イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ママ、もうすぐよ

    ママ、もうすぐよ
    [ 思うこと(イオン的人生論) ] / 2008年02月20日 12時44分46秒

    ママもうすぐよ

    今日の画像は、イオン家にある旧式(かなりレトロ)のテレビゲームの初期画面です。
    4つあるファイルのうち、一つにこんな名前が命名(?)されていたことに、おととい初めて気が付きました。
    子供2のしわざです。^^;


    先週末、パパとお留守番をしていたときのこと。
    珍しく子供2が不安そうに私を探していたそうなのです。


    何度も書いてきたとおり、子供2には限られた言語しかありません。
    言語だけではなく、自分の気持ちを表現したり、相手の気持ちを察することも大変苦手です。


    その日は、私が家に到着する15分前に、ちょっとした発作を起しました。
    いや、「ちょっとした」と言っても、一歩間違えれば生命の危険にさらされるものです。(;^_^A アセアセ


    不安な気持ちを、きちんとパパに言語で伝えられたこと。
    それだけでもとてもえらいこと。

    自分で自分を落ち着かせようと、せっせとテレビゲームをしていたことは聞いていました。
    おそらくその時に、子供2が入力していたのでしょう。


    こんなファイル名を見つけて、嬉しくて・・・

     ママは涙が出てきたよ。
     不器用な君が、こうしてテレビに向かってまで私を呼んでくれていたんだね。


    子供2はその日、真夜中に危機を脱して、私の手の中に戻ってきてくれました。


    ママはすっかり油断をしていたのです。
    布団の中のぬくもりも、スヤスヤとした寝息も、全部全部「当たり前」ではなかったこと、すっかり忘れていました。


     当たり前の日常生活こそ、奇跡なんだ。



    「ままもうすぐよ」(ママはもうすぐ帰ってくるんだよね?)


    あれは8年前。
    障害児療育専門の有名な医療機関で、その筋の有名な先生から
    「この子は一生、発語は難しいでしょう。ひょっとしたら、言語理解も厳しいかも」
    そうハッキリと告げられて、奈落の底に落とされたような気持ちになったあの日。
    (先生がひどいのではなく、それだけ子供2の脳ダメージが深刻だった)

    将来の見通しが全く見えないまま、世話に追われる日々。


    ずっとずっと、信じていたよ。
    君とこんな風に、支えあうことの出来る日が来ることを。


    子供2の発達に、感謝。
    子供2の存在に、感謝。
    支えてくれる全ての存在に、感謝。


    たった今、希望を持てずにいる人がもしいたら、子供2の言葉をそのまま伝えたい。


    「もうすぐよ」



    過去記事参照「奇跡の成長を、願う」


    コメント ( 29 ) | Trackback ( 0 )


    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」

     ← 「もうすぐよ」は実は私の口癖なのです笑
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2008/10/22 12:25 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。