イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    かえってきた「ありがとう」

    かえってきた『ありがとう』
    [ 不思議系 ] / 2006年10月20日 12時58分18秒


    *ちょっとつぶやき*
    チビは、覚えた言葉は直ぐ使いたい、おしゃまな女の子。
    昨夜、私の電話の相手がお祖母ちゃん(伝説の母)と知るや否や、受話器を奪われました。
    チビ 「バーチャーン♪」
    伝説母「お~、チビちゃん♪夜ご飯食べた~?」(声が大きいから丸聞こえ)
    チビ 「食べた。鼻くそ」(どうして幼児って下ネタが好きなのでしょう・・・)
    伝説母「あはははは、鼻くそは食べちゃ駄目だよね」
    チビ 「うん、食べちゃ駄目だよ、多分」

    。。。ズルッ(ノ_ _)ノ
    (;´д`)ノ 鼻くそは「多分」じゃなくて「絶対」食べないで・・・

    チビ 「ねぇねぇ、バーチャンの家、今日は何曜日?」

    。。。ズルッ(ノ_ _)ノ
    (;´д`)ノ 日本全国、木曜日だと思うんだけど・・・

    伝説母「凄いね~、曜日が分かるようになったんだね。バーチャン家はね、今日は木曜日」(メロメロ)
    チビ 「へぇ~~~、微妙~~~」

    。。。ズルッ(ノ_ _)ノ

    もう、こんな話が延々と続くんですわ。^^;
    (何がどう微妙なのかが気になる、イオン家の今日は金曜日)
    **********


    ただ今、お昼の12時25分。
    今日は本当は「プチ天文学」を書こうとしていたのですが・・・・・
    気が変わってしまいました!^^;
    やっぱりどうしても昨日見た夢が書きたくなって、たった今、急遽変更します!(笑)


    昨日の朝、父が亡くなってから初めて夢に出てきました。
    (昨日で14日目)

    簡単に描写しますと・・・。

    私が何人かと一緒に、父のアパートへ片付に行きました。
    何故か父も居て、コタツで寝っ転がりながら「悪いねぇ~」なんて呑気に言ってます。^^;
    すると、布団に小さな女の子が寝かされている事に気がつきました。

    イオン「あれ?誰?この子。」
    父(ニコニコしながら)「悪いね~」
    イオン「いつからお世話してないの?こんなに瘠せちゃって・・・」
    父(悪びれもせず)「入院してからかなぁ」
    イオン「えー!?それは大変!」

    イオンが女の子を抱き上げます。
    赤ちゃんだったような気がしましたが、抱き上げてみると小学一年生くらいの女の子でした。
    瘠せていて、いかにも病弱そう。

    イオン「可哀想に・・・」

    抱き上げた瞬間、何とも言えない愛情が一気に噴出してきました。
    母性が劇的に揺さぶられたと言いましょうか・・・。

    イオン「この子は、私が育てる!」
    父(ずっと笑ったまま)「そうかそうか」

    誰かが「それは大変じゃない?そんなに簡単に引き受けて大丈夫?」と聞いてきました。
    しかし私は「大丈夫。丁度チビの一個上くらいだから、きっと一緒に遊べると思う」と全く迷う気持ちもなく、その子を抱えながら

     急いで家に戻って、おかゆを作ってあげなきゃ
     しばらくは皆と同じ食事は無理だから、徐々にならしていってあげよう

    と、本気でその子を育てる覚悟を固めていました。
    腕の中の女の子が、心から私に身をゆだねて、すっかり安心しきっているのが分かります。
    まるで本当の親子のように。

    父はニコニコしていて、とても満足そうです。



    ─── ここでいつもの携帯の目覚ましアラームが鳴りました。


    州 ̄ 台  ̄州 何だ・・・夢か・・・。

    余りにも生々しかったため、腕にはその子の感触が残っているようでした。
    そして・・・。
    ちょっぴり残念に思いました。

     亡くなってから初めて(父は)夢に出てきたなぁ・・・
     相変わらずゴロゴロしてそうだし。^^;
     それにしても、あの子、誰だったんだろうなぁ


    ・・・・・。


    ・・・・・・・・!


    州   ̄ □  ̄  州  アッ!!!


    朝食を作っている時に閃きました。
    チビの一個上、病弱・・・。
    あの子だっ!
    あの子に違いない!!!
    あぁぁ、父が会わせてくれたんだぁぁぁ・・・・・。(泣)

    そうです。
    私はチビの前に、一度流産を経験しています。
    (過去記事参照「お星様になった赤ちゃんたち(流産した子供が教えてくれたこと)」2006.3.27)
    意外に思うかもしれませんが、その子には今まで一度も会ったことがなかったのです。

    ( ̄― ̄°) 女の子だったんだ・・・。

    その時、空中から「パン!」とはじけるように声が頭に入ってきました。

     あ・・り・・がとう・・・(小さな女の子の声です)


    。・゚・(ノд`)・゚・。
    。・゚・(ノд`)・゚・。
    。・゚・(ノд`)・゚・。


    抱いた瞬間、他人に思えなかったのも、顔がチビにも良く似ていたのも、全部あなただったからなんだね・・・。
    ありがとう、ありがとう、ありがとう。
    この腕に抱けたこと、顔を見せてくれたこと、父の側に居てくれたこと、全部全部、ありがとう。

    例え夢であってもいい。
    お母さんは、これからもあなたを忘れないからね。
    たーくさんのお土産もって、いつか必ずあなたに会いに行くから。

    .。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★

    まいなすいおん、まだまだ未熟にして修行の旅は続きます。


    コメント ( 68 ) | Trackback ( 2 )


    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」



     ← 亡くなった後も育っているものなんですねぇ


    無料blog




    [ 2008/07/28 12:48 ] 不思議系 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。