イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    タイムストリップ(違)

    タイムストリップ(違)
    [ 心霊 ソフト系 ] / 2005年10月03日 12時55分13秒


    *ちょっとつぶやき*
    うちのチビは超「おばあちゃんッ子」。(おばあちゃんは、もちろんアノ『伝説の母』)
    電話の相手がおばあちゃんと分かると、すぐに「代わって!」と受話器を取り上げます。
    先日も運動会の打ち合わせで伝説の母と会話をしていると、割り込んできたチビが受話器を奪っていきました。
    「もしもし?あれ?電波悪いな。もしもし?」
    小さな音を拾おうと、チビが一生懸命ふさいでいたのは、自分の口でした。
    ・・・うーん、惜しい。
    ふさぐべきなのは、多分もう一つの耳の方だよ。
    口ふさいだら、どうやってしゃべるの。
    **********

    もう10月だと言うのに、昨日は本当に暑かったですねー・・。

    用事があって、チビだけ連れて外出していたのですが、あの暑さの中、道端の花や石ころで遊ぶ、元気いっぱいのチビには驚かされました。
    子供ってすごい生命力ですよね。

    そのチビが、空き地のような庭のような、放置された土地の前で固まりました。

    チビ 「ママ、ここにおうちがあるね」
    イオン「ほえ?ただの草むらだよ」
    チビ 「だって、ほら。おばあさんが住んでるよ」

    指差す方向には、実際には何もありません。
    ただの手入れされていない草むらです。

    でも、イオンには分かりました。

    そこには昔、古い「離れ」のような建物があって、おばあさんが生活をしていた事。
    何と言うか・・・。
    チビはタイムスリップのような状態で、その土地の「過去」を一瞬見たのです。

    実際にそこにおばあさんの霊が居るのとは、ちょっと違います。

    次の瞬間、チビは道路わきに木から落ちた柿の実を見つけて、すっかり今言った事も忘れて拾ってました。(笑)
    この子、どんな子に成長するやら。

    チャンチャン♪

    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」へ♪

     ← jumee☆ranking1Ljumee☆ranking1R


    無料blog





    コメント ( 29 ) | Trackback ( 0 )

    [ 2008/06/27 00:40 ] 不思議系 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。