イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    モンスター考察・・・5(黒ミミズ)

    モンスター考察・・・5(黒ミミズ)
    [ 龍・妖精・妖怪・その他 ] / 2006年06月23日 12時58分56秒


    *ちょっとつぶやき*
    さぁ出かけようと言う時になって、チビが絵を描いて持ってきました。
    「こんな風に結んで!」
    ピンクのヘアゴム付けたいのは分かるけど、ちびまる子カットのあなたを、どうやったら長髪の三つ編みに出来るでしょう。^^;
    **********

    その日は、朝から最悪でした。

    お天気が悪いと言うのに、子供のオネショやら何やらで、出勤がいつもより遅くなりました。
    そんな日に限って、本社の上司が来ていたりして。_| ̄|○

    その上、本社の上司(50代)の様子が、どうもおかしい。
    元々体調不良だったらしいその上司。
    何と急遽リストラの対象となり、仕事を引き継ぎに私の出勤を待っていたのでした。

    上司 「遅いですね。こちらも時間が無いので、急いで説明します」
    イオン(んな事言ったって、今日来るなんて話聞いてないよー。それに遅刻したわけでもないのに)
       「すみません、直ぐ仕度しますね」

    するとどうでしょう!
    Σ(=∇=ノノヒーッ
    何とイオンの体から、ミミズ位の大きさの“黒い蛇”がピュ~ッと上司めがけて出て行ったのです!

    どうやらスウィッチが強制ONになっています。
    必死で平静を保とうとするイオン。

    メモやペンの準備をして上司のいるパソコンまで向かうと、上司は黙々と書類を作成しているところでした。
    (まだ忙しそうだな・・・)と気を使って、しばらく様子を見ていました。

    上司 「こうやって毎月数字を入れて、月末までに本社に提出して下さい」

    Σ(ヾ ̄▽ ̄)ヾエッ!ひょっとして今のが「引継ぎ」?????

    食器棚|ヽ( ̄_ ̄|||) 何も分からなかったってばよ・・・・・・。

    動揺しているイオンをよそに、上司はそそくさと本社に戻る準備をしています。
    見かねた部長が「それではイオンさんが分からないだろう」と声を掛けると、本社の上司は

    「だから言ったんです。イオンさんには無理です」

    と言い放ち、さっさとトイレに入ってしまいました。

    唖然・・・。
    皆の前で仕事能力を否定されたイオン。
    先ほどよりも少し大きい黒ミミズが、また「つるっ」と上司めがけて出て行ったのが見えました。

    ひぃぃぃ~(T-T)

    上司の態度も嫌だけど、自分から黒ミミズが出て行ったのはもっと嫌です。
    モンスターにはなりたくないっ!
    自分の黒い心に打ち勝とう・・・と意識して、努めて明るく元気に振舞うことにしました。

    イオン「すみません、もう少し教えていただきたい部分があるので、もう一度教えていただけませんか?」

    結局、その日は上司に時間が無いという事で、次の日にもう一度教えてくれる事になりました。
    後で本社に行った部長に聞けば、その上司は、本社に戻ってからもさんざんと「イオンさんの能力不足で、明日もう一度教えに行かなければいけない」と言いふらしていたらしい。

    州 ̄ 台  ̄;州 ぐぅぅ・・・。

    悔しくて、次の日は「絶対に覚えてみせる!」の意気込みで早くから出勤し、上司を待ち構える事にしたのです。







     ・
     ・
     ・

    石が飛んできそうなので、もうちょっと頑張って書きますね。(笑)


    次の日。
    「負けるもんか」オーラ炸裂状態のイオンは、決して“良い心”では無かったと思います。

    昨日よりも一段と目の力の無くなった上司に「ここはこれでよろしいですか?」「この数字はこうしてまとめてから入力すると合理的ですね」と、矢継ぎ早に質問攻め。
    付け入る隙が無いと感じたのか、上司はすっかり無口になりました。

    何となく「畳み掛けちゃったかなー」と気が引けたイオン。

    (何か話題は無いかな・・・。あ、そうだ!)

    イオン「お子さんはおいくつくらいなんですか?」
    上司 「一人はもう独立したんだけど、もう一人は大学生なんです」
    イオン「そうですかー・・・」

    ここでハッとしました。
     大学生の子供を抱えるこの上司が、リストラされて仕事を失うことは、どれ程深刻で辛いことだろう。
     上司は、職を失いたくない一心で、イオンの悪口を言っていたんだ。
     

    その時です。
    上司の背中に張り付いている黒い物を見たのは。


     !Σ(@□@|||) キツネ~!!???


    正確に言うと、動物園等にいるキツネとは違います。
    でも、キツネっぽいの。(汗)

    びっくりしたのなんのって。
    鼻毛からリンパ液が出そうになりました。(嘘)


    そしてこのキツネが・・・。

    ここからが一番書きたい部分なのに、どうにも時間が無くなりました。(T-T)

    来週ももう少し連載が続きます。^^;
    最初は、イオンの考えだけを簡単に書こうとしたのですが、やはり体験をそのまま載せた方が分かり易いと思い、長引いています。
    お許しを。m(_”_)m


    石でもチップ(コメント)でも、甘んじてお受けします!!!(笑)



    コメント ( 60 ) | Trackback ( 0 )

    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」



     ← できれば石よりチップのほうが・・・(願)


    無料blog




    [ 2008/07/18 00:37 ] 動物・植物・妖精など | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。