イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    我慢

    我慢
    [ 不思議系 ] / 2008年03月10日 13時10分09秒


    *ちょっとつぶやき*
    200gヨーグルト2種4個。
    ゼリー1個。
    プリン2種3個。

    ♪~州 ̄ 台  ̄州ゞ 会社の冷蔵庫の中身ですが、何か?

    **********


    どうにも出来ないことなのだけど・・・。
    心に留めておくことも何だか苦しいので、書かせてくださいねぇ。(。・_・。)ノ


    先日、以前住んでいた街で、よく買い物をしたスーパーに立ち寄ったときのことです。
    ゲームコーナーで夢中になっているチビを横目に、私は少し疲れたのでベンチで休んでいました。

    そこは小さな積み木にもなるベンチで、まだ学校に行く前の年齢の子供たちでにぎわっています。
    その中に、どうしても気になる女の子がいたのです。

    どう見てもまだ2歳台。

    一人で遊んでいるには、少し小さすぎないか?
    大人は?
    ここに子供を一人置いて買い物??(・_・?)

    気になってしまって、ついつい無意識に目がいってしまいます。


    だって・・・。

    その子を見ると、どうしても「氷」を感じるのです。
    上手くは言えないのですが、その子の中央(胸の部分)の青い中核を、氷で閉じ込めて全体を封印しているみたいな・・・。

    自分の感情や欲望なんかを「我慢」して、氷でバリアしているんじゃないかしら。州 ̄ 台  ̄;州


    その子の家庭環境などは、詳しくは分かりません。
    また分かったところで、私に出来ることは少ないでしょう。

    出来ることと言えば、もくもくと積み木のベンチを積み上げるその子の後ろ姿に、「いつかきっと安心して氷を溶かせる日が来るからね」と胸の中で声をかけるだけ。


    なぜ直ぐに溶かしてあげないかって?

    確かに、元気玉やスペシウム光線の類で、彼女の氷を強制的に溶かすことは出来るかもしれない。
    でも今、無用心に溶かしてしまったら、無防備になった彼女の心を誰が(何が)守ってくれるだろう。


    州┯ 台 ┯州 何もしてあげられなくて、ごめんよぅ。
     
    どうか子供たちが心にバリアを張らずに済む世の中でありますように。



    コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )



    過去記事へのコメントは、「過去記事コメント一括受付コーナー」

     ← 子供の“痛み”は辛いです涙
    (クリックでFc2ブログランキングに投票されます)


    無料blog




    [ 2008/10/28 12:12 ] 不思議系 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。