イオンの不思議生活 new

      普通の主婦の、怖くない不思議体験と地震予測日記(関東発信)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    捨てる神あれば・・(今年も一年ありがとう)

    1.捨(す)てる神あれば拾う神あり

    自分に愛想をつかして相手にしてくれない人もいる反面、親切に助けてくれる人もいるものだ。
    困ったことがあっても、くよくよするなということ。
    捨てる神あれば助ける神あり。

    大辞泉より

    - - - - -

    捨てる神って・・・。
    ヽ(`Д´)ノ 神さまのくせに、どうして捨てるのさ。

    誰が捨てた
    誰に捨てられたの・・・。

    女捨てても
    両方捨てちゃダメ・・・。

    僕を捨てないで
    時代ですかね・・・。

    バナナの皮を
    なぜそこに・・・。

    どっちに捨てる?
    禅問答ですか?

    州。ノ ε `。州ンププ

    嫌なことがあると、神も仏もないもんだと思ってしまいます。
    「捨てられた」と言う被害者意識が、素直な気持ちを曇らせてしまう。

    でも後で考えるとそれは、拾う神さまに出会うための、欠かせぬステップだったりするのです。


    (携帯からの方は視聴できずすみません。youtube「捨てる神、拾う神」)
    人生、悪いことばかりじゃないよね。


    今年も子どものこと、会社のこと、まだ書いていない家族の病気や経済的なこと等、本当に色々なことがありました。

    嫌なこと、困ったこともたくさんあったけど。
    おかげさまで、元気に笑顔で年の瀬を迎えようとしています。

    そうそう、盗まれたお給料。
    なんと社長が「半分だけで申し訳ないけど・・」と、盗まれた金額の半分を次月のお給料に足してくださいました。

    私の不用心が一番の原因にも関わらず、ロッカーや机の配置まで色々と考えてくださり
    ・゜゜・州┯ 台 ┯州・゜゜・.大切にしてもらってるんだなぁ
    と、ジーンときました。

    まさに捨てる神あれば拾う神。
    本当にありがたいことです。


    大震災と言う大変な出来事がきっかけで、このブログもアクセス数が10倍近くになりました。
    それまでには無かったさまざまな出来事に、自分の至らなさを思い知らされ、たくさん悩みました。
    ブログ運営についても、色々と考えました。

    それでもこうして続けていられるのも、コメントやツイッターのリプライ等で励ましてくださる皆さまのおかげです。

    本当に本当にありがとう。
    お返事がほとんど出来なくてごめんなさい。

    私は明日まで出勤ですが、一年のけじめのごあいさつはどうしても手を抜きたくなかったので今日のうちに更新しちゃいます。

    今年も一年、ご訪問をありがとうございました。
    来年も「日常生活第一主義!」を守りながら、自分のペースで頑張りますので、そっと背中を押してやってください。

    押さないでー
    いや、できればそっとでお願い・・・。(笑)

    年内はこれで通常更新は終了です。

    見逃せないほどの大きな地震体感があった場合のみ、簡単に携帯から更新します。

    来年がもっともっと良い年でありますように。

    皆さまも、良いお年をお迎えください。アンパンマン ぺこ2 デコ



    無料blog




    [ 2011/12/29 13:12 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)

    自由画

    子ども2が時おり、芸術的(?)な習字作品を持ち帰ることがあります。
    (例:ちゃらんぽらんでへっちゃら

    お手本を見て書くのが基本でしょうが、先日は水彩画??と思うような自由奔放な作風のものがありました。

    半紙いっぱいに、
    ニコニコ笑顔のお日様。(だと思う)
    名前。(これがメイン)
    好きな場所の名称。

    あまりにも個人情報満載でお見せできないのが残念ですが、
    それはそれはのびのびとしていて、見ていて自然と笑顔になるような作品で。

    きっと子ども2の心の中は、こんななんだろうなぁ~。

    子ども2は知的にも最重度の障害認定を受けておりますが、何と言いますか、不自由さに反比例するような魂の美しさを感じます。
    (親ばかです、はいパンダ汗2

    私だったら、「自由に書いていいよ」と言われて半紙に何を書くだろう。

    夢、欲しい物、今の気持ち。

    間違っても泣き顔や愚痴、恨みごとを書きたくないよね~。^^;
    嫌いな誰かをうらやんだり、憎んだりする貧しい心は、好きな誰かを笑顔にするパワーに置き換えたい。

    今、あなたの心の半紙には何が書かれていますか?
    また、まっさらな半紙にこれから何を書きますか?

