FC2ブログ

    イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    落ちた??

    いやあ、5年ぶりにログインしてみたら、IDが違ったりパスワード忘れてたり仕様が変わっていたり
    焦りました~

    皆さまお元気ですか。
    私はと言えば、更年期やら介護問題やら子供たちの進路やら、年相応の悩みも抱えつつ、助けた亀に連れられて、竜宮城に来ています。
    嘘です。太郎


    さて今日は亀ではなくて、カラスの話。
    以前、カラスのことについて、いくつか記事を書いたことがありますが、
     鳴けないカラス
     カラスの「開いた口がふさがらない」
     歩くカラス
    その後もさまざまなやり取り(?)があり、印象的だった出来事を忘れないうちに記録しておこうと、久しぶりにブログをアップすることにしました。

    数年前のことです。

    家の近くには公園があり、カラスも餌に困らないと思われるのですが、ある日の帰り道、一羽のカラスが疲れ切ったように屋根でうなだれているのが見えました。

    州 ̄ 台  ̄州 ガリガリに痩せてるなぁ。まだ子供だろうか?

    ふと目が合いました。
    いや、私が呼びかけてしまったのかもしれません。
    その日、私は朝からやけにアンテナが高くなっていたのです。

    じっと見つめ合うこと数十秒、カラスの感情がパツーンと頭に入ってきました。

    カラスは子供ではありませんでした。子育て中のお母さんカラスだったのです。
    初めての子育てで慣れないのか、つがいのオスが何らかの理由で手伝えないのか、理由は分かりませんが、ひとり悪戦苦闘で餌を運んでいます。

    でも体があまり大きくないお母さんカラスは、餌が上手くとれない。
    自分もお腹がペコペコなのに、必死に餌を探し回り、もう夕暮れが近づいていたその時間、疲れ果てて屋根で呆然としていたのでした。

    同じ母親として、胸がギューっとしました。
    たまらず、カバンにあった昼食の残りのパンをちぎり、屋根に向かって思い切り投げました。

    ・・・・お母さんカラスは逃げました。

    ヽ州 ̄ 台  ̄州ノ コラー!なんで逃げるのー!?

    ・・・お母さんカラスは、ますます怯えました。
    これではいけない。

    州 ̄ 台  ̄州 これは餌だよ。子供に運んであげて。

    そう強く念じて、細かくしたパンをマンホールのフタの上に置いて、ひとまずその場を去りました。

    しばらくして振り返ると、お母さんカラスは口いっぱいにパンをほおばっている最中でした。

    州 ̄ 台  ̄州 少しは足しになったかな。お母さんもしっかり食べて、体力付けてね!

    「カラスに餌なんかあげて!」と怒る人もいらっしゃるかとは思いますが、その時は咄嗟に体が動いてしまいました。
    もちろん、パンをあげたのはその一度切り。
    その後しばらく気にして見ていましたが、すれ違っていたのか、数週間は間が空いていたかと思います。

    久しぶりに見かけたのは、近くの電線でした。
    相変わらず痩せているので、直ぐにあの時のお母さんカラスと分かりました。
    ただ、前回と違って、生死に関わるような切迫した様子ではありません。

    州 ̄ 台  ̄州 立派なお母さんになったねー♪

    なんだか心が明るくなって、私の足取りも弾みます。

    すると、お母さんカラスから、衝撃的なメッセージが!

     ・・・落ちた

    州 ̄ 台  ̄州 え!?
    州 ̄ 台  ̄州 ヒナ?ヒナが落ちたの??

    私は必死に「ヒナは?子供は?」とお母さんカラスに聞きました。

    お母さんカラスはポカンとした様子で、私の頭の中のスクリーンに巣の中のヒナたちを見せてくれました。

    州 ̄ 台  ̄州 か、かわいい。

    まあヒナが元気ならそれで良いか、と玄関に着いた私がいつものように鍵を開けようとすると、、、、、

    州 ̄ 台  ̄州 無い!持っていたはずのカギが無い!!

    そうです。
    心弾ませ駐車場から歩いてきた私は、手に持っていたカギまで弾ませていたらしく、道に落としていたのです。
    落ちたのはカギだったのか!


    つまり私は

     (カギが)落ちたよ

    と教えてくれたお母さんカラスに、必死の形相で

    州 ̄ 台  ̄州 ヒナは??子供たちは?

    と頓珍漢に迫ったあげく

    州 ̄ 台  ̄州 ・・・可愛い

    と一人で感情を起承転結させ、親切なカラスを困惑させたのでした。

    振り向くと、お母さんカラスはどこかに飛んでいくところで、後ろ姿から「立派な母親になれよ」と私の方が言われたような気がして、

    焦ってカギを反対向きに刺し、玄関でしばらくテンパりました。
    ハイ、頑張ります。。。


    実はこのお母さんカラス、後日談がありまして。
    大した話ではありませんが、一度だけ二羽で電線で見かけたのです。
    もう一羽は体が大きくて、一瞬つがいかと思ったのですが、違うのです。
    まだ親離れしない子ガラスでした。

    元気な子ガラスは、自分よりも一回り体の小さなお母さんカラスの口から、もっとちょうだい!もっとちょうだい!と餌をつっついていました。
    そこまで飛べて、体も大きい癖に、まだお母さんに甘えたいんですね。

    ほどなく親離れ、子離れしていく、微妙な時期なのでしょうが、情けないやら微笑ましいやら、ちょっぴり笑ってしまいました。

    その後、エリアが変わったのか、お母さんカラスに会っていません。
    でもきっと、どこかで一生懸命生きていることでしょう。

    私が気が付かないだけで、今この瞬間もたくさんの命が紡がれ、
    すべての存在が確実に未来に影響を与え続けていくと思うと、すごい一瞬一瞬が積み重なっているのだなぁと感慨深いです。

    私も、玉手箱を開けたような勢いの老化に負けず、一生懸命美容パックしていこうと思います。

    ・・・相変わらず着地点が迷走しています。

    そんなこんなで、他にも子ネコを託してきた母猫や、危機一髪だった病院での出来事などなど、大した話ではありませんが、書きたいことはてんこ盛り盛り🍚
    でも、いかんせん時間が足りない。
    この先も日常生活を第一に、頑張って乗り切っていこうと思います。

    頼りない地震体感だけは、書けるタイミングでつぶやいていきます。
    お返事できなくてすみませんです。

    それではまた!
    [ 2021/05/10 13:12 ] 動物・植物・妖精など | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索