舞い上がる感覚がして、二人はいつか見た風景写真の上空にいました。
    すごいスピードで移動していました。

    山がある。
    海がある。
    風がある。

    私たちがいる。


    この世のあらゆる存在を感じながら、それが一瞬も絶えずに変わり続けるさまが、生と死の私なりの解釈として魂に刻まれていきました。

    きっと彼女も同じ感覚を味わっていたに違いない。


    いつの間にか左手は、ぬくもりだけになっていました。
    ギュッと離さないように強く握っていたのに、スゥーッと上手い具合に彼女は消えていったのです。

    短い時間ではあったけど、それも多忙の私を気遣っての彼女らしい別れでありました。

    私は両手を胸の上に置いて、ぬくもりが消えるまでじっとしていました。
    永遠に忘れたくないから。


     自分を頑張る。
     自分らしく頑張る。

     だからみんなも頑張れー!!!


    うん、私も頑張るよ。

    大切な仲間たちとのエールの大交換会は、形を変えて継続しています。

    形を変えるから、つながり続けることができる。
    そう信じています。

    すべてのつながりに、ありがとう。

    ストラップ




    無料blog




    [ 2013/08/12 12:47 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。