    私も、大切な人たちが幸せな気持ちになるような作品が作りたい。
    そういう意味で、子ども2は私の人生の師匠でもあるのです。




    無料blog




    [ 2011/12/08 12:25 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)

    備えあれば・・意外な喜びあり

    先々月に本社の仕事を引き受けてから、改めて実力以上の仕事を引きうけてしまったことを実感しております。(;´д`)ノ

    そんな激動のさなか、更なる試練が私を待ちうけておりました。

    会社はいまどき珍しい現金支給のお給料なのですが、何と先月中、たまたま袋ごとカバンに入れて出勤してしまった日に、中身を全て盗まれてしまったのです。

    アンパンマン ガーン デコ ガーン。

    忙しい上、その時はちょうど「ひょうそ」の激痛に苦しんでいる真っただ中。
    ショックは計り知れないものがありました。

    ロッカーに誰か入ったのでしょう。
    ロッカーと言っても私の席の直ぐ側にあるので、犯人のだいたいの目星もつくところも悲しいところ。
    現行犯でもないので、言うに言えません。
    (役員の数人には報告しましたが)

    大金が入ったままロッカーにいれておいた私に大きな責任があります。

    いやぁー。
    指の痛みと心の痛みで、いくら能天気な私でも相当落ち込みました。アンパンマン 落 悩 うーん ガーン デコ

    しょげかえって、主人にありのままを話しました。

    救われたのは、主人が「仕方ないね。命をねらわれなくて良かった」の一言だけで、一切私を責める言質がなかったこと。

    私が逆の立場だったら、チクッと一言くらい嫌味や小言を言っていたかもしれない・・・。
    そう思うと、主人の優しさに感謝すると同時に、日ごろの自分勝手な心をものすごく反省しました。

    お先真っ暗・・・なようでいて、ひらめきました。

    「備蓄で過ごしちゃおう!」

    幸いなことに、防災のためと買い置いた食料は豊富。
    お米なんて40㌔あったもの。(笑)

    それに乾物や缶詰などを組み合わせて、毎食工夫しながらお料理。
    節約しているようでいて、日ごろいかに無駄遣いしているかも再認識できました。

    ・・・そのうち極貧生活が楽しくなってきました。^^;
    (開発したメニューも、そのうち時間ができたらアップします)

    何とかなるものです!
    備えていて良かった。

    何とか乗り切ってみて・・・
    気付いたこと、見えたことがたくさんありました。

    助け合うことで生まれる信頼関係。
    工夫することで悲しくも楽しくもなる日常生活。

    美味しく食べるコツは、何より家族の絆だね♪
    おかげで今まで以上に家族が大好きになりました。
    乗り越えた時に必ずごほうびがあると分ると、試練も楽しくなるかも。(なかなかそうは思えないけど^^;)
     過去記事参照「生まれてきた時点で、許されている
           「嬉しいんだ

    と言うわけで、備蓄を大急ぎで取り戻している最中です。

    お水は注文した翌日に届いたし、無洗米も缶詰をじょじょに買い足し中。
    これから寒くなりますので、ホッカイロなんかも十分にね。

    それらは地震だけでなく、まさに「何かあった時」のため。
    年末の慌ただしい季節になりますが、皆さまもできる範囲での防災点検を。

    (アフィリエイト) ペットの防災も忘れずにね♪→ワンニャン防災セット



    無料blog




    [ 2011/12/02 13:03 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)

    旅の途中

    今朝も一番から、おじーチャマが汚したトイレのお掃除を頑張りました~。

    同居してよりもうすぐ3年。
    色々なことがありました。
    決してきれいごとでは済まされない修行の数々。

    何より最初は、お金の苦労。
    「お父さんからはもらえないよ」と言う主人の好意に甘えて、おじーチャマは年金の全てを酒と競馬に使いこんでいました。
    出張続きの主人にいくら訴えても
    「意地悪言うな」
    「そんなに嫌っちゃ可哀相じゃないか」
    と、私ばかりが悪者になりました。

