イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    場の浄化・・・1

    場の浄化・・・1
    [ 不思議系 ] / 2007年09月20日 13時02分52秒


    *ちょっとつぶやき*

    ヤクルトの古田監督が、涙の引退会見をしていましたねぇ~。

    Σ州 ̄ 台  ̄州!「おお!泣いてるよ!」
    (旦那 ̄ - ̄)  「男は、『命をかけていること』にだけは、泣くのよ」
    (旦那 ̄ - ̄)  「女には分からないだろうねぇ」

    州 ̄ 台  ̄州 ・・・・・。


    Boo!ヽ州o` ε ´o州ノ 男にだって、女の涙は分からないでしょーがー!(笑)


    ぷっぷっぷ♪
    そのうち書きます。
    イオン版「男と女の違い」についての記事。

    色々感じていること、少しずつ文字にしていきますよぉ~。
    わーい♪o(^0^o)♪o(^-^)o♪(o^0^)o ♪

    **********


    心配されるといけないので、最初に断っておきますねぇ。(。・_・。)ノ

    これから書く出来事は、既に「解決済み」です。*^^*
    ですから、途中少し重い内容に感じるかもしれませんが、安心して読み進めて下さい。
    【ココ重要】\_(´▽`*)ハイ!!

    個人がかなり特定されてしまう内容も含まれておりますので、詳細が書けない部分はご容赦ください。


    試練の集中プログラム。
    それは「リズム」のようなもので、誰でも経験する修行のスタイルでしょう。

    わたくし「まいなすいおん」は、何故か現世で「一時期集中コース」を選択しているらしく、かなりの確立で試練が「立て続く」ことが多いのですぅ。_| ̄|○ (嫌)

    今回のお話は、このプログラムの中でも「サブプログラム」とも言える位置にあったもので、決して「メイン」ではありません。
    「メイン」と「サブ」に付随して、大小さまざまな試練(人間関係・金銭トラブル等)に巻き込まれる時期だったんですけどねぇ。( ゜ ι ゜ ) 遠い目


    はい。
    詳細は書けませんが、この「サブプログラム」について、簡単に説明すると・・・。

    そう遠くない親戚の、金銭トラブルに巻き込まれたのです。^^;


    この親戚は団地に住んでいたのですが、そこでかなり付近住民に迷惑のかかる「事件」を起してしまったんですよ。
    しかも住民との話し合いをするにも、頼りになるはずのお父さんは脳梗塞の後遺症でロレツも回らず、お母さんは伝説母の姉妹だけあって感情に走るばかり、同居している息子は・・・廃人同然のアル中状態。"┐( -""-)┌ヤレヤレ..."
    付近の住民にどれほど謝罪に回ることは出来ても、弁償する経済力など、全く持ち合わせてはいませんでした。


    もちろん、私だって家庭がありますし、関わるつもりは毛頭なかったのですが・・・。

    _| ̄|○ 巻き込まれちゃったのよ・・そういうクジ運だけは、あるのよ・・・。(悲)


    付近住民から弁償問題の話し合いの申し入れがあった際、重い腰をあげて親族代表で私が出向きました。

    これは伝説母の頼みでもあったんです。
    母が離婚したばかりで、小さな私を抱えて働かなくてはいけないとき、このお家にはものすごくお世話になったって。
    今はすっかり弱くなってしまったおじさんやおばさんですが、幼い私をとても可愛がってくれたことは、私自身の記憶にも残っています。

    重い腰を上げたのは、人として「恩」を感じていたから。
    「恩」を忘れない───・・・これは、人間「まいなすいおん」のポリシーです。
    (いつか記事にもしたいと考えている『テーマ』でもあります)


    で・・・ね・・・でね。
    この初回の話し合いで、迷惑をかけた親戚家族よりも、なぜか付近住民の「怒り」の矛先が、
    σ( ̄。 ̄)私に向けられていったのです。

    Σ(=∇=ノノ なんで???(笑)



    住民1「この家の人が弁償できないなら、親戚の方で何とかして下さいよ」
    住民2「親戚いろいろあたって、協力してもらえば良いじゃないの」

    州 ̄ 台  ̄州「申し訳ありません。無理です」


    当初、本当は無理すれば支払えないことはない金額だったのですが、今後のことを考えると、いつ誰かが便乗して「オレも弁償してくれ」などと増額されるかもわかりません。
    ですから、誠心誠意謝罪して、弁償に関しては最初からキッパリと断ることに決めていました。


    住民3「無理って言ったって、こっちだって無理なんだよ!」
    住民4「結局、誰かが払わなきゃいけないんだろ」

    州 ̄ 台  ̄州「本当に申し訳ありません」

    住民1「申し訳ない、と思うなら、態度で示しなさいよ」
    住民2「あなたまだ若いから、昼でも夜でも働けるでしょうが」

    州 ̄ 台  ̄州「経済事情で、昼は既に働いています。子供が小さいので、夜は働けません」

    住民3「言い訳を聞くために集まったんじゃないよ」
    住民4「あんた、嘘言ってんじゃないの?信用できないよ」



    ・・・・・。

    と、まあこれは一部の抜粋ですが、こんなやり取りが話し合いのたびに交わされるのですわ。^^;
    想定していた通り、途中から便乗組?も加勢して弁償額は跳ね上がり、同時に話し合いもヒートアップ。(向こうだけね)


    途中、何度も感情がこみ上げて、喉まででかかった言葉はありましたが・・・。
    隣でうなだれているおじさん夫婦を見ては、ゴックンと飲み込むことを繰り返したのでした。


    言いたいことが言えない。
    これが一番、苦しかった。(;´д`)



    さあ、いよいよ修行のスタートです。
    イオンはどのようにして乗り越え、何が出来るようになったのでしょうか。


    ───連載は続きます。ちゃんと解決しておりますので、ご安心を。*^^*


    20070920デザート
    あれ・・・?
    昨日、今日の分のデザートも買ってなかったっけ・・・。(笑)


    コメント ( 47 ) | Trackback ( 0 )



    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」

     ← まだ一年前なのか~(既に遠い過去ふぅ
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2008/09/19 12:10 ] 不思議系 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。