イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    奇跡の成長を、願う

    奇跡の成長を、願う
    [ 思うこと(イオン的人生論) ] / 2007年08月03日 15時50分40秒



    子育ては忍耐力が要ります。

    大人ならサッとできること、わかることが、子供には10回言っても通じなかったり。^^;
    昨日できたはずのことが、今日は全然できなかったり。

    辛抱強く教え続けてあげること・・・そんな忍耐力を、実は子供から「養って」もらっているんですよね。

    子供1を育てながら、分かった「つもり」になっていたイオンですが、子供2には本当に打ちのめされました。
    普通の子が10回言えば分かることが、子供2には100回言っても200回言っても、分からなかったのですから。^^;

    でもねぇ・・・。
    そんな子供2でも、1,000回言えば、分かったりするんです。

    「何度でも」の歌でもあるように

    ♪一万回ダメでへとへとになっても♪
      ♪一万一回目は 何か 変わるかもしれない♪


    ってね。

    だから私も、「100回言っても分からない」ことを嘆くより、「1,000回言えば分かる」ことを願って行動することを覚えたのです。


    他にも、子供2に教えてもらったことはたくさんあります。

    当たり前のことが、実は当たり前でないこと。
    しゃべれても、逆に自分や周りを傷つけるだけだったりすること。
    しゃべれなくても、自分や周りを幸せに出来ること。



    そんなことを考えていて、ふと気が付いたことがあります。

    私も似たようなものかもしれないって。

    大いなる存在から見たときに、

    ・どうしてこんなことも分からないのか
    ・何べん教えたら分かるのか

    そう思われている節が、たくさんあります。

    何十年もつまづいている課題。
    繰り返す、失敗。


    "┐( -""-)┌ヤレヤレ..." また同じこと教えなくちゃいけないのかい・・・


    そう思われているに違いない。^^;

    それでも私には、数十年かかってようやく「分かった」ことも、たくさんあります。o(*^ー ^*)oにこっ♪
    数十年単位の「修行」と言うのも、あるんですよねぇ。(しみじみ)


     私が乗り越えたとき・・・。

     大いなる存在も、喜んでくれたのだろうか・・・。


     初めて子供2が「ママ」と呼んでくれたときのように。



    そう考えたら、何だか急に嬉しくなりました。

    以前、コメント欄で「私たちが神様を癒すことは出来ないの?」と聞かれたことがありましたが、それが「神様」かどうかは別として、私たちが「癒せる」ことはあると思っています。

    出来の悪い子ほど可愛いと言いますが、手のかかる私でも、課題を乗り越えたときにはきっと一緒に喜んでくれるに違いない。*^^*

    以前「産まれてきた時点で、許されている」と言う記事を書きましたが、「今、生きている」と言う時点でも許されているんですよね、きっと。

    死んでいないということは、何度同じ失敗をしても、繰り返し教えようとしてくれている証拠ですもの。*^^*


     出来ることは少ない子供2ですが、私もきっと五十歩百歩。

     同じこの世で修行できる機会を与えてもらえたことに、感謝。


    ───私も、奇跡の成長ができるかしら。o(*^ー ^*)oにこっ♪


    コメント ( 61 ) | Trackback ( 0 )

    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」

     ← jumee☆WeightLifting2a頑張って鍛えなくっちゃ♪
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2008/09/09 12:46 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。