    酔っぱらえば必ずと言ってよいほどトイレに粗相。
    汚れた下着とハンカチを一緒に洗濯してしまったことに気付いた時は、倒れそうになりました。

    狭い空間に一緒にいるストレスはお互い様なのでしょう。
    おじーチャマは、酔うと子ども2に意地悪をするようになりました。

    私に見えないように、物を言えない子ども2をつねったり罵倒したり。
    我慢に我慢を重ね過ぎたのがいけなかったのか、私まで一度爆発したことがあります。

    おじーチャマを罵倒したんです。^^;
    鬼嫁そのものの気迫で。

    おじーチャマは、酔っていた勢いで二度目の家出をしました。
    心配でしたけど、私にとっては溜めこんでいた“黒い心”を放出できたことがすごく良かったようです。

    数日後、おじーチャマは小さくなって帰ってきました。
    それからはずいぶん、おとなしくなりました。

    三年目に入ると、主人が突然(私には本当に何の前触れもなく思えた)変化しました。

    完全に私の側に立ってくれるようになったのです。
    これは私にとっては劇的で、本当に有難い出来事でした。
    きっと一つの修行をクリアできたのかな。

    主人とおじーチャマは本当の親子ですから、主人がおじーチャマを叱るときはまったく容赦がありません。
    それを私が「まぁまぁ」と間に入る、何とも奇妙な関係になりました。

    年金も主人が管理することとなりました。
    お金がないので、おじーチャマもそれまでのように呑んだくれることはできません。

    自然と、粗相も子ども2とのトラブルも減りました。

    私も変な我慢は止めて、おじーチャマにできる家事を手伝ってもらうようになりました。
    へたでも何でも毎日やってもらうと、だんだん上手になってくれるものです。


    それでもね。
    「年をとる」と言うのは「できることが減っていく」と言うこと。

    太っているし、目もよく見えないから、どうしてもトイレは上手にいかないんですよね。
    食べこぼすし、お風呂も面倒になっちゃうし。

    きれいごとでは、いかないんですよ。

    だから、私も「ギャー」と思いながら掃除します。
    「ヒィィィ」と泣きながら洗濯します。
    「ハァー」とため息しながら、食事を出してあげます。
    全然、人格者ではありません。ヾ(´▽`;)ゝ 

    だけど。
    おじーチャマの痛む腰に、湿布は貼ってあげられる。
    役所からきたハガキが読めなければ、読んで説明してあげる。
    誰かに意地悪されたら、守ってあげる。

    確実に家族にはなっているのかな。

    まだまだ続く修行。
    旅の途中の茶屋でお団子をほおばるように、ここで等身大の気持ちを打ち明けていくつもりです。
    少しでも成長できることを願って。

    さ、お団子も葛餅も大福も美味しかったことだし(ずいぶん食べたらしい。笑)、また笑顔で歩きだしましょうかね♪

    参考過去記事「心の麻酔薬



    無料blog




    [ 2011/11/16 13:12 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)

    応援

    働きながらの子育ては大変じゃないかって?
    な~に、安心して。
    あなたが想像しているよりずっとずっと大変だから。
    楽なわけが無いでしょ。
    そう最初にはらをくくっちゃえば、何とかなるよ。^^



    昨日、県外から友人が子どもを連れて遊びに来ました。
    養護学校つながりで、彼女はご主人と離縁して実家近くのアパートに引っ越したばかり。

    「この子(障害児)を育てながら働くなんて想像もしてなかったけど、そうもいかなくなっちゃった。」
    「そこでずっと働いているイオンに聞きたいんだけど・・・」

    不安でいっぱいいっぱいなはずの友人は、おそらく
    「こういう風にすれば楽だよ」とか
    「思っているより大変じゃないよ」
    そんな言葉が聞きたいのは分かっていました。

    でも私は、上記の通りに笑顔で言いました。

    なまじ甘い気持ちで取り組めばどういう目にあうか。
    何度も経験してきた私は、大切な友人を安っぽく慰めることなんてできませんでした。

    最初にきちんと覚悟しなきゃ、後がきついもん。

    友人は心底びっくりしたと言う顔をして、すぐにカラカラと笑いだしました。

    「イオンらし~~~、あはははは!」

    私も半分泣きながら、一緒に笑いました。

    彼女がこれからどんなことで苦労して、どんな風に乗り越えていくか。
    それが痛いほど感じられて、思わず肩を抱きました。

    何もしてあげられないけれど、ずっと応援しているよ。


    たくさんのコメントをありが㌧ございます。

    大切な仲間たち。
    疲れ過ぎないよう上手に甘えながら、最後まで一緒に頑張れますように。

     参照過去記事
     「困難に立ち向かう心構え
     「涙の遠足(Perfect motherになんか、なれない)



    無料blog




    [ 2011/11/04 13:09 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)

    正論

    10/28 13:09 ツイート
    どんな正論も、思いやりや優しさが無いと、やけに冷たく追いつめることがあるから要注意です。
    正しければ正しいほど、暖かさがあったほうがいい。
    機械も人も「遊び」の部分は必要ですね。


    - - - - -

    いやぁ、先日、夫婦喧嘩しましたの。
    :゙;`;:゙;`;:゙;:゙;`;:゙;`;:゙;`ヽ州 ̄ε  ̄ゞ州ブッ!!

