イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    火の力・・・5

    「火」の力・・・⑤
    [ 不思議系 ] / 2006年06月09日 12時42分36秒


    ***今日も本文が長いのでつぶやきません***

    引っ張っても引っ張っても、まるで無限にでも伸びそうな「黒いモヤ」。
    二本の線(手?)は、まさにイオンを飲み込もうとしていました。


     負けない。
     負けるもんか。
     絶対に、絶対に許さないっ・・・


    自分でも怖いくらいに集中していく意識が、頂点に達したと思われる瞬間。
    驚くべきことが起きたのです。


     ・・・・・!


    背中からメリメリと何か羽根のようなものが出てきました。
    (これ・・・実は二回目なんです・・・^^;)
    上手く表現できませんが、私であって、私でないの。^^;

    そして、静かにその目を、黒い二本の線状になったモヤに移した時。






     ~~~メラッ~~~





     え゛。。Σ州 ̄ д  ̄;;州???




    体の中心から、何やら「炎」が焚き上がるのを感じました。



     Σ州 ̄ д  ̄;;州これは一体何???


    そう私が驚く間もなく、もっとびっくりする光景が広がったのです!!!



     スババババババババババッッッッッ!!!!!!


    !Σ( ̄□ ̄|||)オォー!Σ( ̄□ ̄|||)!オォーΣ( ̄□ ̄|||)!オォー


    まるで巨大な導火線に火がついたように、黒い塊を鈴なりにつけた二本のモヤが、火花を散らすように燃え尽くされていくのです!!!



     スババババババババババッッバッ・・・バ・・・・・!!!!!!



    どこまでもどこまでも遠くのモヤを燃やし尽くしていく火花を見ながら、イオンは呆然としていました。

    ───どのくらい経ったでしょう。

    我に返った時には、既に背中にはえた羽根も無くなっており、辺りは勝負が決した戦場のように、埃っぽいような、煙ったいような空気が漂っていました。



     終わったぁ・・・・・



    立ち上がろうとしても、ヨロヨロとします。
    あれだけ意識を集中させたのだから、無理はありません。

     もう大丈夫。皆に影響を与える事も無い。

    そう安心して、夜遅くなってから心配する皆さんに宛てて記事を書いた、と言うわけです。(「本当のところ」2006.3.8)

    あの時。
    何が私に力を貸してくれたのかは分かりません。
    でも、魔物を恐れず、捨て身で正義を通そうとした『心』に、きっと位の高い存在が共鳴してくれたもの、と信じています。
    本当に、命懸けでしたからね。^^;

    正直、「火」がこれほどまでに力を持つとは、想像もしていませんでした。
    あれだけの魔の存在を、わずかの間で焼き払っていく・・・。
    目の当たりにした光景は「凄い」の一言に尽きますから、ホント。


    余談ですが、実はこの決戦・・・。
    誰にも話さずに事を進めているつもりが、しっかり全てを見ている人(子)が居ました。

    はぃ。「ふうちゃん」です。^^;
    まだ皆さんに何も言っていないとき、スロ☆みぃさんがメールを下さり、大変驚きました。
    最初のメールは、何故かひどい文字化けをしていて、てっきり迷惑メールだと思ったイオンは速攻削除してしまいました。^^;
    (こういう「邪魔」は、よくある事です)

    再度送ってもらったメールには
    >「黒いモヤモヤがイオンさんの所に行こうとしてる。」
    >「その、モヤモヤがいおんさんに捕まらないようにしたがってる」
    だから私に「元気玉を送っておいて!」とふうチャンが言っていたとか。^^;;;
    どうやら決戦の様子もチラホラ見ていたようだし、ふうチャンに隠し事は出来ないようです。
    ..ノゾカナイデネ 州 ̄ 台【W.C.】


    さて。
    本来の「火の力」の連載からは、少し道がそれてしまうのですが、来週にちょっとこの記事の補足をさせていただきます。

    そこで高齢のクイズ。

    ((((:∋*∈)Φ バァチャン?

    ・・・・・違います。(笑)

    恒例のクイズッ!

    本文中の
    >辺りは勝負が決した戦場のように、埃っぽいような、煙ったいような空気が漂っていました。

    と言う光景、実は過去に一回見た事があるのです。
    さて、それはどの記事の話でしょうか?!


    答えは、また来週~~♪ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌州; ̄ 台  ̄州┘



    コメント ( 40 ) | Trackback ( 0 )




    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」



     ← 連載の途中ですが、夜の復刻はここまで~♪


    無料blog




    [ 2008/07/17 00:22 ] 不思議系 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。