イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    薄着パワー

    薄着パワー
    [ 元気玉・スペシウム光線関係 ] / 2008年02月14日 12時49分12秒


    *ちょっとつぶやき*

    私、常に薄着の人です。
    真冬でもブラウス1枚にコートを羽織るだけとか。ヾ(´▽`;)ゝ

    セーターも着るときは着るけど、重ね着はしたことナシ。
    寒さより、動きにくくなるのが嫌なんですよねぇ。

    **********


    チビは1年生だと言うのに、忘れ物の女王です。
    手袋をすれば帽子を忘れ、ジャンバーを着ればランドセルを忘れ・・・。(;´д`)ノオイオイ...

    今朝は、昨夜からルンルン♪と支度していた、図工の材料一式を玄関に置き忘れ。_| ̄|○

    州 ̄ 台  ̄州 んも~、仕方ないなぁ・・・。

    あんなに楽しみにしていた図工の時間。
    滅多に届けにまでは行かないのですが、しょげているチビを想像すると胸が苦しくて、ついつい親心で出勤途中で届けに行きました。


    (゚o゚ )ガヤガヤ( ゚o゚)ペチャクチャ(゚o゚ )ガヤガヤ

    授業中でも、1年生の階はどのクラスも本当に騒がしいものです。

    いや、騒がしいだけじゃない。
    これは多分、普通は見えない(感じない)のかもしれませんが・・・。

    フロア全体に、キラッキラの光線が飛び交ってます。

    州/ 台 \州マブシー!

    変な話ですが、クラスごとに輝きが違います。
    一番奥の、チビのいるクラスが一番まぶしい。

    どうしてかな。

    しっかり目を意識して開けていないと圧倒されそうなほど、光線だらけのチビのクラスを覗くと、何となく理由が分かった気がしました。

    チビのクラスだけ、全員半そで短パンの体育着姿だったのです。


    州 ̄ 台  ̄;州 ひょぇ~、寒くないのかな。


    コートを着くるんだ私には到底信じられない子供たちの薄着。
    それなのに全員、笑顔がはじけてちっとも寒さを感じていない様子です。

    「あ!チビちゃんのお母さんだ~!」

    あっという間にチビの友達たちに囲まれました。

    「私が渡してあげる!」
    「だめ!私が渡すの!」
    「先生~!」
    「これから会社行くのぉ~?」

    色んなお友達にいっぺんに話しかけられて、私は先生に会釈をするのが精一杯。^^;

    友達に呼ばれ、気恥ずかしさで、下がった目じりを一段と下げたチビが私の元へやってきます。


    エヘヘ、アリガト..(*´3`)ゝ【忘れ物】_州 ̄ 台  ̄州 ハィ


    家とは表情の違う、学校モードのチビがちょっとだけまぶしく感じました。

     あー本当に、あなたも1年生を頑張っているんだねぇ。

    なぜだか胸がジィ~ンとして、私の目じりもいつもより下がった気がしました。
    (でも忘れ物はしないでネ。笑)


    子供は風の子。
    理由はうまく説明できないけれど、薄着は子供の輝きを増すのでしょうね。

    「まったくモー」と、ブツブツ言いながら届けに行ったはずなのに、逆にたっくさんの「1年生パワー」をいただきました。


    爽やかに出勤できたことに、

    ありが㌧。.:*゚..:。:.(´人`謝).:*゚:.。:.


    過去記事参照
    「遠足」
    「まぶしくて、見えない」


    コメント ( 32 ) | Trackback ( 0 )

    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」

     ← 薄着して風邪引いたりも、するんだけどね(▼-▼*)エヘ
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2008/10/20 12:14 ] 不思議系 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。