イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    寿命・・・1

    寿命①(愚痴から感謝へ)
    [ 思うこと(イオン的人生論) ] / 2006年02月15日 12時41分42秒


    人は生まれてきた以上は、どんな人でも必ず死にます。

    人それぞれ寿命は違うけど、言い換えれば、どんな人も寿命までは必ず生き続けるのです。

    そしてその寿命は、時として延びるときがあると言います。

    私は、その「延長戦」を生きているのだ、と自分で思っています。

    今、こうしてブログを通して皆さんにお会い出来るのも、「延長戦」のチャンスを与えてもらえたからだ・・・と。

    ~◇~◆~◇~◆~◇~◆~◇~◆~

    以前記事でも書きましたが、私は一度「死に掛けたこと」があります。

    思えば、それ以前の私は、愚痴・不平・不満の塊でした。
    子育てにあまり協力的でない(と思っていた)主人、思うようにならない育児。

    実は。
    気が付いていらっしゃる方も多かったと思いますが、私はどちらかと言うと、子沢山のお母さんです。

    そのうちの一人は・・・。
    大きな問題(病気&障害)を抱えています。

    しかも最重度の。

    重度も重度。
    普通、小さいうちの障害判定は軽めに出る事が多いのですが、うちの子供は3歳時には既に東京都で「最重度」の認定がおりていました。

    あ、勘違いなさらないで下さいね。
    「大変ですね」と、同情して欲しくて書いているのではありません。

    大変なのは決まっています。
    おそらく、想像するよりもずっとずっと大変です。^^;
    「日常生活第一主義」と言うと聞こえは良いですが、土日や夜にPCに向かえないのは、実は子供の世話に追われているからなのです。
    それでも、私なんかより大変な方がたくさんいらっしゃる事を知っています。^^

    以前の私は、あまりのしんどさに、目の前にある日常が「当たり前ではない」事など、全く理解出来ませんでした。
    いや、理解する余裕も無かったと言うほうが近いかも。^^;


    その私が死に掛けた時。


    若い頃は「いつ死んだって良いんだ」なんてうそぶいていました。
    少し大人になって「いつ死んでも良いように生きよう」などとかっこつけていました。

    そして子供を持ち、いざその場に立たされた時。

    あんなに大変だと思っていた毎日が。
    非協力的、とののしっていた主人が。
    どうして手がかかるんだろうと嘆いていた子供が。

    こんなに大事で貴重なものだったなんて──────。


    愚痴や不平・不満で満ちていた自分が、どれ程愚かで小さかったのか、打ちのめされました。

    日常生活が「当たり前」と勘違いしていたからなんです。

    主人が忙しく働いてくれるのも「当たり前」。
    子供が元気に育つのも「当たり前」。
    だから、
     どうして協力してくれないの。
     どうして言う事を聞いてくれないの。
     どうしてetc・・・・・・・・。

    私のエンドレスの愚痴を止めてくれた魔法は、「感謝」でした。
    “無い”(もしくは、足りない)ものに心を奪われるのではなく、“ある”ものに感謝をする。


    主人に対しては、一家の大黒柱として働いてくれて「ありがとう」。
    自分の時間が無いと嘆くのではなく、お風呂で今日は体が洗えた事を喜ぼう。
    例え明日は体が洗えなくても、子供と遊べる事を楽しもう。


    あの時。
    一人で逝かなくてはいけなかったはずの私が、「これだけでいい」と願ったことは、今、目の前にあるのだから。


    ~◇~◆~◇~◆~◇~◆~◇~◆~


    今回、書きたいことはまだ別な部分にあります。
    シリーズ化して、明日もまた、書きます。

    イオンの戯言、今しばらくお付き合い下さいませ。m(_”_)m


    *おまけ*
    不思議なもので、「アレもコレもやってくれない」と思っていた主人が、私が感謝の心で接する事が出来るようになってから、協力してくれるようになりました。
    考えてみたら、頑張っている人は自然と応援したくなるし、文句ばっかり言う人は助けたくなくなりますよね。^^;
    どうして分からなかったんだろう、私。
    *****


    コメント ( 61 ) | Trackback ( 0 )


    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」



     ← 泣きながら書いたことを思い出します涙


    無料blog




    [ 2008/07/07 12:34 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。