イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    「邪気のかわし方」補修その1

    「邪気のかわし方」補習その1
    [ 思うこと(イオン的人生論) ] / 2006年02月01日 12時59分42秒


    昨日の記事について、少し補習します。
    えー、昨日までの授業は、具材となる野菜をみじん切りにした後は、水分をしっかり切らないと肉汁のうまみを活かせない、と言うところまででしたね。

    ポカ―(o゚д゚o)(o゚д゚o)(o゚д゚o)―ン

    ハッ!失礼しました!
    講師を間違えました。
    餃子の三平師匠、どうぞお引取り下さい。

    ・・・・・・・・・・。

    やはり、大元の「邪気」は私から発しているような気がしてなりません。(爆)
    今日は月初の伝票処理に追われているのと、目の前に社長が座っているので、調子が出ないのです。(汗)

    気を取り直して・・・。

    昨日の記事へのコメントで、「霊感が無いから、邪気を受けているかどうかも分からない」と言う意見も寄せられましたので、ここで解説。

    能力が無いから、邪気を感じられない・・・。
    実はこれ、「邪気をキャッチするアンテナが無い」と言う凄い「能力」なのです!
    ある意味とても強いわけで、「霊感が無い」と言うよりも「余計なものを感知しない」とても便利な機能と言えるでしょう。

    逆に感受性が強い人は、アート活動等にその才能を発揮する人も少なくありませんが、「余計な刺激にも弱い」とも言えるわけですね。

    そこで補習です。
    まず「邪気を受け流す」という事の、理屈から勉強します。

    昨日も書きましたが、「邪気を受け止めてしまう」人は、真面目で優しい方がほとんどです。
    相手の言い分、相手の気持を無意識のうちに思いやり、譲ってしまう。

    ここで、「真の思いやり」という観点で見て行きましょう。
    相手の邪気を受ける、という事は、「自分に負を与えてしまった」と言う、相手の罪になります。
    優しさのつもりが、相手に罪を作ることになるのです。
    これを「受け流す」ことによって、「自分に負を与えなかった」つまり、相手に罪を負わせなくて済むわけです。
    どちらが真の思いやりでしょうか?

    このように、「受け流す」事で自分がダメージを受けないのは、相手の無駄な罪を減らすことが出来るのです。


    キーンコーンカーンコーン♪

    あ・・・。
    今日は目の前に社長が居るので、延長授業が不可です。(T-T)
    明日、更に補習を続けたいと思います。




    *おまけ*
    今朝の教育テレビのミッフィーちゃんが、いつもよりとっても健気に見えて、抱きしめたくなったのは私だけでしょうか。(笑)
    *****


    コメント ( 42 ) | Trackback ( 0 )


    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」へ♪



     ← お昼はブルーベリーシュークリームをセレクトシュークリーム


    無料blog




    [ 2008/07/04 12:38 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。