イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    立ち上がる力・・・2

    立ち上がる力・・・2
    [ 思うこと(イオン的人生論) ] / 2008年01月08日 13時02分29秒


    貝殻コンパクト1

    *ちょっとつぶやき*

    写真は、チビが作ったファンシーな貝殻コンパクト。

    貝殻コンパクト2

    女の子らしく、中までしっかりビーズコーディネート。

    ( ̄-  ̄ チ)3 「こうして耳に当てると、海の音が聞こえるんだよ」
    州 ̄ 台  ̄州3 「へぇ~、どれどれ」


    ・・・・・。


    _| ̄|○ そろそろ耳掃除しなくっちゃ。(耳垢の音が聞こえたらしい)

    **********


    昨日の続きです。

    あの様子では、とても年を越すのは無理のように見えました。
    ハクちゃんの家は会社の側にあるため、お正月休みの一週間以上、ハクちゃんに会えないことになります。

    どうしてるだろうか・・・。

    掃除をしていても片づけをしていても、気になって仕方ありません。
    大晦日の朝。
    私は「買い物」を理由に思い切って子供を主人に任せ、ハクちゃんの元へ急ぎました。

    どの家もお正月の準備で忙しそうです。
    ハクちゃんの家の玄関にも、立派な正月飾りが華やかに仕立てられていました。

    州 ̄ 台  ̄州 「生きているだろうか・・・」

    ドキドキしながら車を降りると、いつのも犬小屋にハクちゃんが縮こまっているのが見えました。
    こちらをジッと見ています。

    州┯ 台 ┯州 「ハクちゃん!生きてたんだね!」

    ゆっくりと近づくと、ハクちゃんはよろけながら立ち上がろうとします。
    あれほどひどかった目ヤニも、今は目が開けられるまでに回復していました。

    州┯ 台 ┯州 「良かった~!」

    ハクちゃんはフラフラと立ち上がりました。
    力無げに振るシッポが、ハクちゃんの精一杯の喜びの表現であることが、痛いほど伝わってきます。
    頭をなでながら何度も「座ってて良いから」と言っても、ハクちゃんは「立つ!」と言って聞きません。

    この子のどこに、こんな力があるというのでしょう。

    力を振り絞ってまで、どうしてこの子は立ち上がるのか──。


    ハクちゃんの「生きよう」とするパワーに、少し圧倒されました。

    この前の毛布が、大事そうに小屋の床に敷かれていました。
    見ると、エサ皿は先日のまま。
    おそらく病院にも連れていってもらっていないに違いありません。

    胸が一気に苦しくなりました。

    この子がこの先生き続けたとしても、大切にされそうには無い。
    それなのにどうしてこの子は、そこまでして生きようとするのか。


    「・・・・・」

    「・・・かもしれないから」

    州 ̄ 台  ̄州 「え?」

    ふと頭に入ってくる声は、まぎれもなくハクちゃんの意思。

    「来る・・・かもしれないから」

    Σ州 ̄ 台  ̄;州 「私のこと?」



    ───何てことでしょう。

    数日おきに来る、私を待つために。
    この子は生きていたと言うのか。
    数十時間のうちの、たった数分のために、この子は立ち上がると言うのです。


    州┯ 台 ┯州 「ハクちゃん・・・」


    人目もはばからず、涙がポロポロと流れてきました。
    エサ皿に缶詰の中身を入れようとする手が、震えてうまく入れられません。


    私はどうだろう。
    こんなに恵まれた環境にいながら、少しのことでへこたれて。
    落ち込んで。
    「どうせ私なんて」と、直ぐに放り出したくなってしまうのに。

    どんなに目ヤニだらけでも、ハクちゃんの真っ直ぐな瞳がまぶしく見えました。
    全身の汚れも、まるで勲章のように見えました。

    本当に頑張って「生きて」いるんだ。


    ・・・・・立ち上がれ、私。

    今度は私の中から「意志」が沸きあがります。


    いつものようにガツガツとエサを食べ始めたハクちゃんを後に、私は涙をぬぐって急いで買い物に向かいます。

    車中、深く思ったことは・・・。

     私は頭も悪いし、時間もないから、じっくりを本を読んだりすることが出来ない。
     だから、体当たりの生活の中で「生きていくために、大切なこと」を、ある時はトンボが、鳥が、今回はハクちゃんが、肌で勉強させてくれるんだ。
    (_| ̄|○ 飲み込みが悪いけど)

     最初はハクちゃんのために通っていた道だったけど、本当は私のためだったんだね。


    今回のこと、私がハクちゃんの家のインターホンを鳴らしたのを、決して自賛するつもりは無いです。^^;
    その家にも色々な事情があることでしょうし、単なる迷惑に終わる可能性だってありますし。
    「勇気を出して」なんてかっこよく書いたけど、私も実は、突き上げられる感情のままに動いただけのことですから。(;´д`)ノ


    ただ、学んだのは。

    私も、私なりに、一生懸命生きていきたい。

    それだけです。


    その後、正月2日にも様子を見に行きましたが、ハクちゃんはどんどん回復して、エサをたいらげるまでに元気になりました。
    そして何より嬉しいことに・・・。

    エサ皿に、新しいエサが入っていました。ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
    もしかして、飼い主のお義父さんが退院してきたのかな♪


    うん。
    例え弱くても汚れても、頑張って生きていこう。

    <州 ̄ε  ̄*州>♪ピューピュー♪ だから耳垢がたまるくらい、大丈夫。←さっそく現実逃避してるしっ!(笑)


    コメント ( 56 ) | Trackback ( 0 )

    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」

     ← 立ち上がれ、私。うるうる
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2008/10/09 12:22 ] 動物・植物・妖精など | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。