    子どもの育て方、みたいなことを主人から諭されて、

    ヽ(`Д´)ノ 私は精いっぱいやってるもん!

    と言い返しましたら、理詰めでセイロン(紅茶か!?笑)を振りかざされ、

    ヽ(`Д´)ノ そりゃそうかもしれないけど、でも、でも・・・

    と、ちょっと悲しい気持ちになったのです。

    でも考えてみれば、それだけ私を責めたくなるのも、主人が子どもを大事に考えてくれればこそ。
    有難いことなんですわねぇ。

    そこで考えた。

    私も子どもを叱るとき、こんなだったかもなー・・・

    「間違ったことは言ってない!」と、ついつい理屈を振りかざし、受け止める子どもの気持ちをないがしろにしてしまっていることがあります。

    心、痛かったろうな。

    まいなすいおん、ちょっと反省しました。
    今夜から、暖かい心で叱ることにしましょう。

    なるべく・・・ね。(「遊び」の部分は必要だ~~!笑)




    無料blog




    [ 2011/10/28 13:25 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)

    動物虐待~~~この世の不条理に

    動物虐待についてのお問い合わせを多々いただいております。
    私なりの考えを思いつくままに書いてみます。

    虐待された子たちは、何のために生まれてきたの?

     意味(目的)があって産まれてきたのだと思います。
     それぞれ、過去からの宿題が違います。
     (虐待を肯定するものではありません)

    虐待されて死んでしまった子たちはどう思っているの?

     これは・・・
     個体それぞれでまったく違います。

     怒りでいっぱいの子
     悲しみでいっぱいの子

    私たち人間にはなかなか理解できませんが、

     きれいさっぱり忘れちゃう

    なんて子も意外と多いです。

    もちろん、亡くなるまでは苦しいし悲しいのでしょうけど、
    この世の生をまっとうした瞬間に、一切の苦痛を清算しちゃっていると言いますか・・・

    何の摩擦もなく、ス~~ッとあちらに逝けることも多いんですよね。
    動物の純粋さ、素直さの表れなのでしょうか。

    とは言え、現場に立ち会ってしまった人にしてみたら、辛い思いが心に残ってしまいます。
    それは、自らの宿題(修行)だと思いましょう。


    実際、知らないだけで、この世は不条理だらけです。

    動物だけではありません。
    最近もどこかの国の2歳の女の子がひき逃げされて、たくさんの人が無視して通り過ぎてしまった事件が報道されました。

    いや、まだ報道されるだけましかもしれません。
    ニュースにすら出ないような虐待や事故・事件は、実は多いものなのです。

    不条理を知り、何を感じ、どう行動していくか。
    それは虐待されて亡くなった動物たちとは関係なしに、こちら側の修行(課題)。

    そこでこちら側徳を積めれば、それは亡くなった子にも徳をリベートできます。
    逆に、こちら側がいつまでも悲しみや憎しみでいっぱいになって居たら、不徳をリベートしてしまうことに・・。

    ||||||州; ̄ 台  ̄;州||||||| それは嫌ですね。

    ちまたにあふれている不条理。
    できることなら、増やす側ではなく、一つでも減らせる側になりたいものです。




    無料blog




    [ 2011/10/21 12:41 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)

    誓うよ(地震体感メモ付記)

    最初の2日間、君はまったく目を覚まさなかった。

    ママはたくさん泣いたね。

    君が使っていたスプーンを見ても
    玄関に無造作に置かれた靴を見ても
    普通の朝が来ることにすらも。

    押し込めている涙は、いったん堰を切ると止まらなくて困ったよ。

    君のお母さんである以上、“今、目の前にある日常”に悔いを残さぬよう、大事にしてきたつもりだった。

    精いっぱい頑張ってきたつもりだった。

    でも、悟ったよ。

    例えば“その日”があらかじめ分かっていても、
    どんなに頑張っても、

    悔いが残らないなんてあり得ない。
    涙が出ないわけがない。

    それがお母さんと言う生き物だ。
    だからこそ「大切な存在」と言えるんだ。



    パパもママもおじいちゃんおばあちゃんもお医者さんも
    誰もが無口になった3日目の朝。

    君はこちら側に帰ってきた。

    ママはずっと待っていたけど、最初の笑顔で分かったよ。
    待っていたのは、君のほうだったんだね。

    あれは「やっと来てくれたの!」と言う顔。
    「遅かったねぇ」と言う顔。

    君があんまり遠くに行ってしまうからだよ~。


    今回のこと。
    ただ単純に「助かって良かった」なんて、上っ面だけを喜ぶ気持ちにはとてもなれなくて。

    いつか必ず来る“その時”を、目を背けず、ちゃんと意識して生きていこう。
    そんな鉄槌が魂に打ち込まれたような気がしてならないんだ。

    泣き虫で弱っちいママだけど、これだけは守る。
    誓うよ。



    思いのまま綴らせてもらいました。
    読んでくださってありが㌧ございます。


    〔地震体感メモ〕

    ※7日 22:29 浦河沖 M5.1 震度5強

    震源が北海道で通常体感レベル5って・・・メチャクチャな感知ですよね。

    相当疲弊していたので体感アンテナはまだ過敏or鈍感をいったりきたりしていると思われますが、一応メモだけ残していきます。

    昨夜(8日)大きめ体感がありました。
    重たく沈み込む感知は海洋震源に多いです。

    今までのパターンですと9日(1日目)か11日(3日目)あたりに国内で震度5程度の揺れがあるかも。

    まあ当分、生温かい目で見てやってください。


    ※ミラーサイトは当分更新できません。



    無料blog




    [ 2011/09/09 12:59 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)

    どちらが良いかだなんて

    子ども2の支援施設で契約更新があり、書類を整理しました。
    障害手帳に「最重度」の判が押されてから、気づけば10年以上の月日が経っていました。

    いろんなことがありました。
    たくさん泣いて、それ以上にたくさん笑って過ごしてきました。


    昨夜、2の寝顔を見ながら思ったこと。

    生きにくいであろうこの世を、ただただ一生懸命に生きている君のお母さんになって、

    自由とか時間とか
    確かに失ったものはたくさんあるけれど、

    不平とか不満とか
    手放せたものもたくさんあるような気がします。


     どちらが良いかだなんて
     どうでもいいことだったね

     ただ、ただ、大好きだよ


    心豊かな一日を今日もありがとう。
    明日も君が幸せでありますように。




    無料blog




    [ 2011/08/08 13:00 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)

    大いなる願いをこめて

    6月4日、珍しい場所で地震がありました。
    *01:57 島根県東部 M5.1 震度4

    震源は、島根原発にほど近い場所。
    しかもその約一時間前には、福島県沖でM5.6の地震があり、浜通りやいわき市で震度5弱を観測したばかり。

    「これ以上揺らさないで!」
    「地震がまるで原発を狙い撃ちしているみたい」

    福島原発の事故の深刻さが知れ渡ってより、余震のたびに聞こえてきた言葉です。

    違う。
    そうじゃない。

    地震は別に原発を狙っているのではありません。

    世界一地震の多い国に原発を建てたのは、私たち人間です。


    地震。
    津波。
    原発事故。


    放射能汚染、エネルギー問題、経済や外交に与える影響等々・・・。
    本当に辛い出来事が続くこの国で、私たちは何を学び、どうしていくべきなのか。

    私は専門家ではありませんが、今回の事故を通して私なりに感じていることを伝えたい。

    お待たせしたわりに、大した内容ではありません。^^;
    それでも私なりに一生懸命書き溜めておいた記事を、一挙公開させていただきます。

    1.地球株式会社
    2.原発にむらがる心
    3.日本は大丈夫

    なお、これはあくまで私個人の意見です。
    政治的な運動や、思想の押し付けはしていないつもりですので、お気楽に読み進めてくださいね。

    最後になってしまいましたが、原発事故の影響を多大に受けている地域の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

    日本の復興に大いなる願いをこめて。




    無料blog




    [ 2011/06/06 13:20 ] イオン的人生論 | TB(-) | CM(-)
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    プロフィール

    まいなすいおん

    Author:まいなすいおん
    詳細プロフィールは こちら